9月の庭仕事

こんばんは。GDスタッフです。
9月始まって早1週間。朝晩が過ごしやすくなって、すっかり秋の雰囲気になりましたね。
今年の8月は日照が少なく、夏越しが心配な植物たちが意外と元気に過ごせたのでは?
しかし逆に雨も多く、乾燥気味が好きな植物が蒸れて枯れてしまった、ということも多いのではないでしょうか?
秋が長くなるのか、冬があっという間にきてしまうのか。
今日は初秋の9月にやるべき庭仕事を紹介いたします。

バラの夏剪定


四季咲きの品種は秋の花をキレイに咲かせるために、9月中旬ごろまでには夏剪定を行いましょう。
夏で成長したバラは葉をたくさん付けたでしょうか?
剪定した後にも光合成をさせるため、葉はなるべく残すように、3分の2程度の高さで全体を切ります。
夏に葉を落としてしまった場合は、できるだけ葉を残したいのでもっと上で切ります。

冬の剪定のように必ずやる作業ではないのですが、そのままだと高く伸びた細い枝先に小さい花が咲くだけになってしまいます。
今年は秋が早いので剪定も早めに。
花芽がつき始めているようであれば、今年はたくさんの花は諦めて、控えてもいいかもしれませんね。

タネの準備

来年の春の庭をイメージしながら、秋まき1年草のタネの準備をしましょう!
何色の花が咲いて、背丈がどれくらいになるか、などをチェックしながらタネを選びます。冬をすっ飛ばして春のイメージ。ワクワクする時間ですよね。

タネには直まきできるタネと移植をして育てるタネがあります。
直まきできる「ヤグルマソウ」など、個人的におすすめです。
こぼれ種でも増えることがあるので、毎年楽しめるようになるかもしれませんよ。

タネをまく適期は発芽温度など、植物それぞれのタイミングがあるので、時期を逃さないように気をつけましょう。

シクラメンの植替え

お店でもガーデンシクラメンが出てきました!
ご自宅で夏越ししたシクラメンは、今のうちに植替えしましょう。

休眠せずに葉を残している株は夏越し成功です。
根鉢をできるだけ崩さずに一回り大きい鉢に替えましょう。
球根が3分の1ほど表土から出るようにします。
すべて土の中に入らないよう、気をつけてください。

休眠した株は9月でも休眠中です。植替えをして起こしてあげましょう。

植え替えた直後は球根の頭に水がかからないよう、たっぷり水をあげましょう。
その後は鉢土の表面が乾きだしたら、球根ではなく土に水をあげます。
毎日様子をみて、乾かしすぎないよう、気をつけましょう。

台風対策


9月は台風シーズンです。いつ、どれくらいやってくるのか・・・予測をするのは難しいので、対策をしておいて損はありません。

植木は夏の成長で枝ぶりが良いままだと、風を受けやすくなってしまう恐れも。
風が抜けるよう、ある程度剪定しておきましょう。
鉢植えの大きな樹木も倒されてしまうかもしれないので、先に倒しておくという手もあります。

植えたばっかりの細身の樹木などは揺らされて根も動かしてしまうかもしれないので、支柱をしてあげると安心ですよ。

他にも寄せ植えの鉢など、飛ばされてしまう可能性があるものは事前に避難しておきましょう。

植物を元気に育てるには時期によって適切な管理をしてあげることが大切です。
植物の成長がガーデナーの喜びでもありますよね。
日常が忙しくても合間を見つけて植物に向き合ってみると、癒されてしまったり。
作業一つ一つは大変ですが、楽しみながら庭づくりをしましょう!

インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら