お庭ができるまで

移動中ふとアカシアが咲いているのが目に入りました。
もう春ですね。
今は二十四節気の「雨水」、七十二候の「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」です。
春になると庭仕事も忙しくなりますが、ガーデンプランナーがどの様にお庭を作っているのかご紹介します。

ヒアリング

先ずはお庭を検討しているお客様とのお打合せ。
ご要望を聞き理想のお庭をイメージ共有していきます。
店舗であればカタログや現物、サンプルをお見せしながらイメージを膨らませていきます。
現場であれば実際の位置関係やサイズ感などをリアルに感じてもらえます。
このタイミングでお客様と話し合いながらデザインのイメージを固めます。
全体の中でも大事な作業ですのでお客様の想いを最大限汲みとれるよう注力しています。
その中でより良くなること、出来ないことを確認し伝えていきます。
より良くなる事は多々ありますが、引き出しの多さと経験値でプロならではの提案力でより良いお庭をご提案していきます。
出来ない理由は物理的なものだけではなく、ご予算的な場合もあります。
ですのでお客様にはご予算を決めていただくことも重要なこととなります。

デザイン

お客様からのヒアリング内容をもとにつくったプランナーのイメージを誰がみてもわかりやすいようにデザイナーが図面に落とします。
これをもとにお客様に最終判断していただく資料となるので大事な作業です。
パースはCADで立ち上げるだけのような単純なものではなく1件ごとにカスタマイズして作成していきます。
結構大変な作業です。

ご提案

お客様に図面をもとにプランを提案しコストを確認していただきます。
エクステリアから高木、下草までのトータルコーディネートがインナチュラルの強みでもあるので全体のバランスを重視してご提案します。
完成イメージをすり合わせる作業となりますが、実際には現場調整もありますので幅を持ってご理解いただくよう努めています。
内容によっては多少修正をかけていくこともあります。
内容にご納得いただければ工事の準備に入ります。

施工

工事に入ります。
エクステリア工事のあとに植栽工事ですが、全ては一つのお庭の完成へとつながっていますので植栽位置などを確認しつつエクステイリア工事も進んでいきます。
決してエクステリアと植栽を別物では考えません。
現場作業中には様々なことが起こります。現場調整にて修正をかけていくこともあります。

お引き渡し

工事終了後にお引渡しとなりますが、本当の完成は数年後です。
植物は成長するので最初は間隔をあけて植栽しています。
イメージどおりになるのまでには通常管理をして3年後くらいをそうていしております。
その間なにかお悩みがあれば店舗もありますのでアフターフォローさせていただいております。

いかがでしたでしょうか。具体的な作業はもっと細かくたくさんありますが大まかに見てもこれだけの工程を経てお庭は完成します。
素敵なお庭は一朝一夕には完成しません。
お客様だけでも私達だけでもできません。
家は作ってから価値が下がっていきますがお庭は作ってから価値が上がっていくものです。
共に考え作り、育てる楽しさを共有できることを願って日々お庭を作っています。

インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
LINEからお庭相談する メールフォームからお庭相談する
ガーデンデザイン部の施工事例はこちら