カーネーションの別名とは?知っていると楽しい雑学集

こんにちは、IN NATURAL STYLE編集部です。
花にはさまざまな別名があるため、とても奥深く感じられます。
普段よく耳にする花の名前でも別名で聞くと、違った印象を受けますよね。
母の日のプレゼントを筆頭に、贈り物として親しまれている代表的な花のひとつが、カーネーションです。
この記事では、さまざまな色の種類があるカーネーションの別名や、花言葉などの雑学を紹介します。

カーネーションはナデシコ科の花

カーネーションは、ナデシコ科に含まれる花の品種です。
正式には、ナデシコ科ナデシコ属に該当する花です。
ナデシコ属の種類はとても多いのが特徴で、世界に300種類も存在するといわれています。
ナデシコ属は別名ダイアンサス属と呼ばれており、可憐な印象を受ける花と魅力的な香りが特徴です。

実は、カーネーションとして分類されている花以外のナデシコは、全てダイアンサスと呼ばれています。
つまり、ダイアンサス属の花の中でも、カーネーションだけが特別な呼ばれ方をされているのです。
日本で見られるナデシコ属の花には、カワラナデシコやハマナデシコなど4種類が自生しています。
カーネーションは南ヨーロッパや西アジアが原産であるため、日本で自生しているものを見かける機会は残念ながらありません。

カーネーションの別名いろいろ

外国が原産のカーネーションですが、日本に入ってきてから付けられた和名もあります。
さまざまな別名を持っているため、名前を聞いただけでは気づきにくいかもしれません。
カーネーションの別名には、ジャコウナデシコ・クローブピンク・オランダセキチク・オランダナデシコなどが挙げられます。
名前に「オランダ」という地名が付いている理由は、江戸時代にカーネーションがオランダ人によってもたらされたためです。
また、セキチクはナデシコ科で中国原産の花の種類です。
同じナデシコ科であるカーネーションがセキチクによく似ていたため、この名前が付けられたのでしょう。
さらに、昭和の始め頃までは、オランダセキチクという名前を略して「セキチク」と呼んでいたという記録もあります。

カーネーションの花言葉

カーネーションには、とても多くの花言葉が付けられています。
花を誰かにプレゼントするとき、花言葉は自分の気持ちを伝える大切な要素のひとつです。
そのため、どんな花を贈るか決める際は、それぞれの花言葉が大きなヒントになります。
カーネーションの花言葉は、花びらの色によって異なるのが大きな特徴です。
贈る用途や気持ちにぴったりな花言葉を持つ色を選ぶと、喜ばれやすいでしょう。
ここでは、プレゼントとして選ばれやすい赤・白・ピンクのカーネーションに付けられた花言葉を紹介します。

赤いカーネーションの花言葉は、母の愛・母への愛・深い愛・敬愛などです。
母の日に贈られる定番の色だけあり、純粋で相手を敬う言葉が多く見られます。赤い色のカーネーションは母の日のイメージが強いですが、素敵な花言葉を持っているので、感謝を伝えたいときのちょっとしたプレゼントとして贈っても喜ばれるでしょう。
白いカーネーションには、純粋な愛・私の愛は生きています・純愛などの花言葉が付けられています。
何色にも染まりやすい色からイメージされた言葉が多いのが特徴です。
さらに、ピンクのカーネーションには、女性の愛・気品・美しい仕草などの花言葉が付けられています。
ピンクは赤に白を混ぜた色で可愛らしいイメージを持っているため、温かみがあって可憐な印象を与える花言葉が多いです。

カーネーションは楽しみ方もさまざま

1輪でも賑やかな印象を受けるカーネーションには、たくさんの楽しみ方があります。
アレンジ次第でどんな表情にも変わるので、花瓶の種類やほかの花との組み合わせを考えてみるとよいでしょう。
カーネーションの代表的な楽しみ方は一般的に、一輪挿し・ブーケ・ドライフラワーなどがあります。
花の状態によってアレンジの方法を変えられるので、自分や相手の好みと合わせて選びましょう。

一輪挿しは、最も簡単にカーネーションを飾れる楽しみ方です。
花瓶のデザインや柄も引き立つため、部屋のアクセントとして置くときに適しています。
カーネーションは1つの花にボリュームがあるため、一輪で飾っても絵になるものです。
複数のカーネーションを組み合わせたブーケに仕上げても、ふんわりとした可愛らしさを楽しめます。
ブーケを作る際は隙間を作らないように気を付けると、ボリュームが出て華やかになりやすいです。
さらに、カーネーションを乾燥させてドライフラワーにした場合、ほかのアレンジとは異なる雰囲気に仕上げられます。
乾燥するとアンティーク調の色合いに変化するので、レトロ感のある独特な味わいを楽しめるでしょう。

カーネーションは人気の花!

カーネーションは世界的にも人気のある可憐で可愛らしい花です。
ナデシコ属であるカーネーションは独特な別名をたくさん持っています。
また、カラーバリエーションが豊富なので、好みや用途にあわせてぴったりの色を選べます。
花言葉も色の違いで変わるため、とても奥深い花です。
アレンジを施して飾ったり育てたりする以外に、カーネーションにまつわる雑学でも存分に楽しみましょう。