【ワイヤープランツ】どんな特徴があるの?育て方は?

ワイヤープランツ

植物を飾って部屋のアクセントにしたいときには、ワイヤープランツがおすすめです。
日当たりが良い場所にワイヤープランツを置いておくと、室内でも簡単に育てることができます。
ワイヤープランツを飾って明るい部屋を作りましょう。
この記事では、初心者でも簡単に育てられるように、ワイヤープランツの特徴や基礎知識などを徹底解説していきます。

生育旺盛!ワイヤープランツの特徴とは

実際にワイヤープランツを育てる前に特徴を押さえておき、普段のお手入れに役立てましょう。
まず、ワイヤープランツは乾燥に弱い植物といわれています。
ワイヤープランツを部屋に置くときには、エアコンの風が直接当たらない場所を選んで置くように気をつけましょう。

次に、耐寒性にすぐれていることも特徴です。
ただし、育てるときには室内の気温が0度以下にならないように気をつけることがポイントといえるでしょう。
また、ワイヤープランツは耐暑性があるのも特徴ですが、室内で育てていても直射日光を当てていると葉焼けを起こしてしまう可能性があります。
室内で育てるのであれば直射日光の当たらない場所に置くことが大切です。
カーテン越しに日光を当てるなどの工夫をすると良いでしょう。

続いて、生育旺盛な点も、ワイヤープランツのいいところです。
例えば、冬の寒さで葉が枯れて落ちてしまっていても、根が生きていれば春に再び新芽を出し始めます。
さらに、ワイヤープランツは、その名前の通り細く茶色い針金のような枝を伸ばしていく植物です。
寄せ植えや挿し木など、さまざまな楽しみ方ができるというメリットもあります。

知っておこう!ワイヤープランツの正しい育て方

ワイヤープランツを正しく育てる方法を知っておくと、室内でも無理なく育てることができます。
まず、置く場所については、エアコンの風が直接当たる場所は避けるようにしましょう。
エアコンの風が葉に当たり続けてしまうと、葉が傷んでしまうおそれがあります。

次に、ワイヤープランツを育てるときには、年間を通じて半日陰で育てることがポイントです。
日光に当たった方が健康的な株になるのですが、葉焼けを起こしやすいことから直射日光の当たる場所は避けるべきといえるでしょう。
また、年に一回、春には地上部を切り戻し、形を整えることがおすすめです。
一年中剪定可能ですが、春が適期とされているため、春に切り戻しをすると覚えておきましょう。

続いて、ワイヤープランツを育てるにあたっては、土選びも大切です。
水はけのいい土を使うことによって、根腐れを防ぐこともできます。

注意!こんな病害虫からワイヤープランツを守ろう

ワイヤープランツを育てるときには病害虫にも注意して、順調な成長を見守りましょう。
気をつけるべき害虫をいくつか挙げます。

まず、ハダニは0.5mmほどで、黄緑や赤い色をしていることが特徴です。
ハダニは主に葉の裏側につき、葉を吸汁していきます。
ハダニに吸汁された箇所は白い斑点状になるため、病害虫の被害にあっていることがすぐに分かるでしょう。
ハダニをそのまま放置しておくと、枯れてしまうおそれさえあります。
ハダニは大量に発生する可能性があるため、ハダニを見つけたら殺虫剤を使うなどして早めに駆除するようにしましょう。

アブラムシにも注意しましょう。
2~4mmほどの害虫ですが、群生していることが多く、ウイルス病の媒介者といわれています。
そのため、アブラムシに吸汁されてしまうと、その部分からウイルスがワイヤープランツの中に侵入してしまうのです。
小さな株がアブラムシの被害にあったときは、そのまま枯れてしまう場合があるため、これも殺虫剤で駆除しましょう。

最後に、カイガラムシです。
3mmほどの小さな体をしており、白っぽい綿毛のようなものを背負っていることが特徴の害虫です。
カイガラムシに吸汁されてしまうと、ワイヤープランツの株が弱ってしまいます。
最悪の場合、そのまま枯れてしまうことがあるため、見つけたらすぐに駆除しましょう。

ワイヤープランツで素敵な部屋作りを

部屋に植物があると、それだけで気持ちが明るくなったり、癒されたり、元気がもらえたりするなどの効果が期待できます。

ワイヤープランツは、正しい育て方を知っておけば、室内でも十分に育てることができる植物のひとつです。
また、ワイヤープランツにもさまざまな種類があります。
例えば、葉がスペードの形をした「ワイヤースペード」や、葉にピンクと白の斑が入っている「ミューレンベッキア・スポットライト」などは代表的な品種であり、比較的簡単に入手することができるでしょう。
そのため、自分の好みのものや、育ててみたい品種を選んで、まずは気軽に育ててみることがおすすめです。

さらに、ワイヤープランツの育て方やコツを知っておけば、部屋のインテリアとしても長期的に楽しむことができます。
窓際などにグリーンがあれば、部屋のアクセントにもなるでしょう。
育てることに慣れてきたら、寄せ植えなどをして部屋を飾ってみると、育てる楽しみの幅も広がります。
お気に入りのワイヤープランツを育てて、部屋を美しく飾ってみましょう。