目的別で探してみよう!よく見かける代表種の庭木

こんにちは。IN NATURAL STYLE編集部です。

引っ越しなどで新しい庭を造るとき、庭木を植えることを検討する人も多いでしょう。
もしも庭が狭い場合でも心配は要りません。
植えるスペースに合わせて、庭木にもさまざまな種類があります。
庭に木を植えるとアクセントにもなり、癒し効果も得ることができて、日常生活にも潤いを与えてくれることでしょう。
ここでは、目的別で考える庭木の選び方について解説します。

花や果実のつく庭木で四季を楽しむ

庭木の中で、花や果実のつくものであれば鑑賞や収穫もできて、癒しの効果も得られます。
果実を食べられるものであれば、季節ごとの楽しみも増えることでしょう。

まず代表的なものとして、
があります。梅は花も実も楽しめる庭木です。
花は香りが良く果実は梅干しや梅酒、ジャムなどにして楽しむことができます。
ヤマボウシも、花も実も楽しめます。
果実はそのまま食べても冷やして食べても美味しく、淡黄色で小さい花が咲く庭木です。
サルスベリは、ピンクの花が象徴的な庭木です。
開花期間が長いので、それだけ長く楽しむことができます。
椿は、赤や白、ピンクなどの色のバリエーションが豊富です。
生垣にすることもでき、実用的な庭木です。
クチナシは低木ですが、香りが良いことで知られています。
果実は栗きんとんの色付けなどに使うことができます。

花の香りを楽しむ庭木を選ぶなら?

庭から良い香りが漂ってきたら、癒しの効果も増すでしょう。
花の香りによって、庭で季節を感じることもできます。

キンモクセイは、香りの良い庭木の代表格といえるでしょう。
近くになくても強い香りを感じられる花は、本格的な秋の訪れを感じさせてくれます。
ロウバイは、ロウソクのように透明な黄色い花が咲きます。
冬の厳しさが過ぎる頃に春の訪れを知らせてくれる花は、上品な香りで癒しを与えてくれます。
フジは、垂れ下がる紫色の花が綺麗です。
棚を作らなくても楽しむことができます。
晩春から初夏にかけて咲く花は、ほんのりと良い香りが漂います。
ヒイラギは、クリスマスリーフでの使用など、葉の印象が強い庭木です。
秋から冬にかけて咲く白い花は、控え目ながら甘い香りがします。

花の香りを楽しむ庭木のうち、強い香りがするものを植える場合には、近所に対しての配慮も必要です。
中には香りが苦手な人もいますので、植える前に一言断りを入れておくと安心です。

庭木を目隠しにするという方法も

庭木には、目隠しとして使う方法もあります。
もみじは、紅葉も楽しめる庭木です。
庭にもみじの木が1本あることによって、四季の彩りも楽しむことができる存在感の強い庭木といえます。
ゴールドクエストは、何本か並べて植えることも多い庭木です。
葉は黄緑色で美しく、クリスマスツリーとしてもよく使用されます。
湿気に弱いため、剪定などの手入れを欠かさず行うことが肝心です。
レッドロビンは、赤みの入った葉がきれいな庭木です。
剪定をすると、季節に関係なく赤い新芽が出てくるので、綺麗な赤い葉を楽しみたい場合は適度に剪定を行うとよいでしょう。
生長が早いので、比較的早い段階で垣根を作ることが可能です。

庭木を選ぶ際に気をつけることって?

庭木を選ぶ場合には、注意が必要な点もいくつかあります。
まず、植える場所によっては、隣家に枝がはみ出さないように注意しなければなりません。
枝切りや剪定を行って、常に手入れをしておくことが必要です。
次に、害虫予防も確実に行うことが肝心です。
害虫が発生すると、自宅の庭だけでなく周囲の樹木にも悪影響を及ぼす可能性があります。
そして、品種や地域によって寒さ対策も行う必要があるでしょう。
寒さに弱い品種や、寒さの厳しい地方の場合には、寒さによって庭木に元気がなくなってしまいます。
最後に、狭い場所に庭木を密集させないよう配慮も必要です。
樹木が密集することによって、虫の温床になる場合もあります。
庭木を元気に育てるためにも、注意点を守って庭木を選びましょう。

庭木にはメリットがこんなにたくさん!

庭木を植えることによって、たくさんのメリットがあります。
季節の移ろいを楽しめる点が、まず1つ目のメリットです。
庭木の花や実、紅葉などによって季節を知ることもできます。
そして、香りや果実を楽しめることもメリットとして挙げられます。


香りで癒されたり、果実を食べたりして楽しむことができれば、家庭での話題づくりにも役立つことになるでしょう。
また、同じような建物が並んでいる場合には、特徴的な木を植えておくことで我が家の目印にすることもできます。
たとえば友人を招待するときなど、場所とともに「特徴的な庭木のある家」と道案内で伝えておけば、訪ねてくる友人が道に迷う心配も少なくなり安心です。

目的別ならオンラインショップが探しやすい

庭木を選ぶ際には、それぞれの庭の広さや形状によって品種も変わってくるでしょう。
好きな果実や好きな花など、好みによっても選ぶ品種は変わります。
低木でまとめる方がいいのか、それともシンボルツリーとして高木を植えるのかなど、目的に合った庭木を選んで理想的な庭を演出しましょう。

庭木を目的別で選ぶのであればオンラインショップで選ぶ方法がおすすめです。
選択肢も多いうえに、それぞれの特徴も記されているため、庭に植えた際のイメージも浮かびやすくなるでしょう。