とにかく丈夫!シェフレラについて徹底解説

シェフレラ

観葉植物には多くの種類があり、育成の際の注意点もそれぞれ異なります。
それをうっかり間違えて枯らしてしまったという人も多いのではないでしょうか。
また、忙しくて十分に世話をする暇がないといったケースもあるかもしれません。
そんな時におすすめなのがシェフレラです。
どういった点がおすすめなのか興味のあるという人のために、シェフレラの特徴や育て方など、その基礎知識について徹底解説をしていきます。

タフさが身上の観葉植物!シェフレラの特徴

シェフレラは台湾や中国南部原産の常緑性低木です。
低木とはいっても熱帯アジアやオセアニアなどを中心に約150種が存在しており、その中には樹高10メートルを超えるものもあります。

その中で観葉植物として親しまれているのがシェフレラ・アルボリコラとその亜種です。
園芸用に改良された品種であり、単にシェフレラと呼ぶ場合にはこれらの種を指すのが一般的です。

そして、シェフレラの特徴は数ある観葉植物の中でもトップクラスの丈夫さにあります。
もともと熱帯や亜熱帯に生息している植物ですから耐暑性が備わっているのはもちろんですが、耐寒性に関してもかなりのものです。
5度以上あれば問題はありませんし、それを下回っても氷点下にならない限りは耐えられるといわれています。
そのため、外気の入りやすい玄関先や温度管理の難しい店舗などに置くには最適です。

また、耐陰性にも優れ、あまり日光の差し込まない部屋でも育てることが可能です。
同時に、乾燥にも強く、少々水をやり忘れたぐらいで枯れることはありません。

以上の点からシェフレラは「枯らすことの方が難しい」といわれるほど丈夫な観葉植物として知られています。
ただ、注意が必要なのは水のやりすぎです。
あまり水を与えすぎると根腐れを起こしてしまう可能性があるのでその点だけは気を付けた方がよいでしょう。
特に、夏と冬に水をやりすぎるのは厳禁です。真夏に受け皿にたまった水が蒸発すると蒸れて根を傷める可能性がありますし、冬は成長が止まるので乾燥気味に育てるのがポイントとなります。
しかし、問題となるのはあくまでも世話をしすぎた場合であり、手間がかからない観葉植物であるということには違いありません。

初心者でも簡単!シェフレラの育て方

シェフレラの唯一の弱点といえるのが水のやりすぎです。
そのため、水の与え方だけは十分注意するようにしましょう。

まず、土の表面が湿っている間は水を与えず、乾燥した時点でたっぷりと注ぐのがポイントです。
ただし、冬場になると生長が止まるため、それに合わせて水の量も減らしていきましょう。
冬場に関しては、土の表面が乾いてから2~3日経過した後に水を与えるのがベストのタイミングです。
また、根腐れを防ぐために水はけのよい土を使うのも重要なポイントとなります。

それから、水のやりすぎは禁物ですが、霧吹きで葉や茎に水を吹きかける葉水は毎日行うようにしましょう。
葉に付着したホコリや汚れを落とすことで光合成効率のアップにつながりますし、見栄えもよくなります。
特に、冬場には乾燥対策として葉水は欠かせません。

その他に注意する点といえば、直射日光を避けることです。
時々日光に当てるのは生長を促進させる上で大切なのですが、いきなり直射日光に当てると葉焼けを起こしてしまう可能性があります。
外で日光浴をさせる場合には最初は半日陰に置いて徐々に馴らしてあげるのがよいでしょう。
そして、室内での配置場所はレースのカーテンなどで日光を遮った明るい日陰がおすすめです。

いずれにせよ、どれもたいして手間のかかるものではないので、初心者でも簡単に育てることができるでしょう。

シェフレラの天敵に要注意!乾燥を防いでハダニを遠ざけよう

気温が高くて乾燥しているとシェフレラにハダニが発生する場合があります。
体長は0.5ミリ前後の赤い虫で、名前はダニですが実際はクモの仲間です。
梅雨明けから夏場が発生のピークとなり、葉の裏に寄生してその汁を吸います。
すると、葉の色が抜けたり、育成が阻害されたりする恐れがあるのです。
普段は葉の裏にいるために気が付きにくく、そのままにしていると、葉の表に針の先くらいの斑点ができて白いかすり模様が広がってきます。
実際にハダニが発生すると、シャワーで洗い流したり、殺虫剤で駆除したりする方法がとられますが、できればそうなる前の予防が大切です。
ハダニは乾燥した場所を好み、水気は苦手です。
そのため、水やりの際に葉や茎にたっぷりの水をかけることで予防は可能になります。
もともと、シェフレラは病気に強く、害虫もつきにくいという性質があります。
普段から一定の注意を払っていれば、それらを防ぐのはそう難しいことではありません。

丈夫で手間いらず!シェフレラを使って素敵なお部屋作りを実現しよう

シェフレラは非常に丈夫な観葉植物です。
寒さにも乾燥にも日当たりの悪さにもかなりのレベルまで耐えてくれます。
そのため、手入れの仕方を間違ったり、忙しくて手入れを怠ったりしてもめったなことでは枯れません。
つまり、大した手間をかけなくても素敵なお部屋作りが可能となるのです。
部屋に観葉植物を置きたいけれど、うまく育てる自信がないという人はまずシェフレラを試してみてはいかがでしょうか。