BREAKING NEWS

GARDENING

FAIR

WORKSHOP

3/17/2017

3月17日は『緑』で幸運を引き寄せよう

皆様こんにちは。
さてさて、さっそくですが 3月17日 は何の日かご存知でしょうか?

実は……『緑の日』なんです!

え、みどりの日は5月4日だろうって?
確かにその通りです。国民の祝日ですもんね。
でも今回話題にしている『緑の日』は日本の祝日の話ではないんですよ。


緑の日ってなんだ?

3月17日が『緑の日』と呼ばれるのには、もちろんちゃんとした理由があります。
この日の正式名称は「聖パトリックの祝日」といい、お察しの通りキリスト教の聖人にちなんだ祭日です。
そのどこに緑が出てくるんだよ……とお思いでしょうが、
なんと、この聖パトリックさんのシンボルが三つ葉のクローバー(シャムロック)なんです!

なにかと有難がられる四つ葉ではなく、三つ葉なのがポイント。
(キリスト教の教え「三位一体」を説明するのに使ったからなんだとか)

これにちなみ、3月17日には緑色のものを身に着けると幸運を引き寄せると言われています。
だから『緑の日』なんですね。


さっそく緑色のものを身に着けよう!

というわけで皆様、本日はぜひ緑色のものを身に着けて過ごしてみましょう。
もし万が一緑のものを持ってない!という方は、ぜひ急いで緑あふれるインナチュラルへ。

衣料も、雑貨も、もちろん植物も、店内には所狭しと緑色が並んでいますよ!
お気に入りの緑色を見つけてみてくださいね♫




クローバーで幸福を引き寄せてみる?

ところで、緑のものであれば幸運を引き寄せられるというけれど、
せっかくならクローバーそのもので幸福を引き寄せてみるのもいかがでしょうか。
クローバーなら3月17日に限らなくたって、幸福を呼んでくれますよ!

クローバー Clover

マメ科 シャジクソウ属(トリフォリウム属)の総称
全世界に約260種が分布する。
和名は「ツメクサ(詰草)」で、特にシロツメクサが有名である。
クローバー全種に共通する花言葉は「幸福」「幸運」「堅実」

そう、実はクローバーというのは総称で、その種類は本当に多いんです。
だからきっとアナタのお気に召すクローバーが見つかるはず。
インナチュラルでも店頭で色んなクローバーを取り扱っていますので、ぜひ探してみてくださいね♪

   
通常の三つ葉のクローバーは、希望や愛情の象徴と言われています。
もちろんご案内の通り、四つ葉のクローバーは見つけたら幸運が訪れるんですよね。
ちなみに七つ葉までいくと「無限の幸福」を表すんだとか。
ご自宅にお気に入りのクローバーがあれば、一緒に時を過ごすうちに、
四つ葉や七つ葉を見つけてしまう日が来るかもしれませんね!


3/14/2017

スタッフがワークショップを体験してみた 〜イースターリース編〜

どうも。イースター大好きSHIORIです。
実は昨日、僭越ながらワークショップを体験してまいりました!
というわけで本日はその体験記を記事にしたいと思います。


今回体験してきたのはこちら

レイクタウン店限定で3日間開催されるこの企画。
実は、予約殺到につき急遽午後の枠も追加された大人気企画なんです♫
イースター好きとして、これは絶対見逃せませんでした。
それでは早速、お教室の様子をご紹介しちゃいましょう。


いざ制作!

まずは先生から今回のリースについて制作のコツやオススメ手順などの説明が。
ここで恥ずかしがらずに「リース作り自体初めてです!」と宣言しておくと、後々手厚いフォローが受けられます。

そしたら早速材料を広げてみましょう〜。

video
どうでしょう? 出すだけでも結構な量があること、伝わったでしょうか(笑)

というわけで広げてみたぞ!
今回の材料はこんな感じです!

……ホント多いですな。
なお材料費は全て講習料に含まれておりますので、最悪使い切れなくても持って帰れます。
安心して、時には「使い切らない勇気」も持ってご参加ください。

今回は『イースター』がテーマのリース教室なので、メインとなるのはやはり金の卵たちでしょう!(写真左)
真ん中のカラフルなお花たちは、一番左がソラフラワー(ソラの木の皮を使ってお花の形に作ったもの)、
それ以外は同じ色のプリザーブドフラワーです。(左からシルバーデージー、ハニーテール、ポアプランツ、マルガリータ・グランデ、ニゲラオリエンタリス)

そして一番右は……今回大注目のホロホロ鳥の羽!!
(ホロホロ鳥についてはお教室中も話題になりましたが、ここに貼るのは憚られるのでどうぞ検索してみてください。)
「サンプル写真を見た時、この羽を見て受講を決めました!」って方もいたほど存在感のある材料です。
ちなみに先生に確認した所、鳥の羽を使用するのは今回が初とのことでした。
なんでも最近は新しい材料を使用することに挑戦しているんだとか……。
これからリース教室を受講してみたいという方は、ぜひその材料にも注目してみてくださいネ。

さてさて、材料が揃ったら今度はこれらをリースの土台に貼り付けていきますよ。
使用するのはこちらのグルーガン。

おしりに挿した白い糊の棒が熱で溶かされ、とろ〜っと尖った銀の口から出て来る便利グッズです。
これ、便利だけど扱いがなかなか難しい!

土台をまとめている蔦は切っちゃっても大丈夫とのことだったので、一部カットしてほぐしてみました。

そしたらまずは卵をセット。
土台に接してる部分に貼り付けるときは、まず材料側に糊をたっぷりつけてから、土台にぐいっと押し付けましょう。
少し冷えて固まってくるまで抑えておいたほうがいいかもしれません。

主役の位置が決まったら、あとは大きなもの・主張の強いものから土台に固定していきます。
先生のサンプルと全く同じものを作るお教室ではないため、ご自分のお好きなようにお好きな順で組み立てていただいて構いません。
ただ、大きなもの・主張の強いものは先に配置してしまったほうがバランスが取りやすいです。
特に完成図が頭に無い方は、とりあえず大きなものをまんべんなく一周させておくのがいいかと思います。

私はソラフラワーの位置をまず決めてしまい、それからシルバーデージーでバランスをとって、あとは小さいものを詰め込みました。
基本的にはソラフラワーから羽が生えているようなイメージで、各花を配置した(つもり)です。


そして完成!

制作過程の写真をたくさん撮る予定だったのですが、材料が非常に多く苦戦してたら完成してました……。ごめんなさい……。
作っている間はとにかく使っても使っても減らない材料と、暴走する糊との戦いでした(笑)
一緒にご参加いただいた皆さんもやっぱり唸りながらの制作で……。
でも技術的に難しいことは一切なく勘だけで突き進んでも格好はつくので、本当に楽しい体験でした。
制作中色々とおしゃべりするのも楽しかったです♫

そして何より、完成してみるとみんな全く違う作品になっているのが面白い!!
ちなみに昨日ご一緒していただいた皆様の作品はこんな感じ。

女性の方の作品。
今回最も作業スピードの早かった方でした。
卵の配置と羽の使い方が絶妙で、それぞれの材料がどこに使われているか
探すのが楽しい感じはまさにエッグハントのそれですね!

こちらも女性の方の作品。
制作開始時に潔く土台の蔦を全てはずし、ぐいっと解しておられました。
大切な卵を温めるイメージで配置されたお花や羽には優しさが表れていますね。
そしてそれらの工夫が起こした一つの奇跡――なんと自立するリースになっていました!

最後は男性の方の作品です。
もともと趣味でリースをお作りになる方だそうで、制作初期段階から一貫して
計画的にお花たちを配置していらっしゃるのが印象的でした。
完成品も流石のバランス!!
大量の材料にもめげず、シルバーデージーの茎まで効果的に利用してしまう腕が素晴らしいです。


ね、それぞれ全然違う作品に仕上がっているでしょう?
ワークショップは一人で作るわけではないからこそ、ほかの人から影響を受けたり、ほかの作品の完成まで楽しみにしたり、独特の楽しみがたくさんありました。

イースターリース教室はまだ3月15日(水)と3月18日(土)の2日間開催を予定しています!
残席も若干ですがございます!
一緒に参加するお友達がいなくてまだ勇気が出ないという方も、ちょっと思い切って予約ボタンを押してみてください。
意外と楽しい時間を過ごせることだと思いますよ(*^^*)



3/08/2017

ホワイトデーに貰ったら嬉しいものはコレ! インナチュラルおすすめプレゼント特集


皆様こんにちは。こんばんは。
突然ですが、皆様はバレンタインいかが過ごされましたか?
本命チョコをもらえた方、パートナーからプレゼントを贈られた方、むしろ自分に贈ったよという方、たくさんいらっしゃると思います。
その節はインナチュラルのFlower for Valentineに賛同いただき本当にありがとうございました。

と、いうわけで。

忘れちゃいけないこの季節がやってきましたね。
そう、、、
ホワイトデーはもう一週間後ですよー!

いかがですか?
もう準備はばっちりですか?
忘れてた方、忘れてないけどまだの方、急がないとピンチです!
そこで今回はそんな皆様のため、インナチュラル各店に緊急アンケートを行いました。

題して

ホワイトデーに貰ったら嬉しいものはコレ! インナチュラルおすすめプレゼント特集


インナチュラルには植物・衣料・雑貨を中心にそれはもう数多の商品が取り揃えられておりますが……
その中でもスタッフが厳選したホワイトデー向き商品をご紹介しちゃいます!
中にはその店舗特有の品も?
ぜひチェックして、ホワイトデーのお返しの参考にしてくださいね♪


それでは早速参りましょう。
まずはエントリーナンバー1番から!


1番:テラスモール湘南店

湘南店がオススメするのは、インナチュラルで安定した人気を誇り続ける寄せ植えです。
インナチュラルの寄せ植えは「華やかと言うよりはシンプルに、ナチュラルな風合いでさりげなく人を笑顔にする」をテーマに作成されています。
色合いも雰囲気も幅広い年齢層の方に気に入っていただけるものですので、
ホワイトデーにはさりげなく感謝の気持ちを乗せて、大切な人の笑顔を引き出してみませんか?


2番:セブンパークアリオ柏店

柏店からのオススメは、女性なら絶対あったら嬉しいストールです。
女性にとって冷えは天敵だからこそ、鞄に忍ばせられて、ひざ掛けにもなるストールはとっても重宝します。
軽やかな雰囲気の方にはふんわりとした風合いが特徴の『羽織る』のストール(写真左)を、
凛とした雰囲気の方には生地感がしっかりしているカラーストール(写真右上)をプレゼントするのはいかがでしょうか?
もしもうちょっと気軽な物がよければ、スタッフも惚れ込むkontexのタオル各種がオススメです。
kontexは今治の老舗タオルメーカーで、使い心地抜群。実用的なものはハズレ無しですよ。


3番:小田原ダイナシティ店

小田原店からのオススメは、pure peachさんの各種アクセサリーです。
pure peachさんは陶芸の作家さんで、その素朴でかわいらしい風合いが特徴です。
スタッフはいつも目に入るとほっこりした気持ちを貰っているので、そんな気持ちをお返しに贈るのはいかがでしょうか?
嫌味のないデザインだからこそ、どんな方にもきっと喜んで貰えますよ。
※pure peachさんの作品は小田原店でのみの取扱となります。


4番:渋谷店

渋谷店からオススメするのは、小さな和の化身、ミニ盆栽です。
盆栽には様々なタイプがあるので、女性へも男性へも贈れます。
旭山桜(写真左)はテーブルでも楽しめるコンパクトタイプの八重桜で、お部屋の中でもお花見気分が楽しめます。
黒松(写真右)はしっかりとした面持ちで、男らしい印象を与えるのにぴったり!
今年は男性からバレンタインの贈り物をもらっちゃった!という幸せ者のアナタ、いかがでしょうか?
他にもたくさんの盆栽を取り揃えていますので、一緒に育てる楽しみを、ぜひ分かち合ってくださいね。


5番:大泉学園店

大泉学園店からのオススメは、女性の必需品、ハンドクリームとハンカチのセットです。
ハンドクリームは、世界中で高い評価を得ているポーランドのエルファファーム社が生み出した、信頼のグリーンファーマシーラインの逸品。
ヨーロッパに古から伝わっているハーブの知識をベースに、最先端の技術と品質管理の結晶が詰まっています。
化粧品のことがよく分からないという男性は、コレを選んでおけば間違いありません。
さらに高品質なハンカチも雰囲気を合わせてセットにすれば、日頃の感謝を伝えるのにぴったりなギフトの完成ですね!


6番:越谷レイクタウン店

レイクタウン店のオススメは、ハンギングモザイクガラスです。
美しいモザイクガラスの器はディスプレイとしても鉢カバーとしても大活躍。
ロープで吊るすことで照明や陽の光を反射すると、キラキラしてとってもきれいなんですよ!
特に女性に人気の品ですので、いい所を見せたい男性は必見です。
植物をセットして贈っても喜ばれそうですね♪
※こちらの商品はレイクタウン店でのみの取扱となります。


7番:ららぽーと海老名店

海老名店がオススメするのは、インナチュラルの人気者、愛らしい花カゴです!
大切な人がガーデナーなら、既に植わってしまっている寄せ植えよりも、ポットに入ったままの花カゴがオススメ。
シンプルもいいけど、あえてプレゼント向けに豪華に、なんてご要望にもお答えできます。
渡す時は華やかに、その姿を堪能した後はお庭やプランターに植え替えて、お好みの形で長ーくお楽しみいただけますよ。
二人で一緒に作業したら絆も深まりそうですね。


8番:ららぽーと富士見店

富士見店からオススメするのは、いくつあっても嬉しいタオルセット
頻繁に使うものだからこそ、いいものをプレゼントしたら絶対に喜んで貰えます。
しかもセットにしてあるのはインナチュラル店頭のアイドル「ぽれぽれシリーズ」
なんと彼らは一つ一つ手で彫り、やすりをかけて丁寧に仕上げられているんですよ!
kontexぽれぽれ動物はまさにインナチュラルが誇る癒やしコンビです。
バレンタインデーの友チョコや義理チョコへのお返しとしてもおすすめですね。


さて、ここまで一気に8店舗からのおすすめ商品を紹介して参りましたが、気になったものはございましたか?
やはり植物と日用雑貨は貰って嬉しいものですし、ちょっとひねりの利いた物なら思わず「お!」となりますよね。

バレンタインデーに貰った幸せな気持ちは、ぜひホワイトデーに込めてお返ししましょう。

インナチュラルでは、ご紹介した他にも「愛着を持って長くお付き合いいただけるもの」を各種取り揃えております。
一つ一つの商品に込められた職人さんやメーカーさんの愛情が、贈り物に込めた思いにぴったり寄り添ってくれますよ。

プレゼント選びに悩んだら、ぜひ、インナチュラルへ。

葉っぱはなぜ緑なのか?

皆様こんにちはGDスタッフです。
2月が「あ」っと言う間に過ぎ去って行きましたね!
3月・・春ですね・・

さて、今回は葉っぱはなぜ緑なのか?について考えてみたいと思います。
みなさんは葉っぱがなぜ緑色なのか考えてみたことがありますか?
日頃見慣れた植物の葉っぱを何でかな〜と思うことなないと思います。
そこで今回はそこに迫ってみたいと思います。



葉が緑に「見える」ということ

葉が光合成に使うのは、主に太陽光に含まれる「赤色光」と「青色光」です。
「緑色光」の一部は光合成に使われますが、残りは光合成に使われず葉をすり抜け、あるいは反射して周囲に反射して散乱します。
人間が葉を緑だと感じるのは、その使われない「緑色光」を見ているからなのです。
すなわち、葉が緑に見えるのは、葉が緑以外の色を吸収し、光合成をしているからなのです。



光とは?

『光』というものは『波』の性質を持っています。
人間の目は、波1回分の振動の長さ(『波長』)の違いを感じ取り、それを色の違いとして受け止めています。

人間の目に見える光を「可視光』といい、波長の長いものから順に、『赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」虹色が並びます。
(この光の並びを『光のスペクトル』と言います。)
太陽から降りそそぐ光は、これらの波長の光が混ざり合うことで、人間の目には白色に見えているのです。



光の三原則

人間の眼には、赤・緑・青の三色の光を感じる受容器がついていて、その三色の組み合わせで私たちは『色』を認識しています。
赤・緑・青の三色の光を混ぜ合わせると白くなり、三色の光の配合により、人間の眼に見える色を理論上全て再現できるという原理です。



葉っぱの斑入りとは?

「斑」とは、植物においてもともと単色で構成されている組織が本来持っているべき色、つまり緑色の一部が外的、または遺伝的要因によって模様になってしまう現象です。
葉の一部の葉緑素が全て失われた場合、組織に含まれていた葉緑素以外の色素の色が現れることにより、フラボンやカロチン、アントシアニンなどの含有量によって、斑入りの部分は白や黄、ピンク色など様々な色合いになります。
また、完全に葉緑素を失わない場合には、本来は緑色であったものが淡緑色や黄緑色になります。
斑入りはその美しさから重宝されますが、葉緑素は植物の光合成に必須の材料ですので、斑入りの植物は元の植物と比べると光合成能力が低下します。



斑の入る要因

植物に「斑」が入るのは様々な原因によるもので、完全に解明されていない場合も多く、単に斑入りと言っても様々な原因が考えられます。

1) 通常の遺伝による斑入り
2) 細胞質遺伝による斑入り
3) 周緑キメラによる斑入り
4) ウィルスによる斑入り
5) その他

上記の他にも、外見上は斑入りに似ているが全く違うものとして、養分の不足や高温による代謝異常が起こり、葉緑素がうまく作られず葉が黄色になるクロロシスという現象や、斑入りの中には上記の5種類がさらに組み合わされた場合もあるので、実際の斑入りがそのような要因によりのか判断するのは簡単ではないのが実情です。


植物の葉はもともと緑!というわけではなく、光の関係で緑に「見える」ということがわかりましたね!
葉っぱの表が裏より濃い色をしているのは、より光合成をするため葉緑素が表面に集まっているので濃く見えるということが安易に理解できるようになりますね!
植物にはまだまだ知るべきことがたくさんあるということです!植物摩訶不思議!!


3/03/2017

インナチュラルセレクトな雑貨、揃いました。

皆様こんにちは。
すっかりお外の雰囲気が春っぽくなり、この陽気に誘われて「週末はお出かけしてみようかな♪」なんて気分になってはいませんか?
それならぜひインナチュラルへ!



インナチュラルでは、これから始まる新生活に向けて独自セレクトの雑貨を多数入荷しております。
特に今週末は新商品が続々と店頭へ並んだばかり。
まさに狙い目です!



アンティーク風なキャビネットやラック、使い勝手のいいラグ、かわいい丸椅子など、
模様替え・お引越しの目玉になってくれそうなものが目白押し!




さらにはバスケットやブリキの鉢カバーなど、ご自宅の植物たちを衣替えさせるのにちょうどいい新商品も増えました♪
特にバスケットは置型も吊り型も汎用性が高くて重宝しますね。



こちらのガラスと流木が一体化したディスプレイは全てがオンリーワンの品。
同じ形のものは一つとしてありません。
サイズも色々ありますので、お部屋の主役に、名脇役に、お気に入りの形を探してみてはいかがでしょうか。



この他にも、インナチュラルセレクトの雑貨たちが店頭にて多数展開中です。
衣料も植物もどんどん入れ替わり、店頭には春の空気が満ち始めています。
フットワークも日々軽くなってくる今日この頃。
本格的な春の到来を前に、新たな季節を迎える準備を整えましょう🌸


3/02/2017

ちっちゃくて可愛い"ミニ"観葉植物のススメ

みなさんこんにちは。
最近ブログ担当がちょっと板についてきた(気がする)SHIORIです。

3月2日は『ミニの日』ということで、本日はインナチュラルの小さなアイドルたち、"ミニ"観葉植物をご紹介したいと思います。


"ミニ"観葉植物って見たことありますか?

インナチュラルの店頭の一角にいつもいる、小さな小さな観葉植物たち。
彼らは『ミニ観葉植物』と呼ばれています。
実は、彼らの正体は苗=観葉植物の赤ちゃんなんです。
しかもミニと呼ばれているように、大きさはなんと片手のひらサイズ!
とってもとっても可愛いですよね♪

観葉植物といえば、やっぱり室内で育てたい!という方が多いのではないでしょうか。
小学生くらいの背丈がある木がどーんとお部屋の端っこにというのもステキだけれど、
そのサイズを置いたら自分の居場所がなくなっちゃう……なんて場合もありますよね。
そんな方にオススメなのがミニサイズの観葉植物なのです。


ミニ観葉植物の楽しみ方

観葉植物はその名の通り観賞向きな姿容をしています。
だからこそ、彼らの家となる鉢もコダワリのものにしたい!という方が多いのではないでしょうか。
普通の鉢でもいいけれど、ちょっと変わった形で遊んでみるのも楽しいですよね。
あるいはガラスの器で中身を見せたりするのもステキです。
でも、中でも特にオススメなのは食器!

ティーカップやお茶碗に植わった観葉植物って、抜群の可愛さなんですよ。
小さいうちだからこそできる、小ささを際立たせる楽しみ方ですね♪

それから他にも、とっても小さな彼らの姿を楽しむ方法があります。
それがミニ観葉植物の寄せ植えです。

ミニ観葉の寄せ植えを作る時は、お互いの間にちょっと余裕を持たせるのがポイント。
日に日に成長していくことでお互いの距離が縮まりながら大きくなっていく様は、
宛らはじめは恥ずかしがっていた子どもたちがいつの間にか仲良くなる現象のようで、
毎日の変化から目が離せないものですよ♪


器は自分でも作れます

ミニ観葉植物を植えるのにぴったりな器は、ご自分の手でもお作りいただけます。
柏店限定で毎月開講中の陶芸教室ならプロの教えを受けられるので
初心者でも安心して体験できますよ!

土のぬくもりを感じる陶芸教室

3月は過去の開講企画も同時開講。お好きな作品を選べるようになりました♪
どの器もミニ観葉苗を楽しむのにぴったりなサイズ感でオススメです。



開催店舗:セブンパークアリオ柏店

開催店舗:セブンパークアリオ柏・越谷レイクタウン店


全ての企画が5歳から参加可能です。
お子様と一緒にもぜひどうぞ。
※小さいお子様には保護者の付添が必須となります。


管理はハイドロカルチャーで

室内で管理するとき、小さな観葉植物を育てるのにオススメなのが「ハイドロカルチャー」という手法です。
日本語に訳せば「水耕栽培」ですね。
あえて土を使わないことで、室内でも清潔に植物を育てることができるんです。

水耕栽培というと水に直接根をどぽんしているイメージがあるかと思いますが、
ハイドロボールと呼ばれる土の代用品を使うのがオススメです。
インナチュラルでは特に通気性、保水性、水はけ、清潔の4つの要素を兼ね備えていて
何度も洗って使える『セラミス』をオススメしています。

ハイドロボールに支えられ、キレイな水を吸いながら、大きくなる日を夢見ている小さな苗たち。
ぜひアナタのお家で愛情持ってその夢を叶えさせてあげてくださいね。

2/27/2017

春のお祭り『イースター』を楽しもう!

皆様こんにちは。
一年で2番目に大好きな行事がイースターのSHIORIです。
(1番目はハロウィンです。ハロウィン紹介記事を読んでくださった方ありがとうございます)

皆様イースターって祝ったことありますか?
おそらく殆どの方はまずイースターが何なのかすら分からないですよね。
ここ数年、某夢の国では力を入れてイベントを開催しているようですが……。

というわけで本日は基本に立ち返り、近年ハロウィンの後を追って普及の兆しがある行事
「イースター」をご紹介したいと思います!


そもそもイースターって何なのさ?


「イースター」っていうと何でかカラフルなタマゴが思い浮かぶ方は多いのではないでしょうか?
でも、日本人だと思いついてそこまで……という方がほとんどだと思います。
まずはっきり宣言しておきましょう。

イースターはキリスト教の行事です!(どーん)

イースターというのは、皆様ご存知ただいま立川でバカンスを満喫中のイエス・キリストが処刑の3日後に復活したことを祝う「復活祭」を指しています。
なので本来は復活祭当日を祝うだけではなく、イースターの前後にもイエスの経験に因んだ実に様々な仕来りがあり――

なんてめんどくさい事は理解しなくて構いません。

だって「イースター」って言葉は、本当はキリスト教とは何も関係ないんですから。


イースターは春の芽吹きを祝うお祭り!

本来ハロウィンが秋の収穫祭であるように、イースターも本来は春の到来を祝うお祭りです。
「イースター」の語源もゲルマン神話の春の女神に由来していると言われています。(※諸説あります)
実りの少ない厳しい冬を耐え抜いた、新たな命の芽吹きをお祝いするイベント。
そう考えたらステキだと思いませんか♪


で、なんでタマゴなの?

タマゴは復活祭の観点で言えば「死と復活の象徴」です。
でもそもそも考えてみれば「生命の誕生の象徴」なんですよね。
まさに春の芽吹きを祝うに相応しいのモノではないでしょうか。

ちなみにカラフルに模様が描かれたタマゴは「イースター・エッグ」と呼ばれます。
イースター・エッグを庭や家の中のあらゆるところに隠し、
子どもたちが総出で探すエッグハントは大人気の遊びです。


ウサギも欠かせないって知ってました?

イースターにはもう1つ大事な象徴があります。
それはなんと可愛い動物代表のウサギ
ウサギというのはご存じの通り多産の動物で、しかも人間にとって非常に身近です。
そのため「多産=豊穣の象徴」としてイースターに取り入れられたのでしょう。
ちなみにイースターの伝承の中では「イースター・バニー」と呼ばれる服を着たウサギが
カラフルな卵をバスケットに入れて子供たちの家に届ける(あるいは庭や家中のあちこちに隠す)と伝わっています。



インナチュラルでイースターを楽しんでみよう♫

ここまでご説明してきた通り、イースターは春の芽吹きを祝うお祭りです。
というわけでインナチュラルでも春を楽しく祝うべく、
3月はイースターに因んだワークショップをご用意しております!

1) 定番のイースター・エッグを作るならこちら。

『カラフルなイースターエッグをつくろう!』

本物のタマゴの殻を使用した元祖イースター・エッグが作れます!
ぜひたくさん作って、お子様とエッグハントを楽しんでみてくださいね。
開催店舗:越谷レイクタウン店・ららぽーと富士見店

2)イースターもやっぱりリース!

『イースターリース』

毎月大人気のリース教室にも、なんとイースターバージョンが登場です。
金のタマゴとカラフルな植物を寄せ集めたリースでお部屋に春を飾りましょう。
開催店舗:越谷レイクタウン店




今年のイースターは4月16日

毎年「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるのがイースター。
今から準備すれば十分間に合います!
今年はぜひ苦手意識を持たず、生命の芽吹きに感謝して、いっしょに春の訪れを祝いませんか?




*イースター豆知識*

キリスト教視点では、復活祭の47日前は告解の火曜日("Shrove Tuesday")と呼ばれます。
そしてこの別名がなんと「パンケーキの日」なのです。
復活祭前の46日間は贅沢品を節制するため、その前日は贅沢品を使い切ってしまおう!と
卵、牛乳、砂糖などの旨味豊富な食材を消費するのにうってつけなパンケーキを食べる日になったんだとか。
プチ断食はしたくない……けど、パンケーキの日はぜひ乗っかってみたいですね^^
(2017年のパンケーキの日は2月28日です)
 
Back To Top
Copyright © 2014 IN NATURAL STYLE. Designed by OddThemes