観葉植物としてのサボテン!上手な選び方と育て方

こんにちは。IN NATURAL STYLE編集部です。

数多くある観葉植物の中でも、サボテンは特に人気があります。
飾り方によって、可愛くなったり、格好よくなったりとさまざまなスタイルを選択できるでしょう。
また、初心者でも比較的育てやすいのも魅力です。ただ、そうはいっても、実際に育てるとなると気をつけるべき点はいくつかあります。
そこで、サボテンに興味があるという人のために、観葉植物としての特徴と基本的な育て方について紹介をしていきます。

日当たりを好むが直射日光はダメ

サボテンは暑い乾燥した地域が原産で、想像どおり日当たりが良いところを好みます。
したがって、締め切った部屋で、ずっと蛍光灯の下で育てていると、日光不足で枯れてしまう可能性が高くなります。
ただ、いくら日光が好きだからといっても、直射日光に当て続けていると日焼けを起こす恐れがあります。
日焼けとは植物の細胞が壊死して茶色くなる現象です。
こうなると、見栄えが悪くなりますし、日光不足と同じように枯れてしまう恐れもでてきます。
そのため、日当たりの良い窓際などに置くのはよいのですが、直射日光が当たるのであればレースのカーテンをするなどして日差しを和らげる必要があります。

また、乾燥を好むので風通しが良いところに置くことも大事です。
風がないと湿った土がなかなか乾かずに、根腐れを起こすおそれがあります。
もし、外出が多くてなかなか窓を開けられないというのであれば、サーキュレーターなどを使うというのも一つの手です。その際は、直接風を当てるのを避け、部屋の中に空気の流れをつくってあげるようにしてあげましょう。

Cactus

 

意外と寒さには強い品種が多い

サボテンは暑い地域が原産であるため、寒さには弱いと思われがちです。
しかし、実際は、そうとは限りません。
砂漠地帯は寒暖の差が激しく、昼間は気温が高くても夜はかなり冷え込みます。
多くのサボテンがそうした環境で育っているため、0度ぐらいまでは耐えられる品種も少なくないのです。
ただ、一方で、寒さに弱い品種も存在するので、5度程度を目安にして暖かい場所に移すのが無難でしょう。

また、冬の室温管理についてはもうひとつ気をつけるべき点があります。
冬場、サボテンは休眠をし、その間に花芽が分化します。
ところが、室温が高すぎると休眠ができなくなり、花芽がつかなくなってしまうのです。
したがって、花を咲かせるためには、あまり室温を上げ過ぎないことも必要になってきます。

サボテンの水やりは乾いたらたっぷりと

サボテンは雨がほとんど降らない砂漠に生えているので水は不要というイメージがありますが、そんなことはありません。
土が完全に乾いた場合は他の観葉植物と同じように、鉢の底に水があふれ出るまでたっぷりと与える必要があります。
ただし、受け皿に水が溜まりっぱなしにならないように管理することが大事です。

また、水をやる時間帯は、季節ごとに変えていきます。
たとえば、春と秋は午前中に水を与えるのが適しています。
ところが、暑い季節になると、午前中に与えた水は水蒸気になって株が蒸れてしまうおそれがあるのです。
そのため、夏場は午前や昼間を避けて涼しくなる夕方から夜に水やりをするのが重要なポイントになります。
一方、冬場は夜間に水を与えると凍結するおそれがあるため、なるべく暖かい時間帯に水やりを行うのがよいでしょう。
そうすることで、根が冷え過ぎて根腐れを起こすことを防止できます。

Pink Easter Lily Cactus / Echinopsis eyriesii / 短毛丸(タンゲマル)

植え替えは土が乾いているときに

サボテンは成長に合わせて鉢の植え替え行う必要があります。
そうしないと、伸びた根で鉢がいっぱいになり、水をうまく吸収できなくなって萎びてしまうからです。
そこで、重要になってくるのが手順ですが、まず、植え替えを行う前に水を断ち、土が完全に乾いた状態にしておきます。
これは根を傷めずにサボテンを鉢から抜けるようにするためです。
そして、乾いた土から乾いた土へ植え替えを行います。
ちなみに、新しい鉢は株の葉張りより一回り程度大きなものがベストです。
あまり鉢が大きすぎると土が乾燥しにくく、根腐れを起こす可能性が高くなるので注意が必要です。
また、植え替えを行う前に、黒くなって腐っていたり、他よりも伸びすぎていたりする根はハサミでカットします。
ただし、サボテンは細菌の感染に弱い植物なので、ハサミは必ず消毒してから使うようにしましょう。
さらに、根をカットした直後のサボテンは水が吸えない状態にあり、根腐れを起こしやすくなっています。
そのため、植え替えが終わったあとも、ほかの観葉植物とは違い、水やりは厳禁です。
植え替え後もしばらく水をやらずに1週間ほど間をおくようにしましょう。

初心者向きのサボテンは?

サボテンにもいろいろな種類がありますが、初めて育てるのであれば、金光丸や月影丸、緋花玉といったあたりがおすすめです。
いずれも値段が手ごろで世話もしやすいため、初心者が育てるにはピッタリです。
また、シャコバサボテンやクジャクサボテンは、チクチクする棘がなく、大きな花を咲かせます。
普通の観葉植物と同じ感覚で育てられるため、栽培は比較的容易です。

サボテンで観葉植物デビューを

観葉植物を育てたいと思っていても、世話をするのに手間がかかるのではと考えると、ついついためらってしまうものです。
その点、サボテンなら、乾燥や寒さにも比較的強いので、根が蒸れることさえ防ぐようにすれば育てやすいという長所があります。
これならば、忙しくて世話をする暇があまりないという人でも安心でしょう。
まずは、サボテンを育てることから観葉植物を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。