どんどん育つユーカリ!基本的な育て方を覚えよう

こんにちは 、IN NATURAL STYLE編集部です。
「コアラがよく食べているもの」というイメージを持つ人も多い植物であるユーカリは、特徴的なフォルムと香りの高さ・成長の速さから、ガーデニング初心者でも手軽に育てることができる植物のひとつです。
そこで今回は、素材としてだけでなく観葉植物としても人気の高いユーカリの特徴と基本的な育て方について紹介します。

ユーカリの知られざる特徴とは?

ユーカリは「赤い砂漠」とも呼ばれている国・オーストラリア原産の植物で、フトモモ科ユーカリ属に分類されている植物です。
さまざまな種類が存在し、天然種のみで500種類、変異種・改良種などを含めると約1,000種類以上ものユーカリが存在しているとされています。

耐寒性については種類によって違いはありますが、基本的に暑さ・乾燥などに強いため、水が少ない場所でもしっかり育つことができるという特徴があるのです。
また、多くのユーカリは白くて小さな花を咲かせますが、なかにはピンク色のかわいい花を咲かせる種類もあります。

木の葉や精油は古くからオーストラリアやイギリスにおいて万能薬として知られ、現在ではオーガニックコスメ商品などにオイルとして活用されているなど、美容・アロマセラピーの分野では身近な植物の1つです。

驚くべきユーカリの成長速度

ユーカリが持つ最大の特徴が「成長の早さ」です。
品種によって多少の違いはありますが、売り場などでよく見かける多くのユーカリは樹高が45~55m、直径は1.2~2mまで育ちます。原産地のオーストラリアでは70m以上もの大木にまで成長するユーカリも存在しているのです。

定期的な剪定・植え替えが必須となりますので、ユーカリを実際に育てる時にはあらかじめ「どれくらいの大きさまで成長するのか」を確認したうえで購入し、こまめに手入れしてあげるようにしましょう。

ユーカリを育てるならここに注意!

ユーカリは暑さ・乾燥に強い植物であるため、水や肥料が多すぎてしまうと根腐れを起こす原因になってしまうため、育てる時には日当たりや風通しの良い場所で肥料・水を少なめにしておくと良いでしょう。

また、庭木としてユーカリを育てる時には、ユーカリの成長スピードによって植え替えが難しくなってしまううえ、寒さに弱いという特徴から、室内・鉢植えでの栽培のほうが育てやすいとされています。

観葉植物としても人気のユーカリですが、観葉植物用の土は保水力が高すぎるためにユーカリが根腐れしてしまいやすいため、ユーカリを育てる時に用いる土は、観葉植物用よりもハーブ用の土を使用することをおすすめします。

ユーカリを剪定する際のポイントは?

成長スピードが早いユーカリを育てる時は、剪定のタイミングが重要になってきます。
枝の密度が高くなってしまうと、木の中に虫が発生してしまったり、風で倒れてしまうこともあるため、樹形を整えたり、軽くするために剪定は必須なのです。

ユーカリの最適な剪定時期は3月~5月頃の春シーズンと9月~10月頃の秋シーズンの年2回程度行います。
剪定のポイントは、全体のバランスを見ながら伸びすぎた枝を適度に透かしていくことです。
枝の中央でぶつ切りにするのではなく、細い枝を付け根の少し上から切りましょう。

また、ユーカリの場合、剪定してもすぐにまた枝が伸びてくるため、剪定をする時には大胆に行っても大丈夫です。
剪定だけなく「摘芯」という方法もあり、こちらの方法は枝を付け根から切るのではなく、枝の先端部分の新芽を摘み取ることで、摘芯した脇から新芽を生えさせて樹形を整える方法となっています。

被害に遭いやすい病気や害虫は?

乾燥した地域でもしっかり育つユーカリだからこそ被害に遭いやすい病気・害虫も存在します。
例えば、まるでうどん粉をまいたように白い斑点ができる「うどんこ病」は、乾燥した場所を好んで発生するカビが原因の病気であり、同様の特徴を持つユーカリとは関係の深い病気です。
「うどんこ病」が発生した場合にはすぐに薬剤をまいて、白い斑点が出た部分は切除し、密封して処分しましょう。

また、植物の葉に付く「ハダニ」は、葉に湿気を持たせることで対処・予防をすることができますが、乾燥を好むユーカリにとってはこのような対処方法ができません。
そのため、ハダニを見つけ次第、薬剤などで駆除していく必要があります。

増やしたいときはどうすればいいの?

美しい形の葉が魅力的なユーカリは、インテリアとしても人気が高いですが、苗だけでもかなりの金額となるため、できれば1つのユーカリだけで思い切り楽しみたいですよね。
そんな時には「挿し木」という方法で、ユーカリを増やすことができるのです。

挿し木の手順は、まずはじめに剪定で切った枝(もしくはその年に伸びた枝)を10~15cm程度切り取ります。
枝から生えている葉は、先端の2~3枚を残して切り落としましょう。枝の切り口を数時間水に浸け、土を入れたビニール製の鉢に枝を挿すだけです。

挿し木は成功率を高めるためにも多めに行い、倒れたり土が乾燥したりしないように、指で土を軽く押さえ、水やりをしましょう。
発芽の適温は20度前後とされており、2~3カ月程度で根や新芽が出てきますので、確認できたら新しい鉢へ植え替えをします。

剪定した枝も無駄にせず楽しもう

ハーブやインテリアとしても好まれるユーカリは、剪定した後の枝も有効活用することができます。
香りが高い葉はビンに詰めてポプリにすることもできますし、葉が付いた枝はドライフラワーにしてもおしゃれなインテリアになります。
見た目だけでなく、香りも楽しむことができるユーカリですが、もし育て方などでわからないことがありましたら、IN NATURALの各店舗やホームページからお気軽にご相談くださいね。