おしゃれ!リビングにあう観葉植物って?

おしゃれ!リビングにあう観葉植物って?

リビングに観葉植物を置くと、それまで無機質だった部屋でもぐっとおしゃれになりますよね。
リビングに合う観葉植物にはどのようなものがあるのでしょうか。
リビングで育てることができる観葉植物が分かったら、育てるときの注意点をしっかりと守って部屋のアクセントにしましょう。
この記事では、室内照明でも大丈夫な観葉植物や、サイズごとにおすすめの観葉植物を紹介します。

小さいサイズで可愛く飾ろう

リビングに小さいサイズの観葉植物を置いてみると、とても可愛らしい雰囲気になります。

まず、ぷっくりとした葉が魅力的な多肉植物は乾燥にも強いことから、リビングで育てるには適しています。
多肉植物はバリエーションも豊富なため、寄せ植えなどでも楽しむことがおすすめです。
次に、ハート型の形が連なることが特徴のハートカズラは、別名「ラブチェーン」とも呼ばれており、背の高い鉢に植えたり、吊るしたりできるなど、さまざまな飾り方があります。

また、初心者でも育てやすい観葉植物といえば、ポトスが挙げられるでしょう。
実は、ポトスにもライムやマーブルなどの色々な種類があります。
部屋の雰囲気に合わせて、お気に入りのものを選んでみると良いでしょう。

続いて、卓上で観葉植物を育てたいなら、シュガーバインが育てやすく人気です。
シュガーバインはつるがどんどん伸びるため、形を整えるために伸びたつるをカットします。
このカットしたつるを水に浸けておくと、新芽が出てきてさらに数を増やすことができるのです。

最後に、ガジュマルはユニークな樹形が特徴で、机の上に置いても場所を取りません。
ガジュマルは「幸せの樹」とも呼ばれていることから、リビングスペースにはぴったりの観葉植物といえるでしょう。

小さな観葉植物

 

リビングのメインになる!

大きいサイズの観葉植物を置くと、リビングでも独特の存在感を放ちます。
大きいサイズの観賞植物の種類を知っておくと、選択肢が広がるでしょう。

まず、大きく美しい葉が特徴のクワズイモは、乾燥に強いことからリビングで育てる観葉植物としては最適です。
土中の芋が水分を蓄えていますので、水やりのしすぎに注意しましょう。

次に、フィカス・ウンベラータはインテリア雑誌などで紹介されることも多く、店舗などにも使われているおしゃれな観葉植物であり、インテリアにもマッチしやすいという特徴があります。

また、パキラは財をもたらす縁起物の観葉植物として人気です。
飲食店や美容院などの開業祝や風水のアイテムとして使われることもあるため、誰でも一度くらいは目にしたことがある観葉植物といえるでしょう。

さらに、エキゾチックな雰囲気が人気のモンステラは日陰にも強く、暗い部屋でも育てやすい類の観葉植物です。
生命力が強くどんな場所でも育てやすいことから、初心者でも簡単に育てることができます。

続いて、アレカヤシはリビングに置いておき、風が吹くとサラサラとした音がして南国気分が味わえる観葉植物です。
アレカヤシは半日陰でも育つといわれていますが、時々は日光に当てましょう。

大きい観葉植物

 

室内照明だけでも大丈夫!日当たりの悪い場所でも育つ観葉植物

リビングで観葉植物を育てるときは、光の当たり具合も気になるところです。
観葉植物を置く場所によっては日光が当たりにくいため、室内照明でも育つ観葉植物の種類を知っておくと良いでしょう。

まず、赤い花とハートの葉が可愛らしいアンスリウムはもともと日光を好む観葉植物ですが、室内で育てることも可能です。
アンスリウムには空気浄化の効果があるとともに、風水的には恋愛運をアップさせるといわれています。

また、乾燥と寒さに強いユッカは日陰でも育てられることから、比較的場所を選ばない観葉植物といえるでしょう。
ベランダでも室内でも育てることができる点が特徴です。

日陰の観葉植物

 

知っておこう!リビングで育てるときの注意点

リビングで観葉植物を育てるときには、いくつかの注意点を守るようにしましょう。

まず、植物を育てるときには「毎日水やりをしなければならない」というイメージを持たれがちです。
しかし、観葉植物に水をやるときは、土が乾いてから水を与えるようにしましょう。
土の表面を手で触ってみて、湿っていたら水やりは控えることがポイントです。

次に、受け皿に水をためないように気をつけましょう。
受け皿に水をためたままにしておくと、根腐れの原因となってしまいます。
また、観葉植物の葉には、エアコンの風を当てないように調整することが大切です。
エアコンの風を観葉植物の葉に直接当ててしまうと、葉が乾燥していたみ、枯れてしまうおそれさえあります。

加えて、普段はリビングで育てている観葉植物でも、時々日光に当てるようにしましょう。
観葉植物の中には、日陰に強いものもたしかにあります。
しかしながら、光合成をしている植物には太陽の光が必要なことはいうまでもありません。
そのため、観葉植物の長期的な生育を望むなら、リビングで育てる場合であっても、時には日光に当てる必要があると覚えておきましょう。

ただし頻繁に移動すると植物にストレスを与えてしまいますので、置き場所を帰ることなく太陽の動きで日光が当たる時間があるような場所に置くことが理想です。
どうしても普段から陽のあたる場所に置いておけない場合は、時々レースのカーテン越しに日光浴させてあげてください。

 

窓辺の観葉植物

 

観葉植物でリビングをおしゃれにしよう

緑色が鮮やかな観葉植物を置いていると、リビングが洗練されたおしゃれな雰囲気になります。
観葉植物といってもさまざまな種類があるため、自分の理想とするリビングに合うものを選ぶことが大切です。
お気に入りの観葉植物で、豊かな空間を作りましょう。

リビングの観葉植物