犬や猫などペットのいる人は注意!毒のある観葉植物

こんにちは。IN NATURAL STYLE編集部です。

部屋の中に観葉植物を飾るだけで、雰囲気が和んだりおしゃれに見えたりします。
しかし、観葉植物の中には毒性を持つ種類も多く、ペットが食べると危険なものもあります。
中には、少量でも死に至るほど怖いものもありますので、ペットを飼っている人が観葉植物を選ぶ際には注意が必要です。
予防策として、どのような植物に毒があるのかについて解説します。

猫は草を食べる習性があるので注意!

猫が食べてはいけない植物はいくつかありますが、代表的なものはユリ科バラ科ツツジ科のものです。
花が咲く植物には、猫には危険なものが多いので気をつけましょう。
また、花だけではなく、葉や茎にも毒性があることを覚えておく必要があります。
なかでも、ユリは猫の腎臓に障害を与える危険性があるだけでなく、少量を口にしただけでも死に直結する恐れがある猛毒です。
猫のいる部屋に持ち込まないようにしましょう。
ユリは花束に紛れているケースもありますので、プレゼントなどで花束をもらったときには注意しましょう。
ほかにも園芸店などで市販されている観葉植物の中には、猫にとって毒となるものが含まれている場合がありますので、十分に注意しましょう。

予防策としては、ひとつは猫が近づける範囲に観葉植物を置かないことです。
ただ、猫は高いところに登る習性があります。
たとえ棚の上などの高い位置においていても、簡単に近寄ってしまえるため、この予防策はやり方によっては効果がない場合もあります。
安全のためには、猫を飼っている家庭では、室内に観葉植物を置かないのが一番です。
猫は肉食動物ですが、胃腸の調整などを目的として、草を食べる習性もあります。
草にまったく興味を示さない猫がいる一方で、草を好む猫もいます。
見慣れない植物があると興味を持ってしまうこともあるのです。
猫が草を食べる習性があることを意識したうえで、細心の注意を払いましょう。

紹介したほか、猫の毒になりやすい観葉植物は、
ポトスアグラオネマセロームフィドルリーフブラッサイア属
カラジウムディフェンバキアヒメカズラシェフレラ属スパティフィラムなどです。
猫がいる場合は、置かないようにしましょう。切り花についても同様です。

犬は散歩で屋外に出たときにも注意!

犬の毒になりやすい観葉植物も多くあります。
犬は猫のように高い場所に登る習性はありませんので、観葉植物を高い位置に置くことで危険を回避するという方法もあります。
しかし、散歩する道中にも野草が生えていることがあるでしょう。
飼い主が目を離している間に食べてしまうこともあります。
犬にとって危険な野草もありますので、犬が興味を持ったとしても、できるだけ近づけないようにする工夫が必要です。
犬の視線や目線の位置にも十分注意を払いましょう。

犬にとって危険な観葉植物は、アサガオ、スイセン、スズラン、ユリなどです。
猫の場合と同様に、花のあるものは毒性がある可能性が高くなります。
スイセンは、人間が口にした場合にも危険な植物です。
ほかにも、アイビー、アロエ、ポトス、モンステラ、ディフェンバキアなども、犬が口にすると中毒症状を引き起こす恐れがあります。
とくにアロエは、犬を死に至らしめる恐れのある危険な植物です。

食べてしまったときにはどうしたらいい?

万が一、ペットが毒性のあるものを食べてしまった場合には、すぐに動物病院に相談しましょう。
ペットの状態や飲み込んだ植物によっても対処方法が変わってきます。
飲み込んだ直後であれば、飼い主による催吐処置が有効な場合がありますが、自己流で行うのは危険です。
まず先に、動物病院の指示を仰ぐようにしましょう。
応急処置として、水を飲ませるなどの対応策もありますが、ペットの場合はなかなか都合よく飲んでくれるということは少なく、一時しのぎにしかならないでしょう。
無理に行うことで、パニック状態となったペットに噛まれたり、引っかかれたりという恐れもあります。

嘔吐や下痢など、体調に異変が起きている場合はすぐに獣医師に相談しましょう。
さらに食欲もない場合は受診が必要です。
食べてから症状が出るまでの時間が短いほど、緊急性が高いといえるでしょう。
食べてから数日経ってから症状が出てくる場合もあります。
とくに異常が見られなくても、できるだけ早く獣医師による診察を受けることをおすすめします。
食べた植物、量、時間などを伝え、受診の前には食事を控えるようにしましょう。
子犬や子猫、そして体力が落ちている老犬や老猫などは影響が出やすく重篤化する可能性も高いため、とくに注意が必要です。

毒性の低いものを見つけてペットを守ろう!

植物の中には、人間は大丈夫でもペットには毒となるものがあることを覚えておき、日ごろから意識しておくようにしましょう。
少しでも知識を身に付けておくことで、大事なペットの健康に関わるリスクを低下させられます。
また、ペットにも個体差があり、年齢、体質、体調によっても症状の出かたは異なります。
ペットの様子がおかしいと感じたら、すぐに動物病院に相談しましょう。
できるだけ家の近くに、信頼できてすぐに相談できる動物病院を探しておくことも必要です。
観葉植物を置く場合は、できるだけ安心できる種類を選び、ペットが観葉植物を食べることがないように注意、工夫を心がけましょう。
毒性が低い植物はインターネットの通販でも探せます。
できるだけ詳しい情報を載せているサイトを選ぶと良いでしょう。