一人暮らしの部屋に置く観葉植物!枯らさないコツは?

こんにちは。IN NATURAL STYLE編集部です。
観葉植物を育てたいけれど一人暮らしだからと、あきらめている人は多いのではないでしょうか。
しかし、育てる観葉植物をうまく選べば、家を留守にすることが多い一人暮らしの人でも観葉植物を楽しむことができるのです。
今回は、一人暮らしの人が部屋に観葉植物を置く場合、どんな植物をどのように育てれば良いのか解説します。

一人暮らしの部屋に観葉植物を置くメリット

インテリアのひとつとして人気の高い観葉植物は、普通の家具とは違って自分でこまめに世話をしていく必要があります。
そのため、面倒を見る時間に限りのある一人暮らしの場合、枯らしてしまうのではないかと考えて観葉植物を置くのをあきらめるという人も少なくありません。
しかし、観葉植物の最大のメリットは、誰でも簡単に育てることができるという点にあります。
観葉植物は、そのほとんどが熱帯地方にルーツを持っています。
乾燥を好む性質を持っているため、しばらく水を与えなくてもすぐに枯れてしまうようなことは少ないのです。
家を空けることが多い一人暮らしでも、観葉植物なら種類を適切に選べば、十分に育てることができるはずです。
また、観葉植物を部屋に置くと、疲れた心身をリラックスさせてくれる効果もあります。
色彩心理学では、植物のグリーンは心を落ち着ける効果があるといわれています。
一人暮らしで忙しい毎日を送っている人こそ、部屋に置いた観葉植物が心のオアシスになってくれるはずです。
もちろん、インテリアとしても、観葉植物を置いておけば、殺風景になりがちな一人暮らしの部屋もオシャレに彩ってくれるでしょう。

観葉植物

 

育てるときのポイントは4つ

インテリアのひとつとして人気の高い観葉植物は、普通の家具とは違って自分でこまめに世話をしていく必要があります。
そのため、面倒を見る時間に限りのある一人暮らしの場合、枯らしてしまうのではないかと考えて観葉植物を置くのをあきらめるという人も少なくありません。
しかし、観葉植物の最大のメリットは、誰でも簡単に育てることができるという点にあります。
観葉植物は、そのほとんどが熱帯地方にルーツを持っています。
乾燥を好む性質を持っているため、しばらく水を与えなくてもすぐに枯れてしまうようなことは少ないのです。
家を空けることが多い一人暮らしでも、観葉植物なら種類を適切に選べば、十分に育てることができるはずです。
また、観葉植物を部屋に置くと、疲れた心身をリラックスさせてくれる効果もあります。
色彩心理学では、植物のグリーンは心を落ち着ける効果があるといわれています。
一人暮らしで忙しい毎日を送っている人こそ、部屋に置いた観葉植物が心のオアシスになってくれるはずです。
もちろん、インテリアとしても、観葉植物を置いておけば、殺風景になりがちな一人暮らしの部屋もオシャレに彩ってくれるでしょう。

育てるときのポイントは4つ

誰でも簡単に育てられる観葉植物ですが、手入れをおろそかにすると枯れてしまうこともあります。
一人暮らしで観葉植物を育てるときは、水やり、日当たり、風通し、温度管理の4つのポイントに気をつけるようにしましょう。
この4点をきちんと守っていれば、そう簡単に枯れるようなことはありません。
まず、水やりについては、水をあげ過ぎると良くありません。
観葉植物は基本的に乾燥を好む生態を持っています。
水の量が多すぎると、根や葉の腐食が進んでしまう恐れがあるため、あげ過ぎに注意することが大切です。
土が乾いていることを確認してから、水やりをするように心がけましょう。
なるべく同じ時間に水やりをすることで、植物にストレスを与えることなく育てることができます。
水が受け皿に溜まってしまうことがあるので、根腐れを防ぐためにも受け皿の水をこまめに捨てるようにしましょう。
特に夏場は、水やりのあとに温度が上がると蒸れてしまうので、早朝でなければなるべく夜に水やりするのがコツです。
日当たりに関しては、直射日光を避けることを心がけましょう。
ただ、日光を好む植物なら、適度に日の光に当てることも必要です。
その際も、日が直接当たらないように、レースのカーテン越しに日光を当てるなど工夫しましょう。
あとは風通しに気をつければ大丈夫です。
昼間部屋を締め切ってしまうなら、扇風機で風の流れを作ってあげると良く育ちます。
また、熱帯地方に生息している観葉植物は、寒さが苦手です。
室温は15度以上をなるべく保ち、5度以下になるようなら暖かいところに移動してあげましょう。

ワンルーム

 

一人暮らし向きの観葉植物は?

一人暮らしで観葉植物を育てたいなら、観葉植物の種類にも注目しておきたいところです。
一人暮らしの場合、なるべく手入れに手間のかからない種類がおすすめです。
たとえば、「ワイヤープランツ」という観葉植物は一人暮らしの人に高い人気があります。
ワイヤープランツは寒さに強いという性質を持っており、寄せ植えやハンギングにも向いている観葉植物です。
小さな丸い葉の形に特徴があり、ウェディングブーケや花冠などにも良く用いられます。
インテリアはもちろん、風水としても丸い葉は調和やリラックスを表すといわれてます。
自分好みにアレンジすれば、部屋の印象をぐっとオシャレにすることもできるのでおすすめです。
また、「ポトス」という観葉植物も一人暮らしにピッタリです。
ポトスの特徴は、とにかく育てやすいという点です。
日光も水もあまり必要としないため、手入れにほとんど手間がかかりません。
場所を選ばずに置けるので、トイレやキッチンなどにおいて空間を彩ってみると良いでしょう。
部屋が広いならシンボルツリーに「ケンチャヤシ」を置くという手もあります。
ケンチャヤシは手入れも簡単なので、一人暮らしの部屋を一気に華やかにしたい人におすすめです。
美容についても考えたいなら、天然の加湿器とも呼ばれる「オーガスタ」を置いてみても良いでしょう。
オーガスタは乾燥に強く、大きな葉には蒸散作用があるので、美容にもこだわりたい人ならうってつけの観葉植物です。

縁起のよい植物にあやかる

観葉植物を部屋に置くことは風水的にも良いことです。
たとえば、「ガジュマル」という観葉植物は、風水では金運や結婚運に効果があるとされています。
ガジュマルは花ことばも「健康」なので、自分の部屋に置くにはとても縁起の良い植物だといえます。
暑さにも寒さにも強いため、世話が簡単な点もおすすめポイントのひとつです。
運気を上げるといわれる植物は、ガジュマル以外にもいろいろあります。
「パキラ」や「ユッカ」なども運気を上げるといわれ、一人暮らしに人気の観葉植物です。
パキラは金運アップのアイテムとしても重宝され、ビジネスシーンでは転勤祝いに贈られることもしばしばあります。
風水的には金運や仕事運をアップさせる効果があるといわれ、特に一人暮らしのビジネスパーソンにおすすめの観葉植物だといえるでしょう。
ユッカも同じく金運や仕事運を上げたい人におすすめです。
「勇壮」や「偉大」といった花ことばを持っているので、金運や仕事運を上げたい一人暮らしの男性にピッタリの観葉植物です。

 

観葉植物と一緒に暮らそう

観葉植物は単なるインテリアの道具ではありません。
部屋に緑を置くことは、精神を落ち着けてリラックスさせてくれる効果があります。
また、世話をすることで生活にリズムも生まれ、不規則になりがちな一人暮らしの生活にも規律を与えてくれます。
観葉植物を生活に取り入れるだけで、気持ちが豊かになり、心身ともに充実した毎日を送れるようになることが期待できます。
もちろん、観葉植物も生き物の一種です。放っておけば、やはり枯れてしまいます。
動物を飼うときに愛を持ってするように、観葉植物を育てる際もしっかり愛情をそそいであげることが大切です。
何かを大切に育てることは、それだけでも大きな価値のあることです。
観葉植物を取り入れて、日々の暮らしを向上させましょう。