しっかり覚えておきたい!観葉植物の冬管理

冬場の観葉植物

観葉植物を育てていて、冬に枯らしてしまった経験はありませんか?
実は、観葉植物は寒さに弱いものが多く、冬場は夏とは違った管理が必要です。
冬越しを成功させれば、何年にもわたって私たちの目や心を和ませてくれ、成長を見守る楽しみも増えますね。
冬越しはいくつかのポイントを押さえれば難しくないため、ぜひ挑戦してみてください。

 

寒さが苦手!観葉植物の多くは熱帯・亜熱帯原産

葉の色合いや形、樹形などを楽しむ観葉植物には熱帯・亜熱帯原産のものが多くみられます。
つまり、これら観葉植物の原産地には冬が無く、耐寒性の低い植物が多いといえるでしょう。
そのため、冬場に夏と同じような管理をしていると、冬越しできずに枯らしてしまうことも。
適切な環境で育てれば何年もの間私たちの目を楽しませてくれるものですから、ぜひ冬越しを成功させて観葉植物の成長を見守りたいものですね。

冬越しを成功させるにはいくつかのポイントがあります。
これは、原産地の気候や環境とも深く関わっており、夏場の管理との違いをしっかり押さえて管理していくことが大切です。
毎年、冬になると観葉植物が枯れてしまう場合には、管理の仕方に問題があるのかもしれません。
また、耐寒性の低い観葉植物でも管理の仕方によっては耐寒性を向上させることも可能です。
観葉植物は寒さが苦手ということを念頭に、適切な管理をすることで冬越しを成功させましょう。

 

やりすぎに注意!冬場の水やりのポイントは?

冬の管理で特に気を付けたいのが水やりです。
冬は気温の低下に伴い観葉植物の葉からの蒸散量や土の表面から蒸発する水の量が減ることから、必要とする水の量が減ります。
そのため、夏と同じように水を与えていると、根腐れの原因となる可能性があります。
水やりのペースを変えるのは、気温15度くらいを目安にしましょう。
その頃から水やりの回数を減らすとともに、受け皿に水が溜まっていないかにも注意します。
水を残しておくと鉢の中の土が水浸しになって根腐れを起こしたり、気温の下がる夜間に凍結したりする恐れがあるためです。

また、暖房が効いた室内に置く場合は乾燥するので、エアコンやヒーターの風が直接当たらないようにすることも大切です。
冬場に水分量を上手にコントロールするためには霧吹きで水を与えるのもいいでしょう。
水のやりすぎを抑えることができるとともに、乾燥しがちな室内の環境でも湿度を保ち病害虫を防ぐ効果も期待できます。

 

冬場は保温!温度管理で冬を乗り切る

冬場に耐寒性の低い観葉植物を管理するうえでは、温度管理も重要です。
観葉植物の種類や住んでいる地域によっては、冬には保温や温かい室内に入れるなどの管理が必要になります。
しかし、外に置いてあった観葉植物を家の中に入れるときには、急激な温度変化にも注意が必要です。
既に外気温が下がり始めてから観葉植物を室内に取り込む際には、いきなり温かいリビングに入れず、もう少し温度の低い玄関や暖房をつけていない室内にしばらく置いて少しずつ温度に慣らしてから取り込みましょう。

また、観葉植物の中でも比較的耐寒性のある種類のものならば、保温をすれば室外で冬越しできる場合もあります。
例えば、鉢の下に段ボールや発泡スチロールを敷いたり、ビニールや段ボール新聞紙などで風よけを作ったりして保温をしましょう。
また、霜にあてないために、特に気温が下がりそうなときにはベランダや軒下など屋根がある場所に移動してもいいでしょう。

 

寒さに強い観葉植物もある!?

寒さに弱いといっても、全ての観葉植物に耐寒性がないわけではありません。
種類によっては0~マイナス3度くらいまでなら耐えられます。
その場合、住んでいる地域によってはそのまま、または、霜や風の当たりにくい場所に移動させれば外で冬越しさせても大丈夫です。
また、耐寒性のある観葉植物は、暖房の効いた室内に入れることで逆に弱ってしまうこともあるので注意しましょう。

例えば、クリスマスシーズンによく出回るゴールドクレストやワイヤープランツなどは、0度くらいまで耐えることができます。
しかし、乾燥に弱く耐陰性がないという性質があり、暖房によって乾燥した薄暗い室内などに入れると育ちが悪くなる可能性があります。
ただし、外で冬越しさせる場合も凍結を防止するため水を控え、土の表面が乾いてから4~5日経った頃を目安に水やりを行いましょう。
気温の下がる夕方から早朝を避け、日中気温が上がったころを見計らって水やりするのもポイントです。

 

それぞれの特性に合わせた冬の管理を!

観葉植物は一般的に耐寒性の低いものが多く、冬越しさせるには保温したり、室内に取り込んだりする必要があります。
しかし、なかには耐寒性の高い種類もあり、暖房の効いた室内に入れることで弱ってしまうこともあるので、それぞれの特性に合わせた冬の管理をすることが大事です。
いずれにしても、冬は植物の代謝が下がり葉からの蒸散量が減ることや、凍結を予防するうえでも水やりの回数を減らし乾燥気味に管理するのがポイントです。
熱帯原産の観葉植物でも冬越しは十分可能なので、上手に管理して長期にわたって観葉植物を楽しんでみてください。

 

冬場の観葉植物