グリーンネックレスの知っておくべき知識や育て方

グリーンネックレス

おしゃれなお部屋に欠かせないのが「観葉植物」ではないでしょうか。
特に、丸い葉が鈴なりになって可愛らしい見た目の「グリーンネックレス」をインテリアに取り入れる人も多いです。
飾るだけでお部屋の雰囲気を明るくしてくれるグリーンネックレスを上手に育てるために、気を付けたいポイントはたくさんあります。
グリーンネックレスの基礎知識や育て方をしっかりと理解して、植物がお部屋にある生活を楽しみましょう。

グリーンネックレスの特徴は?可愛らしい葉が人気のひみつ

グリーンネックレスは、キク科の多肉植物です。
小さくてコロコロとした葉がたくさん茂ることから「緑の鈴」という別名で呼ばれることがあります。
やさしい緑色をしたビーズが数珠つなぎになっている見た目は、たくさんの観葉植物のなかでも特に可愛らしいと人気です。
グリーンネックレスは、地面をはうように成長していき、鉢から四方八方に長いつたを広げます。
見た目にも華やかで、吊るし飾りをするのにはもってこいでしょう。
とはいえ、グリーンネックレスは、比較的乾燥に強い品種の観葉植物ですが、上手に育てるのはなかなかに難しいとされています。
なぜなら、グリーンネックレスは、日本とは気候が大きく異なるアフリカ大陸原産の植物だからです。

アフリカ大陸の植物というと、強い日差しもへっちゃらだというイメージを持たれがちではないでしょうか。
たしかに、日当たりのよい場所はグリーンネックレスの生育に適しています。
しかし、強すぎる直射日光には弱いので、その点にも注意しながら置き場所を選ぶ必要があるでしょう。
日差しがそれほど強くない季節なら、ベランダなどの屋外でも問題なく元気でいてくれます。
真夏には、たとえばレースカーテン越しのやわらかな日差しがそそぐスペースに置くなどして直射日光から守りましょう。

グリーンネックレスの育て方は?

グリーンネックレスを上手に育てるために気を付けたいポイントをご紹介しましょう。

温かいアフリカ大陸原産の植物なだけあって、グリーンネックレスは寒さにはあまり強くありません。
その成長に適した温度は10度以上だとされており、この温度を下回ると、成長が止まってしまうのです。
この、成長が止まった段階を「休眠期」と呼びます。
また、気温が3度以下になってしまうと枯れてしまうので、グリーンネックレスを育てる際は3度以上の温度を保つようにしましょう。

グリーンネックレスは乾燥に強いのですが、湿度には弱いという特徴があります。
ですので、湿度の高い梅雨などの季節に水をやりすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまいかねません。
グリーンネックレスの水やりの目安は「土の乾き具合」です。湿気の多い季節は、鉢の土が十分に乾いているのを確認してから水をやりましょう。
また、根腐れを防止するためにも、受け皿にたまった水はこまめに捨ててあげることが重要です。
また、水やりのペースと量は、グリーンネックレスの成長のサイクルにも合わせて決定します。

グリーンネックレスは春と秋に成長し、夏と冬は成長を止める(休眠する)というサイクルを持っているので、休眠期の夏冬にはそれほど水を必要としません。
土の乾き具合をきっちりと確認しながら、夏は3日に1回程度、冬は1週間に1回程度のペースで水をやりましょう。
ちなみに、春から夏にかけての季節は、土が乾いたらたっぷりと水をやることが大切です。

また、グリーンネックレスを上手に育てるためには、土選びにも気を付けましょう。
グリーンネックレスは、水はけが良くて乾燥しやすい土を好みます。
ですので、その条件を満たす「多肉植物用」の土を用いての生育がおすすめです。

アブラムシからグリーンネックレスを守るには

グリーンネックレスの大敵として知られているのが「アブラムシ」です。
アブラムシは春から秋にかけて発生しやすく、ふと気づいたらアブラムシだらけ、といった状況はめずらしくありません。
そうなってしまうと、グリーンネックレスの可愛らしさや美しさも台無しです。
そうさせないためにも、アブラムシを効果的に駆除かつ予防する方法を知っておきましょう。
手軽で即効性があるのが、ホームセンターなどで販売されている、専用の「薬剤」を塗布する方法です。
アブラムシが少ないうちは、セロハンテープなどにくっつけて取りのぞき、そこに忌避剤を用いることで、その後のアブラムシの増殖をある程度は防ぐことができます。

グリーンネックレスがある部屋で、おしゃれな生活を楽しもう

丸く可愛らしい葉が人気のグリーンネックレスは、1つ飾るだけでお部屋全体の雰囲気をぐっとおしゃれにしてくれます。
温度や湿気、そして害虫などのダメージを受けないように気を配る必要はありますが、世話を頑張ったぶんだけ応えてくれるのが生きた植物の良いところです。
グリーンネックレスがすくすくと育っていけば、挿し木や水差しによって株を増やすこともできます。
先々までそうやって楽しめるというのも、グリーンネックレスを育てるメリットの1つでしょう。
グリーンネックレスを上手に育て、お部屋の雰囲気を変えるアクセントとして飾ってみてはいかがでしょうか。