3月8日はミモザの日。女性にミモザを贈ろう

3月8日は国際女性デー。

1904年3月8日、女性労働者たちが婦人参政権を求めてデモを起こしたことを契機に、1910年に国連が「国際女性デー(International Women’s Day)」と定め、女性の平等な権利を願う日となりました。

引用元:https://jp.pinterest.com/pin/561401909784107130/

世界ではこの日、男性から女性に、日頃の感謝の気持ちを込めて花束を贈ります。
贈る相手は恋人や妻だけではなく、同僚、おばあちゃん、年齢問わず身近なすべての女性が対象。

特にこの日を大々的に祝っているのがイタリア。
同日イタリアは「FESTA DELLA DONNA=女性の日」と謳い、特別にミモザを贈る習慣があります。

引用元:http://urbanpost.it/festa-della-donna-2016-gli-auguri-dei-vip-italiani-da-alessia-marcuzzi-a-bruno-barbieri/

ところでなんでミモザなの?

終戦後、初めての国際女性デーにふさわさしい花は何かとイタリアの女性連合が考えたところ、この地に自生し、馴染み深い花であるミモザならば、貧富の差に関係なくどんな人も贈ることができるということで選ばれたそう。(なんて素敵な理由・・)
このことから、3月8日が「ミモザの日」とも呼ばれるようになりました。
やがてこの美しい風習が世界的に広がり、ミモザが国際女性デーを象徴する花となりました。

ミモザの日のもうひとつの楽しみ。

本場イタリアの女性たちこの日、ミモザともう一つとっておきのプレゼントが贈られます。それは、、「家事ゼロデー!」でもあるんです。
ミモザを胸や髪に飾り、その日だけは家事や育児を置いて女性同士で夜な夜なレストランやバルに出掛け、
外食を楽しむのがもうひとつの習慣。束の間の自由を楽しみます。
すべての女性がお祝いを受けて、街中女性の笑顔とイエローカラーで溢れかえります。

ミモザってどんな木?

銀葉アカシア
(別名:アカシアミモザ)

学 名:Acacia baileyana
科属名:マメ科アカシア属
開花期:3〜4月
性 質:常緑高木
樹 高:4〜10m
原 産:オーストラリア

引用元:http://urbanpost.it/festa-della-donna-2016-gli-auguri-dei-vip-italiani-da-alessia-marcuzzi-a-bruno-barbieri/

 

 

ポンポンとした黄色の小花を枝が枝垂れるほど大量に咲かせ、
その名の通りシルバーを帯びた美しい葉も周年楽しめるので
シンボルツリーとして活躍し、切り花・ドライ・リースなど、
四季を通して様々な形で私たちの暮らしを彩ってくれます。

ミモザがちらほら咲き始めると、いよいよ春が来たなあと、季節の移ろい知らせるひとつの指標ともなっていますね。
花言葉は、「友情」「真実の愛」「秘密の恋」「神秘」など。
恋人・友人・同僚、分け隔てなく贈れるのも納得!

ミモザのワークショップありますよ。

さて、もちろん女性同士贈り合うのもアリ!なイタリアのこの粋な風習。
日本ではまだまだ認知度がそう高くはありませんが、
3月8日にしれっとさりげなくプレゼントしたら、秒で感度高い人に認定されること間違いなし。
・・・そういえば、あら偶然。
ちょうどインナチュラルでも毎年2月頃にミモザを使ったワークショップをやっています。
WORKSHOPカテゴリからチェックしてみてください!
(2018年の講座はすべて終了しました。2019年をお楽しみに!)