観葉植物の水やりは難しい!?コツ・方法をマスターしよう

水やり

こんにちは、IN NATURAL STYLE編集部です。
部屋に観葉植物があると、暮らしに彩りが生まれて気分も和みますよね。
ただ、毎日欠かさずに水やりをして、ちゃんと育てていたはずなのに枯らしてしまったことはないでしょうか。
実は、観葉植物が枯れてしまう多くの原因は間違った水やりにあるのです。
正しい水やりのコツをマスターして、末永く観葉植物を楽しみましょう!

水やりはタイミングの見極めが大切

観葉植物への水やりはたくさんあげればよいというものではありません。
まず、観葉植物に使用している鉢の大きさによって水やりを行うタイミングは異なってきます。
鉢が大きめである場合は土の量が多くなるため、土の乾きがゆっくりになります。
いろいろな大きさの鉢で観葉植物を育てている際には、一様に水やりするのではなく、大きめの鉢は少しタイミングをずらす必要があります。

水やりのタイミングは、土が乾いたときに行います。
土が乾いている状態は、土の表面がやや白っぽい茶色になり、手で触るとくっつかずにパラパラしています。
土の色は、水やりを行った後に日当たりの良い場所で土の状態を1週間観察していると変わってくることがわかりやすいでしょう。
水やり直後は黒っぽい色をしていますが、だんだん茶色、そして白っぽい茶色へと変化してきます。
表面が乾いてきたら土の状態に気をつけておく必要があるでしょう。

観葉植物を枯らさない水やりのポイント

観葉植物に水やりをする際は、与える水の量に気をつけなければいけません。
水は、鉢底の穴からもれ出るくらいの量をあげる必要があります。
その理由としては土全体に水分を行き渡らせること、土中に含まれるガスを抜くことが挙げられます。
鉢底から水が出ないほどの少ない量だと、鉢の上部分の土しか水分が行き渡らず、下の方は水枯れしてしまう可能性があります。
また、土中で植物の根が呼吸することで不要なガスが排出されますが、土の環境においてはあまりよい影響を与えるものではないので、水やりの圧力によって押し出す必要があります。

観葉植物への正しい水やりのポイントは、外の気候が良いときは屋外でたっぷりと与え、1時間程度水を切り、鉢底から水が出なくなったら屋内に戻すということです。
ここで水切りを十分に行わずに受け皿に水がたまった状態を放置していると、根腐れをおこしてしまい植物全体にそのダメージが拡大する可能性がありますので丁寧に行う必要があります。
屋内で水やりを行う際は、深く大きめな受け皿にあらかじめ移してから行いましょう。
屋外で行う場合と同様、1時間程度水を切って、鉢底から水が出なくなったら元の受け皿に戻します。

春~夏にかけての水やりの方法

観葉植物の多くは気温が30度前後で湿度が60%以上ある熱帯地方が原産です。
そのため、日本においては春から夏にかけての時期が、多くの観葉植物の生育時期となります。
春から夏は気温が高く土が乾きやすいため、土が乾いていたら水をたっぷりとやりましょう。
なお、土と一口に言っても、白っぽいもの、赤っぽいもの、黒っぽいものなど、さまざまです。
表面は乾いているように見えても、中は湿っている場合もあります。

土が乾いていることを判断するために、細長いワイヤーや竹串を土の中に入れてみるとよいです。
ワイヤーや竹串を引き抜いたときに先が湿っていたり濡れた土がついてきたりした場合は、中のほうはまだ湿っていると判断できます。
ワイヤーや竹串が濡れていない場合は、植木鉢の中が乾いている状態です。
このほかに、水を与えた直後の植木鉢の重さと土が乾いたときの植木鉢の重さを比較する方法があります。
ただし、これは持ち上げることが可能な大きさ、重さの植木鉢の場合のみに対応できる方法です。

水をやるときには、植木鉢の下から水が漏れだすくらいの量を与えましょう。
こうすることによって、植木鉢の中に新鮮な水と酸素を取り入れ、老廃物を外に出すことができるからです。
春~夏には外気温も高く、昼間に植木鉢に水をやると植木鉢の中が高温になってしまうため、朝晩の気温が涼しいときに水やりを行いましょう。
また、水やりしてもすぐに土が乾いてしまいがちなため、朝晩の2回にわたって水やりをするとよいです。

秋~冬にかけての水やりの方法

秋~冬になると、多くの観葉植物は生育が止まります。
この時期には、根っこから水を吸い上げる速度や量が減り、土の水分の蒸発も生育期と比べて遅くなるのが特徴です。
特に、真冬は観葉植物を生長させることよりも枯れないようにすることを主眼に置いた手入れが必要となります。
そのため、水やりをする際には土が乾いてから2~3日経ったあとにたっぷりと行いましょう。

また、寒い時期は朝晩の気温も下がって土の温度も下がるため、暖かい日中に水やりをすることがポイントです。
冷たい水をやると、根の部分にダメージを与えることがあります。
水温が低いときには、水にお湯を混ぜ合わせて温度調節をして、少しぬるめの水を与えるようにしましょう。
また、冬の室内はエアコンを付けることが多く、空気が乾燥しがちです。
このとき、室内に置かれた観葉植物の葉も乾燥しがちになります。
乾燥を防ぐためには、水やりを行うよりも葉の表面に霧吹きで水分を与えるようにすると効果的です。

旅行中など不在時の水やりの方法

旅行などで不在にする場合の水やりは、不在にする日数によって対処の仕方が異なります。
1~3日程度の外出であれば、出かける前にたっぷりと水やりをしておきましょう。
観葉植物を日なたに置いておくと水分が蒸発してしまいやすいため、直射日光が当たらない日陰になる場所に移動させておくことがポイントです。
4~5日間にわたって不在にする場合は、自動水やり器を利用しましょう。
100円均一のお店に行けば、ペットボトルに装着することができる自動水やり器を手に入れることができます。
2リットルのペットボトルに装着しておけば、十分に持たせることが可能です。

水を好む植物なら、鉢皿を用意してそこに水を張っておくことでも対応できます。
ただし、この方法は常に植物が水に浸かった状態になるため、乾燥を好む植物には向きません。
1週間ほど不在にする場合は、水を満たしたペットボトルやバケツに麻ひもの片方を入れ、もう片方を植木鉢に挿しておきましょう。
麻ひもが水を吸い上げて植木鉢に給水してくれます。
不在にするときに自動給水を行う場合は、万が一地震などが来た場合などに備えて、ペットボトルが倒れないようにしておくことが必要です。
あらかじめ、浴室など濡れても構わない場所に植木鉢を移動しておくのもひとつの方法でしょう。
また、せっかく給水装置を作っても、うまく作動しなければ意味がありません。そのため、出かける前にきちんと作動するかを確認しておけば安心です。

葉水で観葉植物を元気に!

観葉植物への水やりの方法で押さえておくべき方法の一つとして、葉水が挙げられます。
葉水とは、霧吹きスプレーを使って葉や茎、幹に直接水をかけることです。
葉水を行うことは葉がイキイキとしてくる他、病害虫防止や湿度調整が行えることなどの観葉植物にとってのメリットがたくさんあります。
観葉植物の多くはその自生地の環境の特性上、湿度を保つ必要があります。
葉水を行うことで根から吸う水分の不足分を補うことができるので、できれば毎日行いましょう。
ホームセンターなどで販売されている加圧式の霧吹きスプレーなら、毎日の葉水が楽になります。
加圧することで、スプレー容器の内圧が下がりきるまで霧吹きを行ってくれるので手が疲れません。
観葉植物を多く育てている人にはおすすめです。

観葉植物の水やりの注意ポイント

観葉植物の水やりにはその他にも注意すべきことがあります。
一つ目は、6月~8月の暑い時期には9時~18時の時間帯は避けるということです。
特にベランダや直射日光が当たる場所で観葉植物を育てている場合は、このことに十分留意する必要があります。
直射日光が当たる時間帯に水やりを行うと、土の中の水分が蒸発することで発生する熱によって、葉に大きなダメージを与える恐れがあります。
二つ目は、水やりの時間帯をあらかじめ設定しておき、いつも決まったタイミングに行うということです。
こうすることで、観葉植物にとってはストレスがより少なくなり成長しやすい環境を整えることにつながります。

観葉植物の種類によって、水を好むタイプのものと乾燥に強いタイプのものがあります。
基本的に、春~夏と秋~冬では、同じ観葉植物でも水やりの仕方は変わりますが、植物の種類によっても水やりの仕方は異なるものです。
特に、乾燥を嫌うタイプの観葉植物の場合は、乾燥させすぎると葉が落ちてしまったり葉の先が乾燥してしまったりして、元に戻らなくなります。
そのため、土が乾ききる前に水やりをするようにしましょう。
冬にはあまり水を欲しがらない観葉植物も多いため、必ずしもすべての植物に毎日水やりをする必要はありません。
冬に水やりをしすぎると、品種によっては根腐れを起こすことがあるため注意が必要です。
土の乾き具合だけでなく、葉につやがあるか、しなびた感じになっていないか、幹の状態はどうかなどを総合的に判断して水やりをするタイミングをつかみましょう。

正しい水やりの方法をマスターして観葉植物をもっと楽しもう!

さほど育てるのに手がかからないと思われる観葉植物ですが、水やりの仕方一つでその寿命も変わってきます。
観葉植物への水やりはただ機械的に定量を与えるというものではなく、まず土のコンディションを確認してみることから始めましょう。
表面が乾いていても、土の中にはまだ水分を含んだ土が出てくることがあるので、水やりを行おうとする前に一旦土をかき分けてから判断することをおすすめします。
さらに、葉の状態から水やりのタイミングがわかることもあります。
水やり直後の葉は、ピンとしていて上に45度くらいの角度を向いていて元気そうに見えますが、水を欲していると考えられるときはやや張りがなくなり、下を向いています。
土の状態ではタイミングがつかめなかったときに、葉を見てみるとよいでしょう。

正しい水やりには多くのポイントがありますが、大切に育てているとそれだけ愛着も湧いてくるものです。
観葉植物への水やりについてよくわからないという場合には、「IN NATURAL」の店舗でスタッフが親身に相談に乗りますので、ぜひ気軽にお越しくださいね。