BREAKING NEWS

GARDENING

FAIR

WORKSHOP

10/20/2017

植物を育てるために必要なこと。

こんにちは。
まだ10月だというのに冬のような寒さが続いてますね。
みなさんは体調、崩してないですか?お身体、ご自愛ください。

我が家では、私の体調はOKなのですが、植物に異常が見られました・・・。
10月入ってから我が家に迎えた子持ちのサボさん。


購入した時はキレイでした。
2週間ほどしてふと見ると、胴体が黒ずんできた・・・( ;∀;)
よく見ると、腐ってました・・・。


周りにいる観葉植物は元気なのに、サボさんだけ。

ここ連日の長雨と日照不足、さらに気温が低かったこと。
原因を特定するのは難しいが、「環境が合わなかった」ということですね。
もっと手厚く育ててあげるべきであったと後悔です。。。
(サボテンだからと甘く見て、置いて以来何もしてあげなかったのが現状です😓)

さて、前置きが長くなりましたが、本日はこの「植物が育つ環境」についてお話します。
もちろん、植物といってもいろんな種類がありますよね。
種類を分けてしまうと長〜いお話になってっしまうので、今日は簡単に、お庭作りに役立つようにお話をしていきます。

植物は育てるもの

もちろん何もしなくても育ってくれる、強い植物もいます。
しかし、私たちがお庭に植えて育てよう!と思う植物は、デリケートなものも多いです。
お庭をデザインをするにはその環境にあった植物を植えていくことが前提です。寄せ植えやアレンジメントはその場で華やかに作れますが、庭は2年、3年と、時間をかけて育て、作っていくものですからね。

育てる環境で注意することはまず陽の光。日照量や明るさの度合いを気にしましょう。
日当たりがよくても、フェンスや壁によってコーナーは暗かったり。ちょっと庭の観察も必要ですね。


そして日光が大好きな植物もいれば、光が苦手な植物もいたり。日陰でも育つが、光を当てないと花付きが悪くなったり。
まずは植えたい場所に合った植物を探しましょう。

土も重要なんです

植物を決めたら、次に気にして頂きたいのは土です。
建売住宅を購入した方で、これから庭に何かを植えようと考えているあなた!
また、植物を植えてるけどなんか元気ない、と悩んでいるあなた!
要チェックです。


土の種類って、たくさんあるんですよね。赤土や黒土といった、特に肥料を配合していない土。川砂のような土や粘土質な土。
もともと花壇や植栽スペースにある土がどんな土か、観察してみましょう。

ミミズがいるといい土、なんてよく聞きますが、いい土、って何ですかね?
私は、植物が良く育つ状態の土、だと思います。
植物にとって、根っこは大事な部分の一つです。
この根っこが育つ場所が土ですから、この土をいい状態にしてあげないとですよね。


土をつくれるの?

「植物を育てるためのいい土」としてベストなのは肥料などがしっかり配合された、「培養土」なんですよね。柔らかくてふかふかした土。これは水もちや、水はけが良く、団粒構造ができているんですよね。
よく「豊かな土」や「やせた土」などといった表現方法がありますが、土が豊かなのは、この団粒構造ができていて、土中の微生物が活発に働いている状態だと思います。
ミミズや微生物が、土を豊かに作ってくれているようですね。
やせた土はその逆で、植物が育つための肥料分がほとんどない状態です。

本当は植物を植えるときに培養土に入れ替えてしまいたいところですが、なかなかそうもいきません。
すでにある土を、改良していくしかないのです。


団粒構造が崩れた固い、粘土質のような土は水はけが悪い状態。なので粒子の大きい用土を混ぜたり、腐葉土やピートモスを加えると良いでしょう。
水はけが良すぎる砂質の土は、肥料をキープすることもできません。赤玉土や黒土を混ぜ、保水力や保肥力を高めることが大事です。

また、「微生物」が発生するためにはどうしたらいいのか?
私からの一番のオススメは、「土母」です。

土母って!?

IN NATURALの店舗に行ったことがある方はおなじみの商品かと思いますが、初めて耳にする方にとっては「何それ!?」ですよね。


土母は肥料とは違い、液体の「活性剤」となります。
肥料がご飯だとしたら、活性剤はサプリメントの役割をしてくれます。

ですので、活性剤ばかりを植物にあげていてもダメなのです。(人間もサプリメントだけで生きていくのは良くありません!)
土中に適切な量の肥料が含まれていて、その土がより豊かになるように働き変えてくれるのが「土母」です。
土が豊か→植物の根がはりやすくなる→植物自体が元気になる
という仕組みです!

では土母を入れると豊かな土になるのはなぜか?
それは土母には、「光合成細菌」が含まれているからです。
この光合成細菌は、土の中で有益な微生物を増殖させる働きがあります。
微生物増える=土を豊かにしてくれる、でしたよね。

今の土の状態がどんななのかわからない、という方!土母を使って見てください。

水やりも忘れないで

環境に合いそうな植物を選んで、植物にとって良い土作りをして植えたとしても、最後の水やりを忘れてしまうと全ては台無しです。


植えたばっかりの植物は、その場所に馴染むためにより根を伸ばそうとエネルギーを使います。
その際にはもちろん肥料も必要なのですが、水も大事な要素です。
人間と同じく、脱水症状になると動けなくなりますもんね。

植えてすぐの水やりと、その後の継続的な水やりも大事です。
「どのくらいやればいいの!?」と思いますよね。
でもこれって、文章だけでなく、口頭で説明するのも意外と難しい。
正直、失敗して学ぶもの。
「植物を育てたい!」「植物と暮らしたい!」と思ってくださる皆さまが、肌で実感してもらうのが一番だと思います。
また、文章にして伝えてしまうと色々と語弊がありそうなので、今回は書かないでおきますね。

植物と向き合うこと

最後に、当たり前なのかはわかりませんが、「植物と向き合うこと」が大事だと思います。
植物好きはもちろんだと思いますが、「育ててみたい」と思う方は、まずは植物について、知りましょう。
簡単なようで奥が深い。でも、簡単。
(私にとってサボテンは簡単ではなかったですが・・・(T ^ T))

植物との相性も様々だと思います。
報われない愛もあります(サボテン・・・)

サボテンへの執着が残りますが、植物を育てるために必要なことをまとめると、
①環境に合った植物を選ぶ
②植物の寝床、土を豊かにさせる
③適切な水やりを忘れない
④相手を知り、愛する! です。
どうかみなさんが、楽しいグリーンライフを送れますように・・・😘


インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら

信頼と実績の植物活性剤『土母』をご存知ですか?

どうも、ブログ担当です。

インナチュラルに行くと必ず目につく植物活性剤コーナーがあります。
みなさん、前を通る度に気になってたりしませんか?
気になってほしいんです。
ぜひ気になってください。

だってそれ、
超がつくほどオススメ
なんです❗

インナチュラルの、植物🌿を我が子のように愛するスタッフたちが心から信頼している植物活性剤
それこそが
土母
どうも
)』
です。

土の母と書いて「どうも」と読む。
もう名前からしていい奴感が漂ってますよね。
ではその印象が決して間違いではないことをこれから説明して参りましょう。


土母で復活! 〜柏店の実例〜

まずはこちらを御覧ください。

この痛々しい姿、わかりますか?
実はこちらの子はつい先日カイガラムシがついてしまって選定したばかりなのです。
枝も葉っぱもどこか元気がありませんよね。
どんなに気をつけてお世話していても、植物はやはり生きているので、気温や季節によってどうしても元気がなくなってしまうことがあります。
たとえば傷んでしまったり、今回のように虫の被害にあってしまったり……。

そんな時、インナチュラルでオススメしている対処法は?
  1. 思い切って剪定
  2. 日当たりのよい室内の窓際に避難
  3. 土母をつかってゆっくり養生!
もちろんお店でも同じようにケアしていますよ!
中には、この週は水やりの時に土母を薄めてあげるというルーチンを組んでいる店舗も。

ちなみに上記のポイントを守ってちゃんと養生させてあげられたら、こんなに元気になるんですよ!


剪定後の枝から、新芽がにょきにょき。


葉っぱも青々としております。


全体図

この木、実は一回元気がなくなってしまい、枝を切って葉っぱがほぼ0になっていたんです。
一度はつんつるてんになってたなんて信じられない!!
何なら前よりいい樹形になったんじゃない?とスタッフ間で評判です😁
ちなみにこの子には柏店で会うことができますので、お近くへいらした際はぜひその復活ぶりをご自分の目で確かめてみてくださいね!

いかがでしょう?
これで土母の凄さが少しでも伝わったでしょうか?


土母の凄さのヒミツ

土母が凄いことはわかったけど、なんでそんなに凄いの?

そろそろそんな疑問が湧いてきましたよね。
もちろんお答えいたしましょう!

土母は肥料ではなく、
植物活性剤
と呼ばれています。
つまり植物を元気にさせるための薬というわけですね。
土母の主成分は「光合成細菌体」という
優良微生物
で、彼らは土の中で他の有益な微生物を増やし、土の生態系をバランスよく保ってくれる働きをします。
つまり植物が元気であるために重要な
「根っこと土」の環境をよくする
ことが、土母の持つ役割なのです。
そのため、土母自体には肥料成分はあまり大量には入っていません。
それでも十分、
植物は元気になる
のです💪

ちなみに土母を開発したのは、北海道にお住まいの生態学博士。
微生物のスペシャリスト🎓だからこそ引き出せたパワーだと思うと、ますます頼もしく感じますよね。


土母は使い勝手もスゴイ

さてここまで土母の驚くべき実力をご紹介してきましたが、土母が持つパワーと同じくらいびっくりするのが何と言ってもその使い勝手

  • 「あげすぎ」の心配なし❗
  • 原液であげるのも希釈するのも自由❗
  • どんな植物でも使用OK❗

どうですかこの自由度の高さ!?
まさに化学成分ではなく
微生物パワーを詰め込んでいる
からこそ実現する使い勝手ですよね。
これでご紹介した通りの成果をあげてくれるので、
初心者の方にこそ是非使ってみていただきたい
逸品です。
でもプロも愛用する品ですから、もちろん
玄人の皆様にもオススメ
ですよ。


土母の効果はただ元気にするだけじゃない

土母を使うと、ただ植物が健康になるだけではない効果を得られます。
例えば……
花への効果は?🌼
根付きやすく、花が大きくなり、開花期間も長くなります。
実への効果は?🍒
実の一つ一つが大きくなり、数も多くなります。
葉への効果は?🌱
一枚一枚に張りがでて、色鮮やかになります。
根への効果は?🌾
たくさんの発根を促します。

こんなにも、植物のあらゆる部分に良い影響を与えるんですね。


植物の手助けがしたいとき=土母をあげるとき

買ってきてすぐなど急に環境が変わった時、
季節が移り変わる時、
普段の環境から気付かず無理をさせてしまった時、
愛する植物たちの元気がなくなってしまったら😨何か手助けしてあげたいですよね。
そんな時はまず環境を整えて、お世話の仕方を見直して、仕上げにそっと土母をあげてみてください。
お母さんの愛情に包まれた植物たちはきっと元気を取り戻すはずですよ。


インナチュラル楽天店でも500ml〜10Lまで各サイズご用意しております。
楽天なら配送までしてくれるから最大サイズの10L入りだって思う存分買えちゃいますね🎵

ご購入はこちらから









10/17/2017

家の価値は庭にある

私たちガーデンデザイン課は、お庭をはじめ外構(エクステリア)をプロデュースしています。

例えば、写真のようなアプローチや立水栓です。
もちろん植栽もデザインさせて頂いてます。



どんなお庭にしていきたいですか?

誰と庭で過ごしますか?
いつ、お庭で過ごしますか?
どのくらいお庭で過ごせますか?

イメージを具体的にするのは、けっこう難しいと思います。
どんな植物があって、
どんな商材があって、
どう組み合わせるのか。
まず知識が必要だからです。

お庭の楽しみ方はこちらを参考にしてみてください。
「庭を楽しもう!楽しい庭ってどんな庭?」

私たちガーデンデザイン課スタッフは、
お庭相談をさせて頂く中で、日々お客様の声を聴き、
そして、現場で施工をしています。

経験に基づいた知識があります。

イメージが具体的でなくてもいいんです。
お客様の代わりに私たちガーデンデザイン課スタッフが、具体的にしていきますので、ご安心ください。



家の価値は庭にある。

先日、ある建築家の方から興味深いお話を伺いました。
建築物は時間が経つにつれて価値は下がっていくけど、庭はその逆。
庭は時間が経つにつれて価値は上がっていく。

実際に、庭がきれいな住宅はすぐ売れるらしいです。
商業施設も、観葉植物が置いてある所が増えました。

植物が建築物とつながりを持たせてくれていると思うんです。
逆に言うと、なくてはならないものだと思うんです。


この写真に植物がなかったら寂しくありませんか?

ある建築家のお話がきっかけで、庭の価値を再認識できました。
庭は時間が経つにつれて価値があがっていく。


インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら

10/16/2017

快適の極み!スタッフが本気でおすすめするSASAWASHIグッズ

皆様こんにちは。すっかり秋だというのにここ数日なんだか気温の高めな日々が続いておりますね。
……と思ったら、寝て起きただけで極寒に! さっそく筆者も分厚いウールを引っ張り出してしまいました。
そんな季節の変わり目でも快適に過ごせるのが、インナチュラル大人気雑貨のSASAWASHIシリーズです。
一度使えば病みつきと名高いこのシリーズですがもうお使いいただいていますか?
実はお客様だけじゃなく、スタッフにもSASAWASHIに魅了されてしまった者は多いんです(笑)



というわけで今回は、インナチュラルNo.1のSASAWASHI愛用者・M(なんと愛用歴約10年!)が本気でおすすめする、SASAWASHIグッズのご紹介です。

「なーんだ、ただの宣伝記事か」なんて思わずに、ぜひ読んでみてください。
きっとまだSASAWASHIを使ったことがないアナタも、すぐに使ってみたくなるはずですよ!

MのおすすめSASAWASHIグッズ

レッグウォーマー 

¥3,500-
カラダが発する熱を逃がさない!和紙由来の断熱効果
Mのコメント
SASAWASHIさんの中でわたしが一番好きなアイテムです。
初めて手に取った時は分厚さが気になったのですが…一度履いてみたらもう病みつきでした。
暖房をつけるほどでもないけれど、なんとなくひんやりするな~という時には足元をしっかり温めてくれるレッグウォーマーは欠かせません。
内側の肌に触れる面がSASAWASHIなので蒸れることもなく、体温をうまく調節してくれます。
日中だけでなく、つま先が冷えて寝付けない時にも使用しています。
冷え性でお困りの方には是非一度試していただきたいアイテムです。

手袋&アームカバー

(UV手袋)¥1,500- / (アームカバーショート)¥2,400- / (アームカバー)¥2,800-
ほとんどの紫外線から守ります!和紙由来のUVカット効果
Mのコメント
これらは一年を通して愛用しています。
着ている服の袖丈に合わせてチョイスしています。
春夏だけでなく冬の紫外線も年々強くなっているようですが、顔のUVケアはできても、朝のバタバタとした時間の中で手や腕のケアは疎かになりがち。
そんな時にもアームカバーをさっと着用すれば簡単にUVカットできます。

5本指ハーフソックス

¥800-
臭いも蒸れも許さない!隈笹由来の防臭効果&和紙由来の吸湿効果
Mのコメント
これは「縁の下の力持ち」だと思っています。
私は特にブーツを履く時に使っています。
まず5本指ハーフソックスを装着してからタイツや靴下を履きます。
指一本一本を包んでくれているので、適度に温かく‘’夕方のつま先のギュッと締まった感‘’が軽減され、1日歩いたのに脱いでみると肌がさらっとしていました。

洗顔タオル

¥500-
皮脂を吸って清潔に!和紙由来の吸油効果&隈笹由来の抗菌効果
Mのコメント
店頭でこのタオルを触ると、こんな硬いもので顔を洗うの⁉︎と思われるかもしれませんが、水に濡らすととてもしっとりと柔らかなタオルになります。
石鹸もつけずに優しく肌を撫でるだけでさっぱりします。
必要な油分までも取り過ぎないのが肌に優しい一品です。

バスマット

(小)¥2,800- / ¥3,800- / (大)¥5,000-
よく吸っても不快感なし!和紙由来の吸水&保水効果
Mのコメント
家族が順番にお風呂に入ると2番目からの人はちょっと濡れたバスマットに足をのせることに…
SASAWASHIのバスマットはパイルが強く、足裏の水分をしっかり取ってくれます。
裏側は滑り止め加工されていますし、洗濯機で洗ってもささ和紙の抗菌防臭効果は持続するので衛生的です。

ルームシューズ

¥3,800-
ずっと履いていたい心地よさ!隈笹由来の防臭効果&和紙由来の調湿効果
Mのコメント
ころんとした形もかわいいのですが、履いてみるとパタパタせず、蒸れずに快適に過ごせます。
洗濯機で洗えるのもgood!

ルームブーツ

¥5,000-
温かいのに蒸れない!隈笹由来の防臭効果&和紙由来の調湿効果断熱効果
Mのコメント
こちらは新商品。好評のルームブーツが見た目も暖かくなって登場!
先日お店に入荷したばかりですが早くも人気者です。
肌に触れる内側はお風呂上りに素足のまま足を入れたくなる心地よさ。寝る直前までポカポカ感を持続してくれます。
特につま先が冷えやすく、靴下を履いてもなかなか暖まりにくい!という方にお試しいただきたいです。
ギフトにもオススメです!

SASAWASHIはインナチュラル各店で好評販売中!

とにかく快適!一度使ったら手放せない!
SASAWASHI製品は、ただいまインナチュラル各店(渋谷店を除く)で好評販売中です。
もちろん、店頭ではここでご紹介した以外にも様々な製品を取り揃えておりますよ。
Mが本気で厳選したグッズはもちろん、各店スタッフにもそれぞれのイチオシSASAWASHIグッズがありますので、気になるものがあればぜひお気軽にスタッフに声をかけてみてくださいね。


▼SASAWASHIの人気の秘密はこちらで知れちゃいます☆
SASAWASHIショールーム潜入レポート


10/13/2017

ガーデニングに必須の三種の神器

夜には秋の虫の音が心地よい。
この音を堪能出来るのも植物があってこそですね。
GDスタッフです。

今回は植物のガーデニングには必須な道具がありますが、
そのうち特に重要な三つの道具について紹介します。

道具は行う作業によって使うものが様々です。
それはその植物がより元気に育つためと
作業する人間が楽になり作業効率が上がるようにするためです。
これから紹介する道具も植物により形やサイズが異なる場合もあります。
料理により同じスプーンでもスプーンの形たサイズが違うのと同じですね。

道具によっては三種類くらい持っていた方がよいものもあれば
一種類で十分なものもあります。
ここにこだわってみるのも楽しいものです。


ジョウロ

水がなければ植物は生きてゆけません。
その水遣りの基本的な道具がジョウロです。

お庭ならホースで水まきの方が楽かもしれませんが、
植物の状態をみながら水分調節をするなら断然ジョウロをおすすめします。
特に初心者はジョウロを使い、植物の種類ごとの水分量を確認しながら
水遣りをすると植物の状態の変化にも気付きやすくなり、
植物を上手に育てることが出来るようになります。

小さい鉢には小さいジョウロで、大きな鉢では大きいジョウロの方が
こぼしたり、あげすぎたりせずにうまく水遣りが出来ます。


スコップ

植物には土が必要。その土を運んだり掘ったりするのがスコップ。
小さなものから大きなものまで様々で、
シャベルとも言われるが使い分けは人により様々。

植物には場合により根を切ることが大事な時がある。
そこで根を切るのに役立つのがスコップ。
ケンスコと呼ばれる先の尖ったスコップを地面に差し込み体重で押し切る。
以外と危険な道具でもある。


はさみ

これがないと自由に伸びた植物を整えることが出来ない。
いくら自然樹形が素敵といっても多少の剪定は必要。

一番使いやすいのは細い枝くらいは切れるはさみ。
値段もピンキリだが切れ味や使いやすさは値段相応。
見た目も様々で道具としては特にこだわりたいアイテム。
ケチらずに高いものを買いましょう。

選ぶポイントは切れ味と軽さ。
特に軽さはあまり気にしないで買われる人が多いですが、
お庭のメンテナンスになると長い間はさみを持ち作業するので重いと非常に疲れます。
バネの強すぎると疲れるので気をつけましょう。
植木の職人たちはバネ無しを使っています。




他にも室内用の植物には外とは違う道具が色々と必要になってきます。
それぞれに特徴があり便利なもので、道具を集めて飾って楽しむ人もいれば
一つの道具をずっと使い続ける人もいます。

植物に付随する道具もまたガーデニングの楽しみの一つなのです。


インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら

SASAWASHIショールーム潜入レポート

皆様、インナチュラルで大人気の雑貨をご存知でしょうか?
その名はSASAWASHI
インナチュラルスタッフにも愛用者が多々存在する服飾雑貨ブランドです。
今回はそんな大人気雑貨の秘密をご紹介します!

題して……

SASAWASHIショールーム潜入レポート!


ちなみにショールームのお庭は弊社ガーデンデザイン課のプロデュース♪


実は、9月某日、表参道にあるSASAWASHIさんのショールームへと取材に行って参りまして。
お話を伺ったのはもちろん、SASAWASHIの生みの親である糸井社長です!

とても熱いお話をたくさん聞けましたので、この場を借りてお伝えしますね♪


SASAWASHI=ささ和紙の誕生秘話

SASAWASHIは、和紙をベースに隈笹の葉を漉き込み、特殊な技術で撚りあげた糸から生まれた製品です。

和紙から糸を撚り布に織る。
目から鱗が落ちるようなその発想のきっかけとなったのは、ある植物研究者からの売り込みでした。
その研究者さんは隈笹(クマザサ)と草木染めの研究をしてる方だったそうで、最初は草木染めにどうか?というアプローチだったのだとか。
しかし、社長が目を付けたのはむしろ隈笹の葉そのものでした。

隈笹は昔から胃腸薬としても使われるほどに抗菌作用が強い植物。
似たような作用を持つ植物に竹がありますが、竹は竹竿(幹)の部分が大半で葉っぱはごく僅か。
しかも竹が世界中で育つのに対し、隈笹はアジアの一部にしか分布していない特別なものです。
そしてその中でも社長が選んだのが、葉が大きくて1000m以上の高地にしか自生しない大隈笹でした。
選んだ産地は薬づくりでも名高い長野県。
そう、たとえ険しい場所にしか生息しない隈笹であっても、薬として使われるからこそ、薬の産地には収穫できる業者さんがいるのです。

ではこの隈笹をどのように生地へと使っていくか。
その時社長が思いついたのが、同時期にアプローチを受けていた和紙業界とのコラボレーションでした。
「隈笹の葉っぱを和紙にすき込めばいいんじゃないか?」
その思いつきを和紙メーカーへ打診すると、最初は無理だと言われたのだそうです。
しかしそれでも苦心の末、特殊製紙の機械を使うことでなんとか漉き込みに成功!
さらにそれを糸の形に撚って布へと織り上げることにもなんとか成功!
成功の鍵は決して全自動の機械だけでは成し得ない、日本のメーカーならではの職人業にありました。(和風●本家風)


笹と和紙 快適のコレボレーション

こうして生まれたSASAWASHIは、最初に言った通り"隈笹が持つ抗菌効果"に期待して生まれた製品でした。
しかし今、SASAWASHI製品が持つ効果はこんなにあることが分かっています。
  1. 1.隈笹由来の抗菌・消臭効果
  2. 2.隈笹由来の保湿効果
  3. 3.和紙由来の吸湿・吸水・吸油効果
  4. 4.和紙由来のUVカット効果
SASAWASHI製品第一号は、抗菌効果と消臭効果を期待した靴下でした。
ところが実際に使用してみると、偶然にも、その靴下には吸湿・吸水・吸油効果まであったのです!
それは、隈笹を使うために選んだ和紙という素材の持つ効果でした。
こうして"臭わず快適な靴下"から"臭わず蒸れない快適な靴下"へと昇格したSASAWASHIの靴下は、今日まで変わること無くSASAWASHIの代表商品として日々人々を魅了し続けています。

さらに興味深いことに、商品開発を進めていく中で発見されたのがUVカット効果でした。
なんと保湿効果を期待して開発されたおやすみ手袋を日中に使用すると、日に焼けないということが判明したのです!
調べてみると、たしかにA・B・C紫外線とも90%以上を遮蔽するという結果が。
これには社長もたいそう驚かれたんだとか(笑)
そしてこのUVカット効果もまた、和紙の持つ特徴だったことが分かります。
これをきっかけに、女性のSASAWASHIユーザーの皆様から絶大な信頼を得ることとなるUV手袋やアームカバー・帽子などのUVカットシリーズが生まれたのでした。

このように特別な何かを施すのではなく、原料そのものが本来持っている効果が生み出す「快適さの相乗効果」こそ、まさにSASAWASHIユーザーの心を掴んで放さない最大のポイントなのです。


多彩なラインナップ

さて。最初は一種類の靴下から始まったSASAWASHIシリーズも、今やそのラインナップは多岐に渡ります。
今回お邪魔したSASAWASHIショールームには、そのほとんど全てがずらり。

ソファでお話をうかがっていた時もかなり熱かった社長ですが、製品を前にするとその熱はますますヒートアップ!
とにかくSASAWASHI製品へのこだわり・自信とプライドが素晴らしいの一言なのです。
製品の一つ一つにしっかりとした開発の背景があって、それらの一つ一つが現在の幅広いSASAWASHIラインナップを支えています。

せっかくなので、ルームシューズや靴下・UVカット商品だけじゃない、SASAWASHI魅惑のラインナップを少しご紹介しますね。

とにかく売り切れ必至の衣料品
グッズよりもさらに安定生産が難しいそうなので、SASAWASHIの服は一期一会だと思ったほうがいいかもしれません。

最近仲間入りしたばかりだという寝具シリーズ
カーテンと並んで海外ブランドのホテル業界からも今大注目を浴びている、間違いなく気持ちいいグッズの逸品です。

一風変わったこだわりのヘルスケア用品
和紙に漉き込むための隈笹繊維を取り出す過程の抽出液を軸に作られたヘルスケア用品シリーズは、もともと隈笹が持つ力を最大限活用した頼もしさが魅力です。


SASAWASHIの取扱ポイント

こんなに魅力的なSASAWASHI商品ですが、その取扱にはちょっと注意が必要です。

その代表がお洗濯。
これほど良い物なのだからこだわりの洗剤を使いたい!
そんなお気持ちは痛いほど分かるのですが、いかんせん素材は和紙なのです。
偏ったpHは本体を溶かしてしまいますので、どうか中学生の頃の酸とアルカリの実験を思い出して、お洗濯には中性洗剤をご使用くださいね。
なお漂白剤や漂白剤入りの洗剤も、同じ理由で強度や風合いに影響してしまいますので使用は控えたほうがおすすめです。
さらに洗濯ネットも使用したら、より長くお使いいただけますよ!

またSASAWASHIは何かと吸収力に優れた製品です。
色物と一緒に洗う時は色移りによく注意してくださいね。
特に白い商品はとてもよく染まりますので、ぜひ色物とは別に洗濯していただくことをオススメします。
なお、自然環境を考えてお風呂の残り湯でお洗濯されている皆様は、入浴剤の色で染まることもあるようなのでやっぱりご注意くださいませ。

SASAWASHI製品はとにかく素晴らしい物であるがゆえに、少しでも長くお使いいただきたいというのが私たちの願いでもあります。
お品物によって取扱方法は少しずつ異なりますので、何か不安がある場合は遠慮なくスタッフにお問合せくださいね。


ひたすらに、良い物を。

以上、SASAWASHIショールームにお邪魔して伺ってきたお話をご紹介して参りましたが、いかがでしょうか?
とにかく社長が熱かったこと。
とにかく一つ一つの商品にこだわりと素晴らしい効果が詰まっていたこと。
たとえどんなに苦労しても、だたひたすらに良い物を作りたい。
そんな思いに裏打ちされた確かな自信ががひしひしと伝わるインタビューで、私もまた一段とSASAWASHIが好きになってしまいました。
インナチュラルがお届けするValue
「Love - 愛着を持てるものを扱う価値」
これを体現したような存在がSASAWASHIというブランドです。
ぜひ店頭で見かけた際はまず手に取って、それから騙されたと思って使ってみてください。
きっとその魅力を実感して頂けることだと思います。


▼スタッフが本気で選んだSASAWASHIグッズ、興味ありませんか?
http://www.in-natural.style/2017/10/sasawashi_16.html






ちょっと息抜き番外編:くま笹液は、飲める。

インナチュラルのSASAWASHIコーナーで、こんなボトルを見たことはありませんか?
そう、これが噂の隈笹抽出液「くま笹液」です。
SASAWASHI製品を作る上で必ず出てくるこの液にも、もちろん隈笹が持つ抗菌作用はぎっちり詰まっております。
しかも原液なので、薄めて使えばあら不思議!
洗濯の時少し混ぜるだけで抗菌力がぐっとアップ。
口ゆすぎに使えばお口の中がたちまちスッキリ&さっぱり。
当然消臭効果もあるので、スプレーに入れてお手軽消臭スプレーだってできちゃいます。
なんでも店長は美容液としても使っていたとか…!
万能「くま笹液」恐るべし。

そんな「くま笹液」ですが、実は飲んでもOKなように精製した飲用水ver.が存在します。
コレを飲んだら胃腸もすっきり爽快!とのことだったので(そもそも胃腸薬の原料ですからね)
私もご相伴に預かってみました。
と言っても当然隈笹の抽出液なので、見た目は薄めてこんな感じ。

社長のロックな心意気と店長の優しさがせめぎ合った結果の、気持ち濃いめ。

若干、青汁の雰囲気が漂います。
もしや漢方薬みたいな味がするのではないかとドキドキしながらいただくと……
意外にもとっても爽やかな清涼感が口から喉を伝って胃へ落ちるのが分かりました!
あ、コレ美味しい!
全然青汁や漢方薬ではありませんでした(笑)
胃腸が辛い時にはコレを飲むとあっという間に元気になれるそうなので、もし貴重な「飲用水ver.」を見かけたらぜひ試してみてくださいね!

10/12/2017

秋だ!実りだ!どんぐりだ!?実で楽しむ樹木

みなさまこんにちは!最近家族が1匹増えたGDスタッフです。
秋ですが、秋らしくない気候に振り回されっぱなしですね。
しかし、木々を見ると秋を感じずにはいられません。


秋を感じるのに紅葉を見上げるだけと思っていませんか?
そうではありません。是非足元を見て頂きたい!
秋は実りの季節です。そこかしこに実りが落ちています。
そこで、昔拾った・・あの実何の実不思議な実。
お子さんと楽しめる樹木をご紹介したいと思います。


マテバシイ

ブナ科の常緑高木。どんぐりと言えばこれ!っと思うのは私だけでしょうか?面長の形にサインペンで顔を書きませんでしたか?綺麗に帽子をかぶったどんぐりを見つけるとテンション上がりませんでしたか?お尻に楊枝をさしてどんぐりコマしませんでしたか?成長が早く汚染などにも強いことから街路樹にも使われる樹木です。



コナラ

ブナ科コナラ属の落葉高木。しいたけの原木や公園の木として使われています。広く山林に分布しています。
コナラの実まマテバシイに比べ小ぶりで可愛らしいフォルムです。雑貨のような可愛らしさですね。



クヌギ

ブナ科コナラ属の落葉高木。コナラと同じようにしいたけの原木として使われています。クヌギと言えばカブトムシ!幹肌はコナラより粗く黒っぽいのが特徴です。実は平べったくずんぐりしていてとても可愛いです。傘の部分は栗のトゲトゲを思わせます。狩猟時代には貴重な食料だったそうです。



シラカシ

ブナ科コナラ属の常緑高木。昨今の建売住宅などの目隠しに使われることが多い樹木ですが、カシの木なので立派な実がなるのです。山林などに植わっているものは10m〜20mの巨木になりますが、住宅地などの地盤だとそこまで大きくはなれないとのこと。黒樫や赤樫がありますが、白樫が人気です。



紅葉して落ち葉で地面が見えなくなる前のまさに今の時期はどんぐりを見つける時期です。宝探しのように、地面を見ながら季節の落し物を探して見ると、お子さんと話が盛り上がるかもしれませんね!!


*************************************

インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら→http://in-natural.tumblr.com/
 
Back To Top
Copyright © 2014 IN NATURAL STYLE. Designed by OddThemes