機能的でおしゃれ!マルチングで観葉植物の土隠し

こんにちは。IN NATURAL STYLE編集部です。

観葉植物をインテリアとして飾っている人も多いのではないでしょうか。
ただ、土が目に触れてしまうため、置くことに抵抗を感じる人もいるようです。
確かに、土が見えている状態は、あまりおしゃれではないことと、衛生面でも気になります。
そんな悩みを解決してくれるのがマルチングです。
「マルチングについて知りたかった」
という人の参考になるように、マルチングの方法や材料、メリットとデメリットについて解説します。

マルチングとはどういうもの?

マルチングとは、農作物や樹木、花木などが植えられている土を、ビニールシートワラポリフィルムシートなどの園芸資材で覆うことです。
略して「マルチ」ということもあります。
畑や農園で、黒や透明のビニールシートが土にかけられている光景を目にしたことはありませんか。
あるいは、売られている観葉植物の根元が、木のチップなどで覆われている様子を見たことがあるという人もいるかもしれません。
どちらもマルチングです。

マルチングをする目的は、いくつかあります。例えば、雑草が生えるのを防ぐことです。
畑や農園では、雑草が増えてしまうと、肝心の農作物に栄養分が回らなくなってしまいます。
あらかじめシートで土を覆っておけば、雑草が生えてくる心配はありませんし、除草作業に時間を取られることもありません。

そのほか、水分の蒸発や乾燥を防止する、地表面の温度を調節する肥料が流れ出てしまうことを防ぐ病気や害虫から作物を守るなどの目的で、おもに農作業で活用されています。
もちろん、植物を育てることにも役立つため、鉢植えにも取り入れられているというわけです。

マルチングに使える材料は?

マルチングなど、園芸や農作業で使う材料を「資材」といい、マルチングの資材には次のようなものがあります。

・バークチップ、ウッドチップなど

バークチップは、松の樹皮を乾燥させて砕きチップにしたもので、インテリアバークとも呼ばれます。
ウッドチップは、桜やヒノキなど、木材の破片を乾燥させて砕いてチップにしたものです。
どちらも天然の木から作られていますが、ウッドチップのほうがバークチップよりも細かい仕上がりになっています。
木材の質感を活かし、観葉植物全体をナチュラルに演出することが可能です。
また、木材によっては、ほのかな香りを楽しむこともできます。

・玉石、化粧石

天然の石から作られたものが、玉石や化粧石です。
化粧石の化粧は、「きれいに飾ること」を意味します。


石の大きさや形、色などは、さまざま。鉢の大きさや植物の種類に合わせて選んだり、ブレンドしたりすることも可能です。
玉石は丸みを帯びていますが、化粧石の中には角張ったものもあります。
自分の感性やアイデアが活かせる点も魅力のひとつといってよいでしょう。

・ココヤシファイバー

ヤシの繊維を細かい糸状に割いたものが、ココヤシファイバーです。
「ココファイバー」「ヤシファイバー」などということもあります。
簡単に使える上にセンスを感じさせる演出のできることが持ち味です。
そのため、ショッピングビルやホテルなどでの使用も多く見られます。

・苔、水苔、ドライモスなど

苔もマルチングとして使うことができます。
苔や水苔は、盆栽で目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。


日本的な風情を感じさせてくれるため、苔玉なども人気を集めています。
ドライモスは文字通り「乾燥させた苔」のことです。
サボテンなど乾燥を好む植物に使えるほか、インテリアとしてディスプレイすることもできます。

マルチングのメリット

いちばんのメリットは、土の部分をきれいに隠せることです。
マルチングをすることで、観葉植物をインテリアとして部屋の雰囲気に合わせやすくなります。
木材、石、ファイバー、苔など、さまざまなマルチング資材が揃っていることもポイントです。
部屋の雰囲気や観葉植物の種類に合わせて選ぶことができます。
そのほか、乾燥する季節には水分の蒸発を抑え、寒い季節には根元や鉢の内部を保温するという効果もあります。
また、マルチングをしていると水やりも安心です。
土に水やりをすると、土の状態によっては、水や土がはね返ってくることがあります。
しかし、マルチングをしていると、スムーズに水が吸収されていくため、はね返ることがありません。
部屋や服を汚さずにすむことは、メリットといってよいでしょう。

マルチングのデメリット

マルチングをすると見た目はおしゃれになるのですが、土の状態を確認することができなくなります
そのため、土が乾いてしまっても気づきにくく、水やりのタイミングがつかみにくいことはデメリットです。
数日おきに土の状態を確かめるようにするとよいでしょう。

また、バークチップなどの木材でマルチングをした場合、通気性が悪い状態にしておくと水分が抜けきらず、カビが発生してしまうことがあります。
虫がつくこともあるので、注意が必要です。
鉢を通気性のよい場所に置いたり、チップの乾燥状態を確認したりするようにしましょう。
チップを敷く際、厚くしすぎないこともポイントです。

マルチングで観葉植物を飾ろう

観葉植物のマルチングには、見た目をおしゃれに演出するほか、水分の蒸発や乾燥を防ぐといった機能もあります。
木材、石、ファイバー、苔などさまざまな材料から作られたアイテムが揃っていますから、植物や鉢のデザイン、インテリアに合わせて選ぶことも可能です。


観葉植物を育てるときは、ぜひマルチングの楽しさも味わってみましょう。