知っておきたい!観葉植物の正しい剪定方法

剪定

観葉植物をきれいに保つために必要な作業が剪定です。
剪定は、余分な葉っぱや枝を切り落として見た目をきれいにする作業になります。
水や肥料を与える日々の手入れよりも難しいイメージがあるため、剪定を行っていない人も多いでしょう。
お気に入りの観葉植物をいつまでも楽しみたいなら、正しい剪定方法を知っておきたいですよね。
ここでは、観葉植物を剪定する方法と注意点を紹介します。

 

観葉植物に剪定が必要な理由とは?

室内用の小型のものから庭に飾る大型のものまで、一般的に観葉植物は剪定を行うとよいといわれています。
剪定を行う理由は、見栄えや成長のためなどさまざまです。

余分な枝や葉を切るとすっきりとした印象になり、見栄えが非常によくなります。
剪定を行わず放置していると色々な方向に枝や葉が伸びてしまい、ぼさぼさとして粗野な印象を与えてしまうでしょう。
スタイリッシュなイメージに仕上げるのであれば、定期的に剪定を行う必要があります。

また、余分な枝や葉がなくなるので風通しがよくなり、病気になったり害虫が付いたりするのを防ぐ効果が期待できます。
取り込んだ栄養がしっかりと新しい芽や葉に行きわたるので、成長も促進できるでしょう。
水やりなど日頃の手入れの際に、こまめに枯れた葉を取り除くのも気軽に行えるのでおすすめです。

 

剪定を行うタイミングはいつ?

剪定に慣れていない場合は、どのタイミングで行えばよいのか迷ってしまう人もいますよね。
剪定を行う目安は、大きくなりすぎたときや、日陰で育ってひょろひょろと枝だけが伸びてしまったときです。
余分な枝や葉を落として見栄えを整えましょう。

定期的に剪定を行う場合は、植物が成長する時期にあたる5~7月ごろが適しています。
新しい葉や枝に栄養を行きわたらせ、成長を促すためです。
また、成長期の植物は切ったあとでも早く成長するので、万が一失敗しても調整がしやすいというメリットもあります。
剪定の経験がないなど不安な場合は、全体のバランスを考えながら少しずつ行うとよいでしょう。

切り口からは雑菌や害虫が入りやすいので、剪定を行う日は晴れているときを選ぶのがおすすめです。

 

どんなことに注意して剪定すればいい?

剪定を行う際に注意すべきポイントは、剪定用具を消毒する点と清潔な手で扱う点です。
どちらも植物の枝や葉を切る際に重要なポイントとなります。

枝や葉を切ったあとの切り口は細菌が侵入しやすい状態です。
不衛生なハサミなどで剪定を行うと細菌が入り、さまざまな病気を起こす可能性があります。
そのため、剪定を行う前にはハサミなどの用具を火であぶったり消毒したりして、細菌がついていない状態にしましょう。

切り口に触れる可能性がある自分の手も注意が必要です。
できるだけ細菌を落とせるように、きれいに手を洗ってから剪定を行う必要があります。
手が荒れやすい・かぶれやすいという人は手袋をはめて作業するとよいでしょう。

 

枝のどこを切れば上手に剪定できる?

実際に剪定を行う際、枝や葉のどの部分で切ればよいのか分からない人も多いでしょう。
剪定で切るべき場所を探すには、ポイントがあります。

切る場所の目安となるのが、観葉植物の幹に存在する生長点です。
生長点は、幹や枝の途中で小さく膨れている部分を指します。
細胞分裂が盛んに行われている箇所であるため、そこから新しい芽が生えてくる可能性が高いです。
生長点を傷つけてしまうと新芽も一緒につぶしてしまうため、生長点を避けて少し上を切りましょう。
きちんと生長点を残して切れば、思い切って剪定しても新しい芽が出て伸びてくるので安心です。

また、見栄えを考えながら枝や葉のバランスを整えるのも大事なポイントです。
生長点は1つの幹に複数存在するので、切ったあとはどんなシルエットになるのか想像しながら剪定を行いましょう。

 

剪定したあとに必要なケアとは

剪定を行ったあとは、切り口が早くふさがるようにケアをしなければなりません。
切り口に細菌の侵入を防ぐ薬剤を塗布したり、成長を促すために日光に当てたりします。

塗布する薬剤の種類には、癒合剤が挙げられます。
切り口に塗ると細菌が入りにくくなり、雨や風にさらされないので早く治る効果が期待できます。
日光に当てる際も、直射日光に当てないように注意が必要です。
真夏や日光の強いときに直接光を当ててしまうと、葉が変色してしまうでしょう。
レースのカーテン越しや日陰など、観葉植物の種類や特徴によって調整するのがおすすめです。

また、水やりは土が乾いているときに行って、暑い時間帯は避けるようにします。
受け皿に溜まった水は捨て、根腐れを防ぐことも大事なポイントです。
ゆっくり効果が出る固形肥料をメインに与え、10日~2週間に1度の割合で液体肥料も併用するとさらに成長を促せます。

 

まずは剪定にチャレンジしてみよう

剪定は観葉植物の枝や葉を切り落とす作業なので、初めて剪定を行う際は緊張してしまうかもしれません。
しかし、ポイントをおさえていれば慣れていなくても安心して剪定を行えます。
何度も剪定を行えば、コツも身についてくるでしょう。
上手に剪定を行うには、実際にチャレンジしてみるのが大切です。
定期的に剪定を行って、お気に入りの観葉植物を長く楽しみましょう。