黄色の果実で部屋を明るく!食べられる観葉植物リスボン・レモン

こんにちは。IN NATURAL STYLE編集部です。

かわいらしい黄色の果実が実る観葉植物のリスボン・レモン。
鉢植えで購入できるものも多くあり、果実が楽しめる観葉植物の中でも入手しやすい果樹です。
果実が実る観葉植物は、葉や花だけの観葉植物とは違った趣があり、部屋のアクセントにもなります。
実った果実は食べることもできるリスボン・レモンの育て方について解説していきます。

鉢植えになるリスボン・レモンとは?

リスボン・レモンはその名前の通りレモンの1種です。
レモンはミカン科ミカン属の常緑低木で、インドのヒマラヤ地方が原産地です。
10世紀から12世紀にヨーロッパに広がり、中国、アラビア半島、スペイン、中近東、アメリカと時間をかけて広く伝わりました。
リスボン・レモンの原産地はポルトガルとされています。
日本には明治時代になってから持ち込まれました。
現在では広島県や愛媛県、和歌山県などで生産されています。
ただ、国産のレモンは自給率が10%程度。アメリカやチリなどからの輸入に頼っているのが現状です。

現在は食用として親しまれているレモンですが、もともとは観葉植物として広まり始めました。
明るい黄色で楕円形をした果実の美しさもちろんですが、白と淡いピンクのかれんな花が咲くことも楽しみの一つでしょう。
そして、肉厚で艶やかな葉は果実や花の時期以外でも1年中楽しむことができます。
食用として一般的になったのは、十字軍がレモン果汁を飲む習慣があり広まるきっかけになったといわれています。
レモンはビタミンCの含有量が柑橘類の中でも最高となる100g中100mgで、疲労回復や風邪の予防にも役立ちます。
さわやかな香りと刺激的な酸味は、各国でさまざまな料理や飲み物に活用されています。

栽培には温暖な気候が向いていますが、室内であれば寒冷地でも栽培できます。
リスボン・レモンはレモンの中でも比較的耐寒性がある果樹なので、鉢植えの観葉植物として多く親しまれています。
リスボン・レモンをはじめとするレモンの花言葉「誠実な愛」「心からの思慕」「香気」「思慮分別」です。
また、レモン果実の花言葉「熱情」「陽気な考え」です。
花言葉に気持ちを込めて、鉢植えのギフトとしても喜ばれるかもしれませんね。

水やりと基本的な育て方

リスボン・レモンは、春から秋にかけては日光が良く当たるような風通しの良い戸外で育てるとよいでしょう。
比較的、寒冷に強い品種なので、暖地であれば戸外で越冬することもできます。
最低気温がマイナス2度を下回る場合は、室内に取り込むようにしましょう。
室内で育てる場合には、暖房の聞いていない日当たりのよい場所で栽培しましょう。

水やりは、土の表面が乾いたら、鉢の底から水があふれ出るくらいにたっぷりとあげるようにします。
4月から5月にかけてと、9月から10月にかけては、果樹用の固形肥料を与えます。
特に、開花期の4月から5月は必ず肥料をあげましょう。
選定は、夏を過ぎた頃に実のついていない太い枝を3分の2程度残し、枝の先端を切り落とします。
細い枝は翌年に開花する枝なので残すようにしましょう。

レモン・リスボンは、ハダニにかかりやすいので注意が必要です。
ハダニの発生時期は3月から10月なので、市販の殺虫殺菌剤を定期散布して予防するようにしましょう。
また、5月から10月頃に発生するアゲハチョウの幼虫にも注意が必要です。
ベランダなど外に出している場合には、特に気を付けるようにしましょう。

収穫時期と適している置き場所

リスボン・レモンは受粉樹を別に用意する必要がなく、1本だけで実を結ぶことができる植物です。
果実が収穫できるのは11月頃です。果実がきれいなレモン色に色づいたら収穫しましょう。
花は四季咲き性で春から秋まで開花はしますが、ピークを迎えるのは4月から5月になります。
そのため、果実が最も結実しやすいのも4月から5月となっています。
自然に受粉するため手間もかからず、実がつきすぎるといくつか自然落下します。
開花後おおよそ6カ月で程よく熟してくるでしょう。
樹木の負担を減らすため、色づいたものからどんどん収穫してしまうとよいでしょう。

リスボン・レモンは、日当たりがあれば部屋のどんな場所にも置くことができます。
キッチンで育てて、もぎたての果実を料理に使ったりするのも良いですね。
もちろん、路地植えもできる植物なので寒冷時期以外はベランダなども適しています。
暖房はあまり必要ではないので、涼しく風通しの良い場所を選ぶとよいでしょう。

リスボン・レモンで部屋を明るく

リスボン・レモンは花も実も楽しめ、葉も生き生きとしていて生命力が感じられる観葉植物です。
特に黄色い果実は、部屋の雰囲気をパッと明るくさわやかにしてくれます。


また、収穫できた果実を味わうことができるのも格別の楽しみですね。
収穫直後のレモンの味は風味がやや柔らかく、果汁もたっぷりなので、育てている人だけの味わいを堪能できるでしょう。
リスボン・レモンなどの鉢植えの購入には、自宅まで運んでくれるオンラインショップが便利です。
ぜひ、目に明るく、食べておいしいリスボン・レモンを育ててみてください。