BREAKING NEWS

春のお祭り『イースター』を楽しもう!

皆様こんにちは。
一年で2番目に大好きな行事がイースターのSHIORIです。
(1番目はハロウィンです。ハロウィン紹介記事を読んでくださった方ありがとうございます)

皆様イースターって祝ったことありますか?
おそらく殆どの方はまずイースターが何なのかすら分からないですよね。
ここ数年、某夢の国では力を入れてイベントを開催しているようですが……。

というわけで本日は基本に立ち返り、近年ハロウィンの後を追って普及の兆しがある行事
「イースター」をご紹介したいと思います!


そもそもイースターって何なのさ?


「イースター」っていうと何でかカラフルなタマゴが思い浮かぶ方は多いのではないでしょうか?
でも、日本人だと思いついてそこまで……という方がほとんどだと思います。
まずはっきり宣言しておきましょう。

イースターはキリスト教の行事です!(どーん)

イースターというのは、皆様ご存知ただいま立川でバカンスを満喫中のイエス・キリストが処刑の3日後に復活したことを祝う「復活祭」を指しています。
なので本来は復活祭当日を祝うだけではなく、イースターの前後にもイエスの経験に因んだ実に様々な仕来りがあり――

なんてめんどくさい事は理解しなくて構いません。

だって「イースター」って言葉は、本当はキリスト教とは何も関係ないんですから。


イースターは春の芽吹きを祝うお祭り!

本来ハロウィンが秋の収穫祭であるように、イースターも本来は春の到来を祝うお祭りです。
「イースター」の語源もゲルマン神話の春の女神に由来していると言われています。(※諸説あります)
実りの少ない厳しい冬を耐え抜いた、新たな命の芽吹きをお祝いするイベント。
そう考えたらステキだと思いませんか♪


で、なんでタマゴなの?

タマゴは復活祭の観点で言えば「死と復活の象徴」です。
でもそもそも考えてみれば「生命の誕生の象徴」なんですよね。
まさに春の芽吹きを祝うに相応しいのモノではないでしょうか。

ちなみにカラフルに模様が描かれたタマゴは「イースター・エッグ」と呼ばれます。
イースター・エッグを庭や家の中のあらゆるところに隠し、
子どもたちが総出で探すエッグハントは大人気の遊びです。


ウサギも欠かせないって知ってました?

イースターにはもう1つ大事な象徴があります。
それはなんと可愛い動物代表のウサギ
ウサギというのはご存じの通り多産の動物で、しかも人間にとって非常に身近です。
そのため「多産=豊穣の象徴」としてイースターに取り入れられたのでしょう。
ちなみにイースターの伝承の中では「イースター・バニー」と呼ばれる服を着たウサギが
カラフルな卵をバスケットに入れて子供たちの家に届ける(あるいは庭や家中のあちこちに隠す)と伝わっています。



インナチュラルでイースターを楽しんでみよう♫

ここまでご説明してきた通り、イースターは春の芽吹きを祝うお祭りです。
というわけでインナチュラルでも春を楽しく祝うべく、
3月はイースターに因んだワークショップをご用意しております!

1) 定番のイースター・エッグを作るならこちら。

『カラフルなイースターエッグをつくろう!』

本物のタマゴの殻を使用した元祖イースター・エッグが作れます!
ぜひたくさん作って、お子様とエッグハントを楽しんでみてくださいね。
開催店舗:越谷レイクタウン店・ららぽーと富士見店

2)イースターもやっぱりリース!

『イースターリース』

毎月大人気のリース教室にも、なんとイースターバージョンが登場です。
金のタマゴとカラフルな植物を寄せ集めたリースでお部屋に春を飾りましょう。
開催店舗:越谷レイクタウン店




今年のイースターは4月16日

毎年「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるのがイースター。
今から準備すれば十分間に合います!
今年はぜひ苦手意識を持たず、生命の芽吹きに感謝して、いっしょに春の訪れを祝いませんか?




*イースター豆知識*

キリスト教視点では、復活祭の47日前は告解の火曜日("Shrove Tuesday")と呼ばれます。
そしてこの別名がなんと「パンケーキの日」なのです。
復活祭前の46日間は贅沢品を節制するため、その前日は贅沢品を使い切ってしまおう!と
卵、牛乳、砂糖などの旨味豊富な食材を消費するのにうってつけなパンケーキを食べる日になったんだとか。
プチ断食はしたくない……けど、パンケーキの日はぜひ乗っかってみたいですね^^
(2017年のパンケーキの日は2月28日です)

Share this:

 
Back To Top
Copyright © 2014 IN NATURAL STYLE. Designed by OddThemes