なぜカーネーションをあげるの?母の日の由来や花言葉

mothers-day-origin

毎年5月の第2日曜日は母の日です。
母親に真っ赤なカーネーションをあげたことのある人は多いでしょう。
しかし、母の日の由来について知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。
由来や込められた願いを知ることで、いつもの母の日がより特別なものに感じるはずです。

ここでは母の日の由来となった出来事や日本での始まり、色ごとに異なるカーネーションの花言葉などをご紹介します。

 

知っていますか?母の日の由来とは

母の日の歴史は古く、20世紀初頭のアメリカで始まりました。
ウエストヴァージニア州にアンナ・ジャービスという女性が住んでおり、彼女は自分を苦労して育ててくれた母親のアンさんをとても愛していました。

アンさんは経験なクリスチャンで、地域の衛生環境や医療を改善しようと奮闘したことで知られています。
彼女は「Mothers Day Work Club」というボランティア団体を結成し、南北戦争の時には敵味方の区別なく、病気やケガに倒れた兵士たちを救う活動を行いました。
また、戦争後は子どもの教育活動にも力を入れるなど、亡くなるまで人々のために貢献したそうです。

そんな母親が1905年の5月9日に亡くなり、アンナさんは深い悲しみに襲われます。
そして、尊敬する母親を忘れないよう「母親のための祝日」を作るための活動を始めました。
活動は多くの人の支持を受け、全米各地へと広がっていきます。(※1)
1914年にはアメリカ連邦議会で母の日制定が法律によって可決され、翌年1915年に施行されました。
このようにして世界で初めて、母親のための記念日が作られたのです。

 

日本で始まったのはいつ?

アメリカで始まった母の日ですが、日本にこの行事を広めるために貢献したのが、かつて青山学院で教鞭をとっていた3人の女性宣教師たちです。
日本の学校で校長を務めた経験のあるメアリー・J・ホルブルックは、アメリカへ帰省中に母の日の行事を目にし、日本へ持ち込んだとされる人物です。
彼女の亡き後、遺志を継いだのがマイラ・E・ドレーパーで、彼女は1913年に日本で初めて母の日の行事を開催しました。(※2)
その後、彼女の意思を受け継ぎ、ファニー・G・ウィルソンも母の日の普及に貢献しますが、実際には日本国内では認知度が低い状況でした。

1936年には製菓会社の森永が「母の日中央委員会」を設立し、翌年には豊島園で「第1回森永母の日大会」を開催しました。
この日は約20万人もの母親が無料で招待され、子どもたちとボートや遊具などで楽しく過ごしたそうです。
これがきっかけとなり日本全国に母の日の行事が定着していきました。(※3)
しかし、戦争が始まると、日本では母の日を祝うどころではなくなります。
戦後1947年にやっと母の日が制定され、毎年5月の第2日曜日を母の日として祝うようになったのです。

 

なぜ母の日にはカーネーションを贈るの?

母の日にはカーネーションを贈るのが定番となっていますが、なぜカーネーションなのでしょうか。

そもそも、アンナさんが亡き母親の葬儀の際に白いカーネーションを祭壇に飾り、列席者へ配ったことが始まりといわれています。
白いカーネーションは母親アンさんの一番好きな花でした。

母の日の行事が全国へ広まっていく際に、シンボルとなるカーネーションも一緒に広まりました。
その後生きている母親には赤いカーネーションを、亡くなった母親には白いカーネーションを贈る風習がありましが、その区別をなくして赤いカーネーションが定番となったようです。

フリルのような花びらが愛らしいカーネーションの花言葉は「女性の愛・感覚・感動・純粋な愛情」などです。
いつも温かく見守ってくれている母親にプレゼントするにはぴったりの花ですね。
カーネーションには赤だけでなくさまざまな色があるので、母親の好きな色の花をプレゼントする人も多いでしょう。
色ごとに花言葉が異なるので、知っておくと色選びも楽しくなります。

 

カーネーションの花言葉は色ごとに異なる!?

母の日にはやっぱり真っ赤なカーネーションを贈る人が多いですよね。
赤いカーネーションの花言葉は「母の愛・愛を信じる・熱烈な愛」などです。
プレゼントする時に花言葉も一緒に贈ると、感謝の気持ちが伝わりやすくなるのでおすすめですよ。
ピンクのカーネーション「感謝・気品・温かい心・美しいしぐさ」
「誇り・気品」「永遠の幸福」、またオレンジ「清らかな愛情・純粋な愛」となっています。
自分の母親のイメージに合わせて花を選ぶのも楽しいものです。

ただし、中には避けたほうがいい色もあります。
例えば白いカーネーションは亡くなった人へ贈ることが多いため、存命の母親には贈るのを控えましょう。
また、黄色のカーネーションの花言葉は「軽蔑・嫉妬・愛情の揺らぎ・友情」など、ネガティブな意味を含むものが多いので、記念日には避けたほうがいいでしょう。(※1)

 

母の日にはカーネーションに感謝の気持ちを託そう!

年に一度の母の日は、普段照れくさくて言えない感謝の気持ちを伝えることができる絶好の機会です。
普段ちょっとしたことでケンカが多くなってしまう人も、母の日には優しい気持ちになれるから不思議です。
母親は無償の愛で子どもを見守り育ててくれます。
たとえ高価なプレゼントを贈ることができなくても美しいカーネーションを贈ることで、「いつもありがとう」という気持ちはきっと伝わるはずです。