夏を心から味わう!線香花火は自然の化身

こんにちは。日本の文化をナチュラルする、shioriです。
以前、大空に打ち上げる花火からナチュラルを見つける試みをしましたが、

梅雨が明けたら楽しみたい「花火」のおハナシ。

今回は日本人に馴染み深いもう一つの「花火」
線香花火を掘り下げてみたいと思います。

線香花火の簡単な歴史

線香花火って、手持ち花火セットの中に必ずと言っていいほど入っている定番の花火ですよね。
しかも多くの方がセットの最後にとっておいて、名残を惜しむように遊んでいるイメージがあります。
ショートケーキのいちご🍓みたい。

それほど愛されている線香花火の始まりは、寛文年間以降だと言われているそうです。※参考:『日本大百科全書』
江戸は徳川家綱(江戸幕府4代将軍。2代目に次ぐ影の薄さでお馴染み)の時代です。
全体的に「江戸幕府」のいろいろな部分が整備されて、社会全体が次の時代に突入していった頃ですね。
江戸城下のみならず日本全国の人々の心に余裕と安定が馴染んできたことで、手持ち花火という遊びを生み出したのかもしれません。

「線香花火」の名前の由来

線香花火に「線香」という名前がついているのは、この花火が生まれた頃の姿に由来しています。
なんでも最初期は藁の先にニカワで練った火薬を塗りつけて、香炉にお線香のように立てて火をつけたのだそう。
なるほど、私たちが知っている「線香」そのもののようにして遊んでいたんですね。

西日本の「スボ手」線香花火

現代の線香花火には2つの姿があります。
西日本で普及しているのは、生まれた頃の姿に近い「スボ手」の線香花火。
竹ひごや藁でできた柄の先に黒色火薬がむき出しで塗りつけてあります。
使うときは先を上げるので遊び方も生まれた頃に近いです。
(でも香炉には立てません。あくまで手持ちで遊びます)

実は線香花火発祥の地は藁が豊富にあった上方(関西)だと言われています。
香炉に立てて遊ぶなんて風流な遊び方からお察しの通り、最初に流行ったのは公家の間です。
それゆえ現代に至るまで関西では「スボ手」が主流なのです。

東日本の「長手」線香花火

一方、東日本で普及しているのは、筆者も馴染み深い「長手」の線香花火。
和紙(こうぞ紙)のこよりの先に黒色火薬が包み込まれています。
使うときは先を下げます。
なぜ紙のこよりに姿を変えたかというと、稲作が盛んではない江戸では藁を入手することが困難で、かわりに紙漉きが盛んだったためなのだとか。
確かに江戸の古地図を開いてみるとほとんど全部住居か役所か寺ですもんね。そりゃ藁とか無いはずです。

ちなみに紙のこよりは風の煽りを繊細に受けるので、最後まで楽しむのはお子様じゃなくても難易度MAX。
気が短いと言われる江戸っ子がよくやれたものだと感心します。

 

線香花火の一生には自然が詰まっている

さて、前回の打上花火記事のときに解説しましたが、当然のように線香花火もその姿を「火の花」に見立てられています。
しかし特徴的なのは、その例えられる植物が1つではないこと。
そう、線香花火には様々な「火の花」が詰まっているんです。

線香花火をじっくり遊んでみると、火の様子が少しずつ変わっていくのに気づくと思います。

線香花火の姿・壱「蕾」

線香花火の最初は蕾(つぼみ)から始まります。
これから開いていくたくさんの花の基となる、直径5mm程度の火球が作られるのです。
時折火花を飛ばしつつ、炎を飲み込み震えながら大きくなっていく火の蕾は、ついじっと観察しがちです。

線香花火の姿・弐「牡丹」

打上花火同様、火の蕾から最初に開くのは牡丹(ぼたん)の花です。
震える火球からパチッと音を立て徐々に大きく飛び出してくる火花が特徴ですね。
この火花はまだ数が少なく長めの軌跡を描くので、一枚一枚の花弁が大きい牡丹に見立てられるのでしょうか。
点で描かれていた打上花火の牡丹とはまた趣が異なります。

線香花火の姿・参「松葉」

牡丹の花弁がどんどん増えていくうちに、飛び出した火花自体の分裂も激しくなり、火球の周囲全体が火花で覆われるようになります。
この状態は松葉(まつば)に喩えられ、まさに日本の名木・松の姿そのものに見えます。
線香花火が一生のうちで最も華やかなタイミングですね。

線香花火の姿・肆「柳」

松葉の勢いが少しずつ収まると、パチパチと弾けていた火花がそれぞれ一本の軌跡を描くようになっていきます。
この状態は柳(やなぎ)に喩えらており、火花自体が弾けることはなくなるので、美しく枝垂れる柳とよく似ています。
松葉から一気に雰囲気が変わるため終わりが近いことを感じちょっと寂しくなる方も多いのではないでしょうか。

線香花火の姿・伍「散り菊」

柳のまま少し待つと、一度は落ち着いていた線香花火が再びほんの少しだけ勢いを持ち始めます。
柳の太い光の筋が少し上向きに飛び出すようになるのです。
このように一瞬だけ持ち直した火花は、その後一気に少数となり描く軌跡も小さく短くなってしまいます。
この状態が散り菊(ちりぎく)と呼ばれ、散り際の菊のような何とも言えない名残惜しさを醸し出します。

↓それではこの五変化を堪能していただきましょう↓

Japanese traditional fireworks. The movie 線香花火

最期は生まれた時と同じくただの火球に戻り、やがてぽとりと落ちてしまう線香花火の一生。
ほんの一分程度のそれに日本の美を見出す人も少なくありません。
かく言う筆者も柳〜散り菊にかけての姿が特に好きで、線香花火で遊ぶときは真剣に見守ってしまいます。

線香花火は自然の化身である

かつて筆者は、打上花火を「火で再現する花の姿」と結論づけました。
大空に咲く大輪の花はさぞ多くの日本人の心を魅了したことでしょう。
そしてほんの僅かな時間とは言え、まるで一つの花火大会を見るように一本で次々と姿を変えていくのが線香花火。
つまり線香花火とは「火で再現される自然が詰め込まれた自然の化身と言えるのではないでしょうか。
あの美しい花をもっと身近に!
と願いながら、実際に手元に再現するときはより多く自然を詰め込んでしまうなんて、日本人の根強い自然愛が感じられます。

もし今年も手持ち花火で遊ぶご予定がある方は、ぜひ線香花火で遊ぶ時にこの話を思い出して自然を見つめてみてくださいね。