観葉植物が枯れるのはなぜ?知っておきたい原因別の対策方法

一生懸命育てていても、観葉植物が枯れてしまうということはあるものです。
中には、家で育て始めるとすぐ枯れてしまって悩んでいる人もいることでしょう。
水を長い間あげ忘れたなど思いあたる理由がないのに枯れてしまうと、不安になるものですよね。
観葉植物が枯れてしまうのには、必ず理由があります。
そこで、ここでは枯れてしまう主な原因と対処法について解説します。

 

水やりに問題があるケース

毎朝必ず水を与えているという場合でも、水が原因となって枯れてしまうことはあります。
観葉植物は種類によって水やりをするべき頻度に差があるからです。
たとえば、水やりの頻度が少なすぎて枯れるときは、葉が下に垂れたり丸まったりします。
逆に、水を多くやりすぎて根腐れしているときには、葉の表面にカビが生えたり、葉が黄色や茶色に変色したりすることが通常です。
根腐れとは植物の根が先端部から腐っていき、その状態が幹にまで広がって枯れていく状態をいいます。

観葉植物にどちらかの症状が見られる場合には、適した頻度で水やりをしていないことが枯れた原因となっていることが考えられます。
このため、水やりを植物の種類に合わせて加減することが対策となります。
冬場であれば、カレンダーなどで水やりの頻度をチェックすることも良い方法でしょう。
また、根腐れに対しては、受け皿や鉢カバーに水をためっぱなしにしないようにすることも重要です。

 

日当たりに問題があるケース

植物が成長するために必要なものとして空気や水などとともに挙げられるのが太陽の光です。
屋外で育てる植物と比べて室内で育てる観葉植物に対しては、特に日光不足とならないように意識的に日当たりのよい場所へと移動させる人もいます。
ただし、観葉植物の種類によって日光を好むものと好まないものがあるため、置く場所には注意が必要です。
過剰に日を当てることで枯れてしまうケースもあります。
たとえば、夏の直射日光に当ててしまった場合には、葉が茶色くパリパリと乾いた状態となります。
観葉植物にこのような様子が見られるなら、直射日光を避け、レースのカーテン越しとなるように置き場所を選ぶようにしましょう。

逆に、日光を好む種類であれば、日光不足によって枯れてしまうこともあります。
葉の色が黄色や茶色に変色したり、色の薄いヒョロヒョロした株になったりしたら、日当たりの良い場所へと移動することが必要です。
ただし、日当たりにも強弱のレベルがあります。
きちんと太陽の日が差し込む場所が適しているのか、明るい日陰程度が良いのかなど、種類に適した対策をとることが大切です。

 

温度に問題があるケース

そもそも観葉植物とは、熱帯地方や亜熱帯地方に自生していたものを観賞用に鉢などへ植えたものが多いです。
高温多湿な気候を特徴とする熱帯地方が原産で寒さが苦手な観葉植物は、夏の暑さには強い一方で、冬場の冷気に当たると葉が黒ずんでしまうことがあります。
窓を閉めていても、葉が窓に触れているだけで、ガラスの冷えから葉の変色をおこしてしまうケースもあるのです。
また、冬に限らず、夏にエアコンを使用している場合にも注意が必要となります。
エアコンの冷気が当たることで急に温度が下がるうえ、葉が乾燥してしまうことによって枯れの原因を引き起こしてしまう可能性もあります。

このため、エアコンの風を直接当てないように気を付けるようにしましょう。
また、窓際や扉の近くに置くときは冷気が当たらないように少し離しておくなどの対策を取ることも重要です。

 

病気や害虫が原因のケース

日当たりや水やり、温度など観葉植物を育てるための環境に問題がないにもかかわらず葉が枯れてしまう場合には、病気や害虫が原因となっている可能性があります。
病害虫の予防法としては、水やりが減る冬場でも、葉水(はみず)を適度に与えることが有効的です。
葉水とは霧吹きで植物の葉や茎に水を吹きかけることをいいます。

観葉植物の自生地である熱帯地方では湿度が高く、空中に水分が多くあることが通常です。
このため、温度調整を行い、乾燥を防げる葉水を与えることは、観葉植物にとって好ましい環境に近づけるために効果的な対策となります。
根からでは吸収しきれない水分を葉から得て植物全体に巡らせることができるからです。
必要な水分をバランスよく十分に摂取することで病害虫に負けない強くて丈夫な観葉植物になることができます。
さらに、葉水を与えると葉の上に積もったホコリを取り、光合成の邪魔をなくすことができるという点もメリットとなります。
霧吹きで与える水は、常温のものを使用し、吹きかけた後に水が粒にならないくらい、うっすら濡れる程度の量を目安としましょう。

 

急激な変化にも弱い植物

観葉植物は、急激な環境の変化に弱いデリケートな植物です。
暗い場所から明るい場所に出した場合や、暖かい場所から涼しい場所に動かした場合などでもストレスとなり、葉が落ちてしまったり枯れてしまったりすることがあります。
観葉植物を置く場所を移動しなければならないときには、徐々に環境を変えるようにして、急激な移動は避けるようにしましょう。
暑い日にエアコンを使用して気温を急激に変えることにも注意が必要となります。

 

枯れてきてもあきらめずに対応を

観葉植物が枯れてきてしまっても、すぐに諦めてはいけません。
枯れてきたときの対処法としては、植物の種類により、剪定や植え替え、挿し木、水やりの調節など取る方法はいろいろと考えられます。
ただし、そういう状態に陥らないようにするにこしたことはありません。
そのため、植物が枯れる原因を頭に入れ、枯れないようにするための対策を事前にきちんと取っておくようにしましょう。
正しい方法で愛情いっぱいに育てれば観葉植物は元気に育ってくれるでしょう。