初心者でもできる!ハイドロカルチャーの楽しみ方

こんにちは、IN NATURAL STYLE編集部です。
植物を育てることに興味があっても、難しそうだと感じて始められない場合もあります。
園芸の初心者が難しいという印象を持ちやすいのは土の管理です。
その印象がネックになっているなら、ハイドロカルチャーを選択すると良いでしょう。
この記事では、初心者でも始めやすいハイドロカルチャーを紹介し、楽しむためのポイントなども解説します。

ハイドロカルチャーとはいったい何?

植え込み材として土ではなくハイドロボールを使用する栽培方法は、ハイドロカルチャーと呼ばれています。
ハイドロボールとは、粘土を高温で焼いてつくった粒状の石材です。
石材の一つひとつに無数の小さな穴があいており、そこに水を蓄えられることが大きな特徴となっています。
必要な分だけ根に水を与えることになるので、容器の底から排水する必要がありません。
ハイドロボールで育てると、植物が成長のために伸ばす根は、土用ではなく水用のものになります。

また、植え込み材の多様化が進んでおり、ハイドロボールの他にカラーサンドやウッドチップなども用いられているのが実情です。
そのため、ハイドロカルチャーという言葉は、土以外の植え込み材を用いた水耕栽培の総称として使われることが多くなりました。

ハイドロカルチャーのいいところは?

ハイドロカルチャーには良い点が複数あります。
たとえば、ハイドロボールは無菌なので衛生的ですし、無臭であるため虫が寄ってきにくいです。
匂いに敏感な人でも気にならないため、室内の置き場を選ぶ際に困ることも少ないでしょう。
水の管理が楽であることもメリットの一つです。
土の湿り具合などを確認する必要がなく、水の過不足を目視で把握できるため、初心者でも簡単に水やりを行えます。

ハイドロボールの水を溜め込む性質により、水やりの頻度を下げられることも良い点です。
一人暮らしで出張が多い場合でも安心して育てられます。
また、溜め込んだ水で栽培できるため、容器の底に排水用の穴が不要であることもメリットといえます。
ガラス製や金属製といったインテリア性の高い容器を使えますし、おしゃれな食器なども流用できるからです。
さらに、ハイドロボールは洗って乾かすと再利用できるので、経済的にも優れています。

ハイドロカルチャーに必要なものは?

これからハイドロカルチャーを始めるなら、まずベースとなる環境をそろえなければなりません。
具体的には、底に穴のない容器とハイドロボールのような土以外の植え込み材です。
植物を選ぶ際は、すでに根が生えているものを選びましょう。
発根しているほうが順調に育ちやすいからです。
また、水耕栽培用の液体肥料を準備するのも忘れてはいけません。
ハイドロボール自体は栄養素を持たないため、別の手段で与える必要があります。

さらに、根腐れ防止剤も用意しておきましょう。
根から出る老廃物を吸着してくれるので、水の循環しない環境でも腐りにくくなります。
イオン交換樹脂材も老廃物の処理に有効です。
土に生息する微生物や細菌に代わって科学的に分解してくれます。
容器が不透明な場合は目視が難しいので、水位計もあったほうが良いでしょう。
根や葉の乾燥を防ぐために水やり用の霧吹きも必要です。

初心者でも育てやすい植物は?

育てやすい植物を希望するなら、置き場所や育て方を考慮しなければなりません。半日陰でも育ち水耕栽培が容易な植物を候補にしましょう。たとえば、パキラは半日陰のほうが成長しやすく、自生する場所は水辺となっています。そのため、初心者でも失敗するリスクは小さいです。また、ポトスは土で育てることが多い植物ですが、水挿しでも増やせるため、ハイドロカルチャーにも適しています。斑入りなのでインテリア性が高く、いろいろな場所に飾りやすいのもポイントです。

アイピーも育てやすい植物として知られています。丈夫な種類なので扱いやすいからです。成長が早いため、育てる楽しさを実感しやすい点も初心者向けといえます。こちらもインテリアとして使いやすく、トイレや浴室などに置かれているケースも多いです。