歴史を知れば見方が変わる? 七夕に見る”ナチュラル”嗜好

七夕まつり

みなさんこんにちは。
歴史からナチュラルを発掘する担当、shioriです。
毎回適当な担当をでっちあげてますが、そろそろネタ切れしそうです。

さて今回はもうすぐやってくる七夕(たなばた)について掘り下げてみたいと思います。

 

七夕(たなばた)の名前の由来って知ってる?

七つの夕と書いて「たなばた」と読む。
冷静になってみると、ちょっと不思議じゃありませんか?
どう読んだらそうなるのさって疑問に思えてきますよね。

実は「七夕」という字と「たなばた」という読み方は全く無関係なのです。

「七夕」という字の由来

まず見慣れた字の方について説明しましょう。
本来「七夕」という字は「しちせき」と読みます。
これは五節句の一つです。

五節句とは、日本に伝わる季節の節目の風習です。
人日(1月7日)・上巳(3月3日)・端午(5月5日)・七夕(7月7日)・重陽(9月9日)で五節句ですね。
昔からたくさんの節句があふれていた中で、この5つが特に大切な節句「五節句」として江戸時代に定められたのだそうです。
なので本来は旧暦(日本の太陰暦)で季節の節目となる年中行事を行う日でしたが、今は新暦でもお祝いされています。

「たなばた」という読みの由来

では「たなばた」はどこから来たのでしょう?
もしもこの音に正確な漢字を充てるとすれば、それは「多那婆多」になると思います。
これは何かと言うと、古事記に出てくる単語です。
ちなみに日本書紀に出てくる表記は「多奈婆多」です。

しかし今「たなばたの漢字は本当は『棚機』でしょ?」って思った方もいるかもしれません。
もちろんそれも正解です。
「棚機」は日本古来の神事の一つで、棚機津女(タナバタツメ)と呼ばれる穢れを知らない乙女が、清い水辺にある機屋にこもって神様のために着物を織るというものだと言われています。
つまり機織り娘を指す言葉が「タナバタツメ」なのです。

そして古事記に登場する「多那婆多」もまた、機織り娘のことを指しています。

つまり最初に機織りをする娘のことを「たなばた」と呼ぶ習慣だけが存在していた
そしてそれを書に記すときその時々で様々な字が充てられたということなのでしょう。

ちなみに奈良時代、仏教の考え方が日本に入ってきたことで「たなばた」の行事の日が7月7日に定まったそうで、それから同時期に行われる七夕の節句と混ざっていったと言われています。

機織り

 

伝説が七夕(たなばた)に取り込まれるまで

さて、前章ではお節句の日と神事の日が7月7日に近かったために七夕と棚機が混ざったと説明しました。
しかし我々が知っている七夕(たなばた)にはもう一つ重要な要素があります。
そうです。織姫と彦星の伝説です。
(この伝説についておさらいしたい方はこちらの記事をチェック)

織姫と彦星は、日本に伝わる日本風の伝説です。
そしてその元になったのは、古代中国に伝わるある一つの伝説だと言われています。

元になった古代中国の伝説は牛郎織女(の伝説)と呼ばれており、これには織姫と彦星は出てきません
代わりに登場するのが「織女」と「牽牛郎」という二人です。
織女は日本の織姫、牽牛郎は日本の彦星にあたります。

この二人の伝説について詳しく記された殷芸さんの『小説』という書物を見ると、話の大筋は変わりません。
つまり日本に伝わる織姫と彦星の伝説は、設定と名前を日本風にした牛郎織女の伝説ということになります。
(なお現在中国に伝わっている牛郎織女の伝説は、だいぶ脚色が加わってドラマチックな物語になっているらしいです)

中国ではこの「織女」が機織りや裁縫を司ると考えられていたため「織女」に対して手芸の上達を願う祭事・乞巧奠が行われていました。
そのお祭りの日が7月7日(二人の会える日)だったのだそうです。

伝説と共に日本へ伝わってきた乞巧奠が、行事の日付をきっかけにして、融合していく。
織女が機織りを仕事とする娘なのだから、機織り娘を指す「たなばた」も、その中でまた自然と結びついていったのではないでしょうか。

夏の大三角形

 

季節を愛する心が七夕(たなばた)を生んだ

大まかに説明すると、このようにして、
七夕(たなばた)=七夕の節句+棚機+織姫と彦星(乞巧奠)
という図式は確立していったようです。
分解してみると一つ一つはバラバラに見えて繋がっているところがあるって、とても興味深いですよね。
筆者は、これも自然のど真ん中で季節を愛してきた日本人の成せた奇跡だと思っています。

日本人はいつの時代もあの手この手で季節を楽しむアンテナを張って生きてきました。
もちろん自然そのものも楽しむし、その時期に楽しいイベントを作ろう!という努力も怠りません。
だから一年中様々なイベントが存在します。

つまり七夕もその一つで、夏の終わりに去りゆく夏を惜しむ庶民の心が、神事も伝承も異国の行事も飲み込んでひとつのお祭りを作り上げた。
現在まで続いている七夕(たなばた)の根底にはそういう季節愛があるからこそ、今でも人々は夏が来るとつい七夕祭りをしてしまうし、短冊に願いを託してしまうのかもしれません。

私たちインナチュラルは、日々ナチュラルライフスタイルを提案しています。
その暮らし方の一つには「季節の移り変わりを楽しむ」ことがあると、筆者は考えています。
何かを楽しむために、区切りを設けるということはとても重要です。
ゲームは一日一時間。暗くなる前に帰ってきなさい。お昼休みはサッカーしようぜ!
どれも区切りがあるからこそ、その時間を惜しみながら全力で楽しめましたよね。

江戸時代に定められた五節句は、たくさんの節句の中から選り優られた季節の節目の精鋭たち。
そう考えると、もしかしたら五節句を大切にすることで、季節を全力で愛する心が深まるかもしれません

今年はアナタもぜひ、そんな意識で全力で七夕してみてはいかがですか?

五色の糸

 

七夕を全力で楽しむための、インナチュラルからのご提案

七夕の新習慣!観葉植物に願いを託してみませんか。〜第三回Instagram投稿キャンペーン〜

 

*こぼれ話*
ところで「織女」はこと座の1等星ベガ、「牽牛郎」はわし座の1等星アルタイルという星のことだというのは、皆さんご存知だったでしょうか?
実は中国にも古くから星座の概念があったのです。
なにも星座はギリシャの専売特許というわけじゃないのです。
............閑話休題。
要するにベガとアルタイルは天の川を挟んでほど近い距離にあり、共に1等星という非常に目立つ星であったために、人間の想像力を掻き立てたということですね。
これもまた人類が自然のど真ん中で生きてきた証の一つだと言えるのではないでしょうか。