株立ちか?単幹か?庭木の樹形を知ろう!

樹形

こんにちは。IN NATURAL STYLE編集部です。
庭付きの家を手に入れ、シンボルツリーを選ぶときに意外に悩むのが、樹木を株立ちにするか単幹にするかということです。
シンボルツリーを選ぶ段階になって初めて株立ち、単幹という言葉を聞いて、その違いが良くわからないという人もいるかもしれません。
ここでは、株立ちと単幹の違いやそれぞれに適した樹木を紹介します。

 

シンボルツリーに人気!株立ちの樹木とは?

株立ちとは根元部分が何本にも分岐している樹形のことです。
自然に株立ちに育つ木もありますし、こうした形に仕立てることもできます。
株立ちの樹木の特徴としては、一般的に幹が細めで成長の仕方が緩やかな傾向があります。
株立ちとして用いる樹木の種類は雑木が多く、自然の趣が強いのも特徴のひとつと言えるでしょう。
初めから枝葉が多いため植樹した直後でも存在感があり、シンボルツリーとしても人気があります。

株立ちの樹木を庭に植える際に注意したい点は、成長に従い単幹よりも幅をとる場合があるということです。
株立ちは根元から分岐しているため、上方への成長は緩やかですが樹木の下部から枝葉が茂り、ボリュームがでやすいでしょう。
すっきりとした樹形に育てるには定期的に剪定を行う必要があります。
樹木によっても成長の速さや樹勢が異なるため、庭木の手入れにどの位の時間が割けるかで樹種を決めるのも良いでしょう。

DSC_1482

 

広い庭におすすめ!単幹の樹木の特徴とは?

単幹は木の幹が根元から上部まで1本になっている樹形のことです。
単幹の樹木の特徴は、成長が早く、上方にいくほど枝葉が茂り幅をとることです。
初めは小さかった木も土壌や日当たりなどの条件によっては巨木になる可能性があります。
また、一般的に単幹の樹木は株立ちよりも低価格な傾向があります。
例えば、1.5メートルのシマトネリコの場合、株立ちは短幹の1.5倍くらいの値段になるでしょう。

単幹の樹木を庭に植える場合にはいくつかの注意点があります。
まず注意したいのは日当たりです。
上に行くほど枝葉の広がる単幹の樹木は日陰を作りやすく暑い夏の日などは快適ですが、常緑の樹木を選ぶと冬など日差しの欲しい時にも家や庭を日陰にしてしまう場合があります。
また、落葉樹を選んだ場合には、植え場所や風向きによっては落葉時に隣近所の家に葉が落ちることもあるため注意が必要です。
こうした意味では、単幹のシンボルツリーはある程度場所に余裕のある庭に向いていると言えるでしょう。

楓香

 

1本でも林のよう!株立ちで植えてみたい樹種はこれ!

株立ちに適した樹木にはいくつかの種類があります。
例えば、常緑樹ならシマトネリコソヨゴなどがあります。
1年中葉が生い茂っているためプライベートを守る目隠しとしても利用できるほか、秋の落葉時に大量の落ち葉を集める手間が掛からないなどのメリットがあります。
落葉樹にはアオダモ、アオハダ、エゴノキなどがあります。
春の新緑や秋には赤やオレンジ、黄色に紅葉し季節感を楽しませてくれるでしょう。
ほかにも、花や実をつけるハイノキヤマボウシなどもお勧めです。

また、株立ちの樹木の魅力は1株の木で雑木林のような野趣あふれる庭を演出できる点にもあるでしょう。
樹形の整ったカツラやジューンベリー、また幹に模様のあるアオハダ、白い幹の美しいシラカバ・ジャクモンティーなどの樹種を選ぶことで、庭の風情が増すでしょう。
同じ樹種でも株立ちを選ぶことで印象が変わる場合もあるので要チェックです。

芝張り後のアオハダ

 

印象的な出で立ち!単幹で育つ樹種はこれ!

単幹で育つ樹木にもたくさんの種類があります。
花や実を楽しむことができるハナミズキやヤマボウシはシンボルツリーとしても定番です。
春に木いっぱいの花をつけるコブシやモクレンは白だけでなくピンクや紫の花をつける種類もあり、華やかに庭を彩ってくれます。
和風の庭にも洋風の庭にも映えるモミジも人気があり、秋の紅葉がひときわ美しいイロハモミジや、春先の芽生えと秋に葉が紅くなるノムラモミジもインパクトのある樹木です。

単幹の樹木は時間が経つにつれ大木に育つ可能性があります。
そのため存在感が大きく、落葉樹を選ぶと冬の葉のない姿が寂しいと思う人もいるようです。
そんな時には、常緑のシマトネリコやモチノキがいいかもしれません。
しかし、シマトネリコやモチノキは寒い地域では育てにくい樹木です。
寒い地域では、寒さに強い落葉樹のカツラを植え、秋に黄色に変わる葉色を楽しんだ後には、野鳥の餌代などを設置して違った楽しみ方をするのもいいでしょう。

シマトネリコ

 

樹形や植える位置も大切!庭木を植えるときには長い目で!

庭木を植えるときに注意したいこととして、樹形や植える位置があります。
庭木は1度植えるとたやすく移動することができません。
しかも、生きた植物ですから成長に伴い、次第に大きくなっていきます。
定期的な剪定である程度形を整えることは可能ですが、その樹木本来の樹形や株立ちか単幹かなどの仕立て方も考慮して植えたいものです。
例えば、隣地際などに植えると日陰になりやすく、樹種によっては日照や落ち葉などが問題になるかもしれません。ほかにも、エアコンの室外機近くなどの過酷な環境に植えると枯れてしまうこともあります。

このように、樹木を植える際には見た目のバランスだけでなく、これから長い時間を掛けて成長していく樹木と環境との兼ね合いも考え、場所に適した植栽をすることが大切です。

 

インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
LINEからお庭相談する メールフォームからお庭相談する
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら