春から始める紫外線対策!お出かけに役立つ便利アイテムのご紹介

こんにちは、バイヤー神谷です。
桜もほころんできた今日この頃、日毎に春らしくなってきてウキウキな毎日ですね。
日差しが強まってくると、気になってくることが「紫外線」。
皆さんはどんなケアをされていらっしゃいますか?
本日は紫外線についての簡単な知識と、今すぐ日常に取り入れて頂けるアイテムのご紹介などさせて頂きます。

もっと知りたい、紫外線について

紫外線とは何?肌への影響ってどんなことがあるの??

出典:環境省 紫外線環境保健マニュアルより

紫外線とは地球に到着する太陽光線の中で、波長が短くエネルギーが高い光線のことです。
よくUVケアという言葉を耳にしますね!
こちらは紫外線の英語表記(UltraViolet)の略になります。
そして、紫外線にはA波、B波、C波という3種類があり、地球に届いているのはA波、B波の2種類。
C波は現在はオゾン層に遮られ、地上に到達していないとされていますが、今後オゾン層が破壊されるようなことがあれば気をつけなければいけなくなる可能性もあります。
気になるお肌の影響ですが、B波は皮膚ガンの原因や眼に有害とされています。
A波はB波ほど有害ではないのですが、長く浴び続けると細胞を傷つける為、シワやたるみといったお肌の老化原因となります。
日光浴など、健康的なイメージがあったのですが、、ちょっと気をつけないといけないですね!

いつから気をつけたら良い?紫外線ケアの始めどき

紫外線は気をつけないといけないことはわかったけど、夏の話でしょ?まだまだ先じゃんというお嬢様方、、、実は春の紫外線って意外と侮れないのです!
皆さんの認識通り、冬は紫外線が一年の中で一番少ない時期ですね。
その中で過ごしていたお肌は一年で一番明るい色で、紫外線に対してのほほーんと無防備な状態。
そこに降り注ぐうららかな春の日差し、、、実はUV-A波については既に夏と同じ位の紫外線量と言われています。
その為、びっくりしたお肌が自分を守る為に活発に働き、シミシワができやすくなってしまうのです。
という訳で、紫外線ケアは春が肝心ですね!
春を感じた瞬間にTODO強化リストに入れておきましょう。

うっかり日焼けしちゃった・・・そんな時の対策は?

朝は雨だったのに、昼過ぎから猛烈な日差しの中で外出予定があったり、寝坊してUVケアが出来なかったりと日常にうっかりはつきものです。
そんな時に効果的なケア方法も押さえておきましょう!

日焼け後の24時間以内が分かれ道!

うっかり日焼けしても、すぐにシミやシワになる訳ではありません。
紫外線を浴びると肌の内側にあるメラノサイトという部分でメラニン色素が作られ、それがうまくターンオーバー(新陳代謝)が出来なかったりするとシミ、そばかすになります。
つまり、ターンオーバーを促すことが大切なのです!

クールダウン→保湿→ビタミン補給→早寝の4段階でお肌をチューンナップ

まず、日焼け=ヤケドと捉えて頂くとわかりやすいのですが、まずは火照りや赤みが出ているようであれば、メイクを落として肌を清潔に整えた上で冷水シャワーなどでクールダウン。
その後は、たっぷりの化粧水でローションパックやシートマスクなどでの保湿がオススメです。
そこまで出来たら、後は体の中からもメンテナンスしましょう。
お肌の回復に役立つビタミンA、C、Eたっぷりのフルーツサラダやジュースを飲んで、しっかり成長ホルモンが出るように早々に就寝しましょう。

あると便利な紫外線対策アイテム

大切な顔を守るのは帽子が一番!

さっとかぶるだけでUVカット効果の高くておしゃれのポイントにもなる帽子。
インナチュラルでも様々なブランド、素材の帽子があります。

mature ha(マチュアーハ)

もの作りをこよなく愛するデザイナーが作り出す、神戸発祥の帽子ブランド。
かぶり心地にこだわり素材や縫製にこだわり生み出された帽子は、余分な装飾が削ぎ落とされ、今もこの先もずっと愛着の持てる1品です。

2019SS展示会風景。いつも素敵な発見ができます。
定番のBOX HAT。
細くしなやかなブレードを用いて熟練の職人さんがミシンをかけた帽子は、薄い箱にしまっても型崩れなどせずに、被ると一人一人の頭にそっと寄り添う逸品です。
新作はつば先がバイカラー(配色)になったモデル。
新素材。通常の1/3の細さのブレードを使用している為、衝撃のしなやかさと軽やかさ。

NAMIKI(並木伸好デザインルーム)

戦後まもない時代より50年以上帽子を作り続けているブランドです。
日本人の頭の形を研究し、日常で被りやすい帽子を提案。

意外と焼ける首、胸元にはストールとインナータートルを使って

顔や上には日焼け止めを塗ったり帽子や日傘で意識がいくのですが、意外とうっかりしてしまうのが首、胸元、うなじから背中です。
こちらへの対策としては、ストールや襟の高いタートルをインナーコーディネートとしてご利用頂くことがお勧めです。

外出時にはバッグに1枚あるとUVケア以外に冷房対策としても重宝します

二の腕の自転車焼けを防ぐ!アームカバー大活躍

ここ数年ですっかり定着した感のあるアームカバー。
シンプルですっきりしたデザインが主流となっています。

爽やかな綿麻素材のアームカバー。ゆったりしたデザインなのでくしゅくしゅっとさせたり、お好みにはなりますが、レッグウォーマーとしてもご使用可能です。

いかがでしたでしょうか。
春の日差しを楽しみつつ、しっかりUVケアを取り入れて健やかなお肌と健康状態を保ちたいですね♬
インナチュラルでは毎年4-5月にかけてお気に入りのお帽子を探される方がたくさんいらっしゃいます。
皆さまもお近くにいらっしゃった際はぜひお店を覗いてみてくださいね。
スタッフ一同お待ちしております!