寝室で楽しむ観葉植物!選び方と育て方のポイントは?

こんにちは。IN NATURAL STYLE編集部です。

体と心を休める寝室は、リラックスできる場所にしたいですよね。
布団や照明などを工夫する方法もありますが、植物にも人をリラックスさせてくれる力があります。
さらに、風水においても植物を寝室に置くことは効果的とされているため、運気をアップしたい場合に取り入れてみるのも良いでしょう。
そこで、寝室におすすめの観葉植物の種類や、選び方、育て方のポイントについて紹介します。

観葉植物の空気清浄効果は貴重

寝ている間に閉め切ってしまうことの多い寝室は、空気の循環が気になる場所ですよね。
そのため、空気清浄機を利用している人も少なくないでしょう。
しかし、空気を清浄してくれる機能を持つのは空気清浄機ばかりではありません。
実は、観葉植物にも空気をキレイにする力があるのです。
なぜ観葉植物が空気をキレイにできるのかというと、その理由は「光合成」にあります。
光合成とは、光を浴びた植物が水や二酸化炭素から酸素や養分を作り出す作業のことです。
つまり、人の呼吸に必要な酸素を生み出し、不要な二酸化炭素を除去してくれる性質があるのです。
さらに、カビの胞子やバクテリアを取り除いてくれるという研究結果もあります。
また、アメリカ航空宇宙局である「NASA」の発表によると「ポトス」など特定の観葉植物には、ホルムアルデヒドなどの有害な物質を除去する力があることも分かっています。
マイナスイオンを発生させてくれることも、大きな魅力でしょう。
マイナスイオンとは、大気中にあるマイナス電気を帯びたイオンのことで、リラックス効果があるといわれています。
このような性質から、寝室などのリラックス空間に観葉植物を置くことには大きな意味があるといえるでしょう。

気を整える風水としての意味

風水において、人が運気を補うのは寝ている間とされています。
そのため、寝室は玄関に次いで重要な位置づけとなっており、環境を良くすることで運気アップが期待できるといわれています。
そして、観葉植物は風水において気を整えることができるアイテムのひとつです。
寝室に置くことが良いとされているため、運気の停滞や低下を感じたときには取り入れてみましょう。
寝室に良いとされる観葉植物のポイントは、「葉が丸みをおびている」「下に向かって葉を伸ばす」です。
風水では、葉が丸みを帯びている植物には気を穏やかにする力があるとされています。
また、下の方に向かって葉を伸ばす植物を「陰」の気を発するものと定め、気を鎮めて落ち着かせる効果があるとしています。
一方で、葉が上向きな植物は、風水では「陽」の気を持つものです。
気持ちを活性化させる作用があるとされているため、寝室に置くと眠りを妨げる恐れがあります。
質の良い睡眠をとるためにも、寝室には「陰」の気を持つ観葉植物を選びましょう。

気をつけたいカビ・ほこり・病虫害

寝室に置くとさまざまな効果が期待できる観葉植物ですが、お手入れに気をつける必要があります。
植物を育てるということは、部屋の中に土を持ち込むということです。
土は高温多湿になるとカビが発生しやすくなるため、水はけが良い種類を選び、湿ったままの状態にしないことが大切です。
また、高温多湿な環境は、害虫が発生する原因ともなります。
小まめに窓を開けて風を通す、日当たりを良くするなどの工夫をしましょう。
ホコリが葉にたまらないよう、気をつけることも忘れてはいけません。
寝室は布団などの寝具からホコリが発生しやすい場所です。
観葉植物がホコリなどで汚れた状態になると、見た目が悪くなりますし、風水の効果もうまく得られなくなります。
定期的に葉を拭くなど、お手入れは小まめにしましょう。

寝室の明るさで育てる植物が決まる

寝室で育てる観葉植物の選び方は、部屋の明るさによっても違います。
寝室にどの程度日光が入るか、確認しましょう。
もし直射日光が入る環境であれば「カポック」がおすすめです。
カポックは耐暑性に優れた植物で、育てやすいため初心者にも人気です。
種類によっては緑色の葉に黄色の斑模様が入っているなど、見た目のかわいらしさも魅力となっています。
ほとんど日が当たらない部屋の場合は、「ポトス」や「モンステラ」が適しています。
ポトスはとても種類が多い植物です。
葉の形や色もさまざまで、鮮やかな緑色や爽やかなライムグリーンをしたもの、葉がハートのよう形をしているものなどがあるため、インテリアとしても人気があります。
空気を浄化できる作用にも優れているため、寝室の環境を良くしたい場合にもピッタリでしょう。
モンステラは切込みの入ったユニークな形の葉が人目をひきつける植物です。
モンステラはハワイ語で「水がわき出る」という意味で、幸運をもたらす植物といわれています。
そのため、風水にこだわる場合は選んでみるのも良いでしょう。
レースのカーテン越しに光が差し込む寝室の場合は、さまざまな観葉植物を置くことができます。
真っ赤なハートが印象的な「アンスリウム」は、部屋のアクセントにもなりおすすめです。
また、金運をあげるといわれている「カジュマル」や、丸くて小さな葉に癒し効果が得られる「アジアンタム」も人気です。

寝室を観葉植物でリラックスできる空間に

空気を清浄する効果や、風水の効果が得られる観葉植物。
見た目に癒されるものや、かわいいものも多いので、インテリアとしても活躍してくれます。
育てやすい種類を選べば、初心者でも気軽に取り入れられるでしょう。
ここで紹介した観葉植物を置いて、寝室をのんびりと休みやすい空間にしてみてはいかがでしょうか。