成長ではなく徒長?伸びすぎたサボテンはどうすればいいの?

こんにちは、IN NATURAL STYLE編集部です。
サボテンは育てやすく、人気がある観葉植物です。
いろいろな形のものがあって、楽しいですよね。
しかし、いざ自分で育ててみると、「もともと変わった形のサボテンなのか」それとも「変な形に成長してしまったのか」どちらかわからないこともあります。ここでは、サボテンが変な形に育っているのはどのような場合か、また、その場合どうすればよいのかについて、解説します。

サボテンの徒長とはどういう状態?

サボテンに限らず、植物は、本来とは違う姿に育ってしまうことがあります。
たとえば、一般的な植物の場合、葉と葉の間が間延びして茎が伸びてしまっているのを見たことがないでしょうか。
このように、植物が無駄な成長をしてしまっている状態を、徒長(とちょう)と呼びます。
サボテンの場合、一般的な植物のような茎がありません。
しかし、サボテンも徒長することがあります。
本来なら丸みを帯びているはずの先端が中央から飛び出したように伸びてしまったり、根本が曲がってしまったり、いびつな形で成長してしまうのです。
このような状態になったサボテンは、残念ながら徒長してしまっていると言えるでしょう。

とはいえ、サボテンにはいろいろな形があります。
そもそも、本来の形がどのようなものなのかを分かっていないと、徒長に気づかないこともあるので注意が必要です。
サボテンを育てることになったら、画像を調べたり、健康な姿をお店で確認したりして、まずは本来の姿を知っておくとよいでしょう。

サボテンの徒長が起きる原因は?

徒長の原因の多くは、日照不足です。
植物は、光合成をします。太陽の光が必要なのです。
そのため、日光が少ないと、光を求めて伸びすぎてしまいます。
これが、サボテンが徒長をする1番の原因です。
サボテンを室内で育てる場合は、適度に日に当ててあげる必要があります。
十分に日光に当ててあげることで、不自然な伸び過ぎを防ぐことができるでしょう。
とはいえ、強い直射日光に当てるのはよくありません。
強い日差しでサボテンの葉が焼けてしまいます。
夏場は、半日陰で育てましょう。
季節によって、置き場所を変えてあげることが大切です。

水の与えすぎで徒長をしてしまうこともあります。
サボテンのような多肉植物は、水分が多い状態が続くと徒長をしてしまうことがあるのです。
もちろん、サボテンといえども、生育期には水分が必要です。
サボテンの生育期は一般的には夏ですが、それ以外の季節に生育期と同じ水やりをすると、内側に水を貯め込んで徒長してしまいます。

日光や水分が適切なのにもかかわらずサボテンが徒長を起こしている場合は、肥料の与えすぎが考えられます。
サボテンを含む多肉植物は、栄養を与えすぎても徒長してしまうのです。
サボテンはもともと、砂漠に育つ植物です。
そのため、肥料をほとんど必要としません。
とはいえ、まったく与えないのも考えものです。
なぜなら、栄養不良の状態でも、おかしな育ち方をしてしまうのです。
サボテンは、植え付け、または、植え替えのときに、適量の肥料を用土に混ぜるようにします。
そのあとは、肥料を与える必要はとくにありません。

徒長したサボテンの仕立て直し

大切に育てていたサボテンが徒長してしまうと、悲しくなってしまいますよね。しかし、あきらめる必要はありません。
胴切りや挿し木をすることで、仕立て直しをすることができます。

徒長して伸び切ってしまったサボテンの場合は、思い切って胴切りをします。
胴切りとは、文字通りサボテンの胴体の部分を切ってしまうことです。
このときに、あまり根に近い部分をきらないように注意しましょう。
徒長したサボテンを上下ふたつに切り分けたら、根が残っている方を別の鉢に植え替えます。
新しい鉢には、サボテンの成長に適した土を入れることが重要です。
また、切り取ったサボテンの上の部分も、根のある方と同じ鉢に寄せ植えをしてもよいでしょう。
植え替えをしてしばらくは、水をやってはいけません。
風通しのよい明るい日陰で、サボテンが根付くのを待ちます。

徒長の仕方によっては、サボテンに子株がたくさんできてしまうこともあります。
この場合は、挿し木をすることで仕立て直しができます。
やり方は簡単です。
まず、子株の節に近い部分をピンセットでつまみ、前後に動かします。
すると、子株を取り外すことができます。
取り外した子株は、1~2日、切り口を乾かしましょう。
そのあと、切り口を下にして、新しい鉢に植えます。
胴切りをしたサボテンの切り口にも子株ができますが、同じやり方で大丈夫です。

胴切りや挿し木をするときには、11~2月は避けましょう。
切断面をしっかりと乾燥させる必要があるので、梅雨の時期や真夏もよくありません。
春や秋の天気のよい日に行うのがおすすめです。