BREAKING NEWS

GARDENING

FAIR

WORKSHOP

9/22/2017

鉢植えや地植えの花を長く楽しむには?

突然ですが秋の七草を全部言えますか?

はぎ・すすき・くず・なでしこ・おみなえし・ふじばかま・ききょう

秋の七草は花をみて楽しめるものばかりです。
せっかく咲いた秋の花を長く楽しみたいと誰もが思うもの。

今回は花を長く楽しむにはどうすれば良いのかというお話です。
考え方としては鉢植えも地植えも株を元気にすることです。


植え替え

植え替えは根を傷めることもあり植物にとってとても危険な作業です。
根はとても敏感な部分ですので間違って大事な部分を切ってしまうと枯れてしまうこともあります。しかし、切ることで新しい根が促されることもあるのです。
作業は大胆かつ慎重に行います。
鉢植えの場合は将来大きくなるからといって大きすぎる鉢に植えてはいけません。
今植わっている鉢の一回り大きいくらいのサイズがベストです。


鉢植えの場合 
根詰まりをおこす前に一回り大きな鉢に植え替えます。発根を促し株が強くなり花数も増えます。根をしっかりはることは元気な株をつくる必須条件です。

地植えの場合
基本的には植え替えの必要はありません。狭い場所にたくさん植えている場合は株分けして量を減らし、新たな根が伸びるスペースをつくりましょう。
    

水やり

水やりは植物の成長に欠かせません。
特に鉢植えでは水切れに超注意です。一度でも水切れをおこすと花はおろか、蕾もすべて落ちてしまうことを覚悟しましょう。花が落ちるだけならまだしも、最悪は株が枯れて・・・。これ以上は恐ろしくて書けません。一日の忘却が数日の後悔となります。

 

鉢植えの場合 
決して水やりを忘れてはいけません。水切れだけはおこさぬよう鉢内の水分を死守して下さい。それでも忘れてしまうのであれば「植物を育てる資格なし」の烙印を押される前に文明の利器に頼りましょう。
最も原始的なやり方は腰水です。鉢の下にソーサーを敷き、水をためて鉢の下から水を吸い上げてもらいます。うまくいけば数日は水やり無しでOKです。メージャーな物としてはご存知自動灌水装置です。決まった時間に決まった量あげてくれます。植物の状態や環境に関係なく常に同じ動きが繰り返されます。愛のない水やりです。最新のものは鉢にある装置を刺し、それが土中の水分量をはかり、水分量が少なくなってくると自分の携帯に水切れの連絡がくる物もあります。


地植えの場合
こちらは雨という強い味方がバックに控えていますのでだいぶ安心です。しかも土壌も繋がっているので部分的に乾きだしても周りが湿っていれば浸透圧で多少のフォローがあります。しっかり根付いている株であれば夏に水遣りをするくらいで対応出来ることもあります。根が浅い植物は水切れに注意です。

花摘み・剪定

意外と知られていない大事な作業。鉢植えも地植えも作業は同じです。
終わった花は摘みましょう。終わった花を残しておくと種をつけようとします。そこに栄養を奪われ次に花にいく栄養が減ります。種を取りたい場合は二番花からとりましょう。終わった花は病気の原因にもなるのでとにかく見つけ次第摘みます。

種になるはずの終わった花が無くなると、植物は種をつくる為にまた新しい花を咲かせようと頑張ります。そこで咲いてきたのが二番花とよばれる花です。レギュラー選手がいなくなったため控え選手がレギュラーに昇格した輝かしい瞬間です。お見逃しなく。

 

バラなど植物によっては切り戻すことで再度花が綺麗に上がってくるものもあります。また、剪定によって枝を増やせばそれだけ花芽がつく可能性が高くなりますが、栄養が分散されて花付きが悪くなる場合もあるので要注意です。選ばれし者だけが使える高等テクニックなのです。

花摘みや剪定では一つの花を長く楽しむよりも次々に花が咲くようにして全体として長く花を楽しむやりかたです。

肥料・消毒

花が虫に食べられたり、病気で枯れてしまったりすることもあります。
それも自然の一部で良しとしてあげたいのですが、花を綺麗に長く楽しむのであれば肥料やりと消毒は必要です。

 

これも鉢植えと地植えのどちらも同じですが鉢植えでは肥料切れがおこりやすいので気をつけて下さい。肥料が切れてくると花上がりはわるくなります。ダニやアブラムシによって花芽がやられ咲かなくなることもよくあります。

消毒は虫がついたり病気になった後にするのではなく元気な株のときから薄めの濃度で散布することをお勧めします。虫の食害や病気の後に散布してもなかなか全滅させるのは難しいのです。


結局のところ花を長く楽しむ為には通常の園芸作業を抜かりなくおこなうことなのです。
大事なことは植物をみてあげること。毎日みていれば元気なのか病気なのかもすぐに気付きます。元気であれば花も長く楽しめるはず。
誰にでも今から出来ることなので是非実践してみてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
【秋のお庭キャンペーン】

インナチュラルは只今、キャンペーンを開催中です。

秋のお庭を楽しみませんか?

ガーデンプランナーがオススメする、
秋のお庭にぴったりの植物が店頭に並びます。早いもの勝ちなので、是非!

下記リンクより承っております

9/21/2017

地味なヤツにも華はある!最高の脇役グランドカバーって?

皆さまこんにちはGDスタッフです。 先日の台風は風がすごかったですね!?
台風中継で街路樹が根こそぎ倒れたりする場面をみると心が痛みます。
自然の力はすごいですね。



さて、今回はグランドカバーについてです。
植物を植えたあと、土の部分が露出していますが 皆さんのお庭はどうされていますか? 雑草防止にマルチングをしたり砂利敷きにしたり、芝を敷いたり いろいろな方法があるかと思います。私たちがおすすめするのは、植物で土を覆ってしまうと いう方法です。
そこで、インナチュラルのおすすめグランドカバーをご紹介したいと思います。

アジュガ



アジュガ:シソ科の常緑植物で、ランナーを伸ばして株を増やします。葉だけでも様々な色合いや形があり、約40種あると言われています。群生していると見応えがあります。そして、やはり花が可愛い!!春になると今まで地味だった葉の中央部に花芽が付き一気に開花します。鮮やかなパープルやピンク、白の花はまさに主役級です。育てるのは比較的簡単で、日陰にも強く個人的にも一番おすすめのグランドカバーです。

リシマキア





リシマキア:サクラソウ科の常緑植物で秋口から冬にかけて紅葉する種類もあります。地を這うように広がっていきますが、つる性植物ではないため伸びすぎてどうにもならない!!なんてことはありません。春に黄色い可愛い花をつけます。鮮やかなライムグリーンのオーレアや銅色の葉が印象的なミッドナイトサンなど約200種あると言われています。決して主役にはなれませんが、レンガや枕木などの隙間に入り込んで伸びていくので、空間を演出してくれる素敵な脇役です。

セダム



セダム:ベンケイソウ科の常緑植物です。セダムといえば多肉植物売り場でよく見かけますが、立派なグランドカバーです。繁殖力が強く、セダムの頭をチョキっと切ってパラパラ撒いておくだけで根が出て定着しまた増えていきます。多肉植物のためぷっくりした葉に水分をたくわていますので、水のやりすぎや水はけの悪い土だと蒸れて腐ってしまうことがありますので、日当たりが良く、水はけが良い場所で乾燥気味に育てるのが適しています。コンクリートの隙間のわずかな土からでも生えてくる可愛いやつです。


ディコンドラ



ディコンドラ:ヒルガオ科の多年草。ハート型の葉と緑や銀色が特徴のつる性植物です。寒さには弱く冬に枯れこむことがありますが、春には新芽を出します。地を這うように広がっていきます。周りの植物を邪魔しないひそやかな可愛らしさが素敵なヤツです。


ヒメツルソバ



ヒメツルソバ:タデ科の多年草です。赤い葉とピンクの花が可愛らしい植物ですが、非常に繁殖力が強く最初に植えた一株が必要以上に広がってしまい他の植物を覆い尽くしてしまうこともあります。冬場に地上部分が枯れることがありますが、春になると新芽をどんどん伸ばして広がります。広い範囲をカバーしたいやロックガーデンなどにおすすめです。


ヒメイワダレソウ(リッピア)



リッピア:クマツヅラ科の多年草。シロツメクサに似た可憐な花を咲かせます。非常に繁殖力が強く、1m2に3・4株植えれば全体的に覆い尽くしてしまいます。お庭全体のグランドカバーや公園などに向いています。種を飛ばして広がって行くため、そこかしこから芽が出てきます。人が踏んだりしてもその分強くなるので、小さなお子さんがいる家庭などのお庭におすすめです。

グランドカバーと言う植物はありませんが、グランドカバーに使える植物はたくさんあります。雑草の生える範囲を抑制する役割もありますが、雑草を防ぐことは出来ません。グランドカバー以上に生えてきてしまった雑草は手入れし、上手に付き合って行くのが良いお庭なのかもしれません。素敵なお庭には、素敵に見せる地味な植物がたくさん植わっているのです!
逆におすすめ出来ないグランドカバーもあります。

ワイヤープランツ



ワイヤープランツ:タデ科の常緑植物です。小さな丸い葉が人気で良く植物売り場で見かけます。寄せ植えなどにも良く使われますね。しかし、地植えは要注意です!ワイヤープランツというだけあり、横にも縦にもあらゆるところに伸びて行き樹木を覆い尽くすほど成長します。最初は細かった幹もみるみる太くなり樹木のようになります。増えすぎてしまったワイヤープランツは根絶することが難しく、抜いたと思っても少しでも根が残っているとまたそこから増えます。ガーデナーとしては地植えにはしない植物です。鉢植えで楽しみましょう!

グランドカバーもたくさん種類があり、適材適所に植えてあげればお庭を引き立ててくれる存在です。いろいろなグランドカバーが混ざり合い伸びて行く様はとても可愛く、そんなところに目を向けられるようになるとあなたは素敵なガーデナーです!


🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿

グランドカバーに関してのご質問や直接のご購入希望の場合は
こちらへ👉http://in-natural.jp/#contact

<お問い合わせ内容>に内容をご明記下さい。ご購入希望の場合は植物の種類、株数をご明記下さい。こちらから確認のご連絡をさせて頂きます。お庭相談も受付中です!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
【秋のお庭キャンペーン】

インナチュラルは只今、キャンペーンを開催中です。

秋のお庭を楽しみませんか?

ガーデンプランナーがオススメする、
秋のお庭にぴったりの植物が店頭に並びます。早いもの勝ちなので、是非!

下記リンクより承っております
秋のお庭キャンペーン

9/15/2017

意外な効果?!

こんにちは。GDスタッフです。

いかがお過ごしでしょうか?
秋に入りましたが、まだまだ暑さが続くそうなので、くれぐれもご自愛くださいませ。

さて、皆様はガーデニングが認知症の予防になることをご存知でしたか?
昨今、医療現場では認知症治療の一環として「ガーデニング療法」と呼ばれるものが取り入れられてきました。

今回は『治療としてのガーデンニング』についてフォーカスし、その効用について述べていきたい思います。さっそくいきましょう。




ガーデニング療法とは

心や体を病んだ人たちのリハビリテーションとして園芸活動をセラピーの手段として利用するもの。第二次世界大戦の後、1950年代からアメリカ合衆国や北欧から始まった。アメリカでは主として、戦争からの帰還兵の心の癒しの手段として発展してきたが、北欧では平行して、障害者の社会参加、社会復帰の考え方を主導するノーマライゼーションの一環として、これは当初考えられた。
(出展:ウィキペディア

アメリカでは第二次世界大戦後、後遺症に苦しむ軍人に園芸療法が大きな効果を発揮しました。これがきっかけで園芸を用いたリハビリが一つのカテゴリーとなり広まったとされています。


効果について



ガーデニング療法の効果については主に以下の3点が挙げられます。

●精神的な効果
ガーデニングを通じて「植物を育てている」という意識が芽生え、やりがいや生きがいを感じ、精神的なストレスを軽減することができる。

自分が育てている植物の成長を感じることで、精神状態が落ち着きます。これによりQOL(生活の質)の向上も期待できます。

●社会的な効果
植物の育成を通じて社会性を高めることで他者との共感を図り、コミュニケーション能力を向上することができる。

普段あまり話をしていない人達と一緒にガーデニングを行うことで、自然とコミュニケーションがとられ、社会性の向上を図ることができます。

●身体的な効果
体を動かすことにより、血流を循環できる。

ガーデニングを行うことで、自然としゃがんだり、立つことが繰り返されるので運動不足の解消につながります。

これらの効果を一度に得られるガーデニングは、認知症予防に最適ですね。
ガーデニングを行うということは、様々な工程を踏まなければなりません。土を作る、植える、水を与える、添え木などで倒れないようにするなど、多くのステップが必要です。多くのステップを踏むためには、自然と外に出なければならないので、体を動かすきっかけにもなります。また、外にでることで、季節や時間を感じたりできるのでメリットは多いですね!


効果を上げるポイント



効果的にガーデニング療法を行うポイントは4つあります。

①育てる植物は、極力種から育てる。(既存商品の植物を購入することも可)
愛情を感じることで、ホルモンが分泌し、免疫力を上げる。

②道具を使用し、手を使う。
脳細胞の活性化を促す

③ガーデニングの開始時間を決める。
体内時計を保つ。

④植物を目の届く場所に置く
成長を感じられ、継続性を保つ。

上記4点がポイントです。

愛情や達成感を感じることが、継続的にできる秘訣です。もし、皆様のご家庭に認知症の方がいらっしゃいましたら、ガーデニングの提案をしてみてはいかがでしょうか。家のお庭でも十分、対応できると思います!


---------------------------------------------------------------------------------------------------------
【秋のお庭キャンペーン】

インナチュラルは只今、キャンペーンを開催中です。

秋のお庭を楽しみませんか?

ガーデンプランナーがオススメする、
秋のお庭にぴったりの植物が店頭に並びます。早いもの勝ちなので、是非!

下記リンクより承っております
秋のお庭キャンペーン


9/13/2017

果樹で楽しむ秋

食欲の秋ですね。
こんにちはGDスタッフです。
さて、今回は食欲の秋ということもあり恵みの多い果樹のご紹介です。 
インナチュラルでは群馬県は前橋市にある自社Farmにて店頭で弱ってしまった花苗達を養生しているのですが、そこで季節の野菜や果樹も育てています。
本日社内研修でFarmに行ってきたので、収穫物と合わせてご家庭でも比較的育てやすく秋に収穫できる果樹を何種類かご紹介したいと思います。





















葡萄(ぶどう)




ブドウ科 / ドウ属 / つる性落葉果樹
収穫時期:8月~10月中旬
効能:疲労回復、老化防止、美肌効果

葡萄はとっつきにくいイメージを持たれている方が多いかと思いますが、日本全国栽培可能で成長も早く収穫量も多い果樹です。自家結実するため受粉樹いらず! !
1本で実をつけることができます。つる性のため、アーチやパーゴラ、フェンスなどに絡めて育てます。雰囲気も素敵♪


林檎(りんご)




バラ科 / リンゴ属 / 落葉中高木
収穫時期:8月下旬~11月
効能:ガン予防、喘息予防、血液系の病気予防、糖尿病改善

リンゴは自分の花では受粉できませんので、結実しやすい品種の組み合わせを隣接して1本植える必要があります。確実に実をつけるには人工受粉をします。
実を期待するには2本植えることになるので、少し広めの庭に植えることをお勧めいたします。
「1日1個の林檎は医者を遠ざける」と言われるぐらい万能な果物”林檎(りんご)”。
収穫後もジャムにしたりジュースにしたり食事やデザートに使ったりと用途も豊富なので、ご家庭で収穫できたらなんだか嬉しいですよね(^^)



無花果(いちじく)



クワ科 / イチジク属(フィクス属)/落葉高木
収穫時期:6月下旬~8月上旬(夏果)、8月中旬~10月中旬(秋果)
効能:実/アンチエイジング、便秘解消 
   葉(煎じてお茶に)/血圧安定

イチジクは育てやすく家庭向けの果樹です。植えつけてから2~3年で実がなり、新しく伸びる枝はすべて実をつける枝(結果枝)になるので、この枝をつくるまでの樹づくりがとても大切です。成長が早い上に葉が大きいため下の方にも日の光を入れるために剪定は必須。落葉高木なので大きくなります。剪定で小さく仕立てることもできますが、基本的には少し広い場所に植えることをお勧めします。
甘く美味しい実には虫も敏感に察知して寄ってきますので、虫に先を越されないように要注意です☝︎
インナチュラルのFarmでは小さい実ができていましたよ!来月には収穫できそうです♪



キウイフルーツ




マタタビ科マタタビ属 / つる性落葉果樹
収穫時期:10月~12月
効能:便秘解消、消化促進、美肌効果、疲労回復、風邪の予防

キウイフルーツは雄雌異株のため、最低でも雄株1株、雌株1株の合計2株植える必要があります。パーゴラなどに絡ませる場合は左右に1株ずつ植えるといいでしょう。雄と雌の花はとてもよく似ているので植えた後に見分けがつくよう名札をつけておくことをオススメします。自然受粉しにくいため、確実に実をつけたい場合は人工受粉をします。
キウイフルーツが自宅で収穫できるなんてお洒落ですよね♪夏は日よけにもなるのでパーゴラのシェード代わりに育ててみてはいかがでしょうか。



人工授粉のやり方



何度か登場した「人工授粉」。難しそ〜〜〜と思われるかもしれませんが、やり方は意外に簡単です(^^)b自然受粉よりもより実をつける確率はぐっと上がるので是非試してみてください。


<やり方>

雄木の雄花を雌木の雌花につけて受粉させる。
※ 直接、花同士の花粉がついている部分をくっつけるようにする。または柔らかい毛筆用の筆や綿棒に雄花の花粉をなじませ、雌花のずいに軽くこすりつける。


まとめ



果樹は育てる楽しみにプラスして収穫の楽しみもあります。
スーパーや八百屋で綺麗で美味しい果物を買って食べるのもいいですが、自分で育てた不恰好で味もワイルドな果物も手をかけているだけそれもまた美味しいはず♪
毎年改良して店頭に並んでいるものに負けないくらいのものができちゃうかも!
旬のものを旬の時期に食べられ季節も感じられますし、是非楽しみながら育ててみては(^^)





---------------------------------------------------------------------------------------------------------
【秋のお庭キャンペーン】

インナチュラルは只今、キャンペーンを開催中です。

秋のお庭を楽しみませんか?

ガーデンプランナーがオススメする、
秋のお庭にぴったりの植物が店頭に並びます。早いもの勝ちなので、是非!

下記リンクより承っております
秋のお庭キャンペーン

9/08/2017

9月の庭仕事

こんばんは。GDスタッフです。
9月始まって早1週間。朝晩が過ごしやすくなって、すっかり秋の雰囲気になりましたね。
今年の8月は日照が少なく、夏越しが心配な植物たちが意外と元気に過ごせたのでは?
しかし逆に雨も多く、乾燥気味が好きな植物が蒸れて枯れてしまった、ということも多いのではないでしょうか?
秋が長くなるのか、冬があっという間にきてしまうのか。
今日は初秋の9月にやるべき庭仕事を紹介いたします。


バラの夏剪定

四季咲きの品種は秋の花をキレイに咲かせるために、9月中旬ごろまでには夏剪定を行いましょう。
夏で成長したバラは葉をたくさん付けたでしょうか?
剪定した後にも光合成をさせるため、葉はなるべく残すように、3分の2程度の高さで全体を切ります。
夏に葉を落としてしまった場合は、できるだけ葉を残したいのでもっと上で切ります。

冬の剪定のように必ずやる作業ではないのですが、そのままだと高く伸びた細い枝先に小さい花が咲くだけになってしまいます。
今年は秋が早いので剪定も早めに。
花芽がつき始めているようであれば、今年はたくさんの花は諦めて、控えてもいいかもしれませんね。


タネの準備

来年の春の庭をイメージしながら、秋まき1年草のタネの準備をしましょう!
何色の花が咲いて、背丈がどれくらいになるか、などをチェックしながらタネを選びます。冬をすっ飛ばして春のイメージ。ワクワクする時間ですよね。

タネには直まきできるタネと移植をして育てるタネがあります。
直まきできる「ヤグルマソウ」など、個人的におすすめです。
こぼれ種でも増えることがあるので、毎年楽しめるようになるかもしれませんよ。

タネをまく適期は発芽温度など、植物それぞれのタイミングがあるので、時期を逃さないように気をつけましょう。


シクラメンの植替え

お店でもガーデンシクラメンが出てきました!
ご自宅で夏越ししたシクラメンは、今のうちに植替えしましょう。

休眠せずに葉を残している株は夏越し成功です。
根鉢をできるだけ崩さずに一回り大きい鉢に替えましょう。
球根が3分の1ほど表土から出るようにします。
すべて土の中に入らないよう、気をつけてください。

休眠した株は9月でも休眠中です。植替えをして起こしてあげましょう。

植え替えた直後は球根の頭に水がかからないよう、たっぷり水をあげましょう。
その後は鉢土の表面が乾きだしたら、球根ではなく土に水をあげます。
毎日様子をみて、乾かしすぎないよう、気をつけましょう。


台風対策

9月は台風シーズンです。いつ、どれくらいやってくるのか・・・予測をするのは難しいので、対策をしておいて損はありません。

植木は夏の成長で枝ぶりが良いままだと、風を受けやすくなってしまう恐れも。
風が抜けるよう、ある程度剪定しておきましょう。
鉢植えの大きな樹木も倒されてしまうかもしれないので、先に倒しておくという手もあります。

植えたばっかりの細身の樹木などは揺らされて根も動かしてしまうかもしれないので、支柱をしてあげると安心ですよ。

他にも寄せ植えの鉢など、飛ばされてしまう可能性があるものは事前に避難しておきましょう。

植物を元気に育てるには時期によって適切な管理をしてあげることが大切です。
植物の成長がガーデナーの喜びでもありますよね。
日常が忙しくても合間を見つけて植物に向き合ってみると、癒されてしまったり。
作業一つ一つは大変ですが、楽しみながら庭づくりをしましょう!


---------------------------------------------------------------------------------------------------------
【秋のお庭キャンペーン】

インナチュラルは只今、キャンペーンを開催中です。

秋のお庭を楽しみませんか?

ガーデンプランナーがオススメする、
秋のお庭にぴったりの植物が店頭に並びます。早いもの勝ちなので、是非!

下記リンクより承っております
秋のお庭キャンペーン


Happy Halloween 2017!!

皆様こんにちは。暑さが和らぐと活発になるSHIORIでございます。
ハロウィン大好き人間である私めの季節が、今年もやって参りました!
某●ィズニー海でもハロウィンイベントが始まりましたね〜行きたい(切実)

というわけで、インナチュラル店頭も9月に入ってさっそくハロウィン特集の売り場が姿を表しておりますよ!

見てくださいこの所狭しと並んだお化けカボチャ!
売り場の一角がとっても、オレンジです(笑)

しかーし!
真のハロウィンはお化けカボチャのみにあらず!


そう、去年も説明しましたが、ハロウィンというのは秋の収穫祭でもあるのです。
(詳しくは去年のハロウィンブログをチェック!)
⇒http://www.in-natural.style/2016/09/blog-post_85.html

思い出していただけましたか?
では表面の話は去年書いてしまったので、今年はもう少しハロウィンを掘り下げてみましょうか。


なんでハロウィンが収穫祭なの?

そもそもハロウィンの原型はケルト人が夏の終わりに行うお祭だと言われています。
ケルトの暦の話はややこしいので割愛しますが、大雑把に夏の終わり(≒秋頃)の大晦日だと考えてもらえればいいわけです!
だからこそ時期的にハロウィンには収穫祭の側面があるんですね。
実り多く一年を終えられることに感謝して、次の一年の実りを願う。
そんな節目としてハロウィンを受け入れていくのもアリではないでしょうか。


お化けカボチャの怖いお話

ハロウィンの象徴といえば、今や右に出るものはないお化けカボチャこと「ジャック・オ・ランタン」
これ、本来は本物のかぼちゃをくり抜いて手作りします。
油性マジックで顔を描くんじゃだめなんです。
だってこれは「ランタン」、つまり中に蝋燭を入れて明かりを灯すためのものなんですから。

昨年のブログでちらりと触れましたが、ジャック・オ・ランタンには面白怖い逸話があります。
実はこれ、ある極悪人の魂が持っているランタンを模しているというのです。
その極悪人は仮にジャックと呼ばれています。(日本語で言うところの名無しの権兵衛)
彼は生前悪魔を騙して死後地獄に落ちなくてすむ約束を取り付けたのですが、
実際に死んだ時、なんと生前の行いのせいで天国にも入れてもらえなかったのだとか……。
行く宛のないジャックさんは今もただひたすら真っ暗な道を彷徨っていると言われています。
そんな彼の唯一の持ち物が、そこら辺に落ちている萎びたルタバガをくり抜いたランタンなのですね。

これが噂のルタバガ(出典:ルタバガ - Wikipedia

このお話からも分かる通り、昔はジャック・オ・ランタンはルタバガ(カブに似た野菜)で作られていました。
ちなみに現在カボチャが主流なのは、アメリカだとカボチャの方が生産量が多かったからだそうですよ(笑)


今年も個性的なハロウィングッズが勢揃い!

もちろん、日本でのハロウィンならば手作りにこだわらなくたって構いません。
お手軽かわいいハロウィングッズで、ご自宅もハロウィンカラーに染めませんか?

色んな顔も、顔じゃないカボチャもご用意してます。


お気に入りの花壇や寄せ植えにはピックもいかが?


小さなカボチャを集めたらこんなにかわいいカボチャ畑リウムも✨



今年も個性豊かなジャック・オ・ランタンたちが、あなたのお迎えを待ってます。
ぜひお気に入りの子を探しにいらしてくださいね♪


今年も個性的なハロウィングッズが勢揃い!

そしてもう一つ、ハロウィン時期のお楽しみといえば、ハロウィン仕様のワークショップですね。
今年もご用意していますよ!

1) 玄関に手作りのウェルカムボードはいかが?

『秋のウェルカムボード作り教室』

リサイクルウッドを使ってアンティークなウェルカムボードを作ります。
吊り下げたカボチャがさり気なくハロウィンを演出します。
開催店舗:越谷レイクタウン店・ららぽーと富士見店

2) ハロウィン風キャンドルで香りも楽しんでみませんか?

『3種から選べるナチュラルキャンドルづくり 〜9・10月編〜』

ガラスの器に可愛く型抜きしたジェルを貼ってハロウィンを描きましょう。
最後に乗せるカボチャ型のキャンドルがポイントです。
開催店舗:ららぽーと海老名店・渋谷店

3) 流行のハーバリウムもハロウィン仕様に

『季節で楽しむハーバリウム』

今大人気の植物標本「ハーバリウム」で、ハロウィンの世界を小さな瓶に閉じ込めましょう。
ころんと転がるジャック・オ・ランタンが可愛い丸型瓶の登場です。
開催店舗:セブンパークアリオ柏店・越谷レイクタウン店

4) 小さなカボチャ畑を作ってみませんか?

『ブリキのハロウィン多肉アレンジ』

多肉植物を寄せ植えして、ピックや置物でハロウィン感を演出しましょう。
いっぱいカボチャを仕込んだらかわいいカボチャ畑のできあがりです♪
開催店舗:ららぽーと富士見店

さあ、ハロウィンを楽しみましょう!

「ハロウィン」フェア
開催期間: 8月30日(水)〜10月31日(月)
開催店舗:インナチュラル渋谷店を除く全店舗

ハロウィンは10月31日!
だけど準備は早くたっていいんです。
どうか今年もインナチュラルで素敵な夏の終わりをお過ごしくださいね〜。



*ハロウィン豆知識*

ちなみにハロウィンはキリスト教のお祭りではないよ!という話は、ハロウィン好きが口を酸っぱくして言う常套句ではありますが……
実は「ハロウィン」という言葉自体は、キリスト教に由来しています。
ハロウィンの語源は、「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallow's Even」が短縮された「Hallowe'en」なんですね。
お祭り自体の起源はケルトでも、定着した名前の由来はキリスト教って、ちょっと面白いですよね。
もしかしてこの世にキリスト教がなかったらこんなにハロウィンが広まることはなかったのかも?


9/06/2017

知らないと損します!【たった1つの考え方】


こんにちは。GDスタッフです。
タイトルにしました【たった1つの考え方】

それは「芸」に気づくということです。

「園芸」という言葉に「芸」が入ってますね。
昔の人々は、植物に「芸」を見つけて、「芸」を楽しんでいたんだと思います。
そんな小話です。

植物には芸がある。

先日、植物の生産者を訪問することになり、静岡県の浜松市まで行ってきました。
朝の6時30分に集合して、車で片道3時間くらい。

遠かったですね。ほんと遠かったですね。
でもでも、すごく勉強になりました。
生産者に興味があったからです。

以前はインナチュラルの店舗で、植物の仕入れをやっていました。
花き市場を通して、「○○(生産者)さんの△△(植物)をください。」
という方法で植物を買っていたので、
自然にどんな人が作っているんだろうと疑問に思ってました。

多肉やサボテンを生産している方。
観葉植物を生産している方。
いろんな方がいらっしゃいますね。
その中でも、印象に残っているのが、

「ツワブキ」オンリーで、生産している方。



これだけです。
ビニールハウスの中「ツワブキ」だけでした。
ただ品種が何十種類もあるんです。

まんまるの可愛い感じのものや、
葉っぱがとげとげしているもの、
葉っぱに黄色いまだら模様があるもの、
少し前に流行りました「キモかわいい」ってやつです。

いろんな品種を掛け合わせて今までにない品種を作る。
つまり、いろんな形の葉っぱを作っているんですね。

「葉芸を楽しむ。」
(えっどういうこと・・・?)
聞きなれない言葉に一瞬ポカーンとしてしまいました。

昔の人たちは、
それらの葉っぱの特徴に「芸(=面白さ)」を見出し、楽しんでいた。
とも言っていました。

思わずコレクションしたくなるような「葉芸」が楽しめる植物ベスト3をご紹介しようと思います。
庭植えでも、寄せ植えでも、良い雰囲気を出してくれます。
インナチュラルでも人気です。

おすすめ植物ベスト3

1.ユーホルビア チャラシアス


 ユーホルビアにはたくさんの仲間がいて、多肉植物にもいます。
その中のチャラシアスという品種です。


独特な存在感があって、庭に植えるとおしゃれ♪
上に伸びるタイプや横に這うタイプなど選びがいがありますね。

ちなみに常緑の多年草です。
花は春に咲いてくれます。
こんな感じ♪


冬でも「葉芸」が楽しめます。


2.ヒューケラ 


なんといってもいろんなカラーがあるのがいいですね。
カラーリーフとして大人気です。冬でもきれい。


庭植えにしてもOK♪
寄せ植えにしてもOK♪♪
花はこんな感じです。


こちらも常緑の多年草で、冬でもきれい。
「葉芸」が楽しめます。


3.アジュガ 



まとめて植えると見応えがあります。
花が咲くともっと見応えがあります。
こんな感じです。 


こちらも常緑の多年草で、春に花が咲きます。
そして「葉芸」が楽しめます。

楽しみを増やす

植物は花だけではなく、葉っぱを楽しむという考え方もあるんですね。
考え方次第で楽しみ方が変わってくる。
考え方次第で楽しみが1つ増える。

そういうことですね。

僕はこの考え方を知って、少しだけ
「もったいなかった、人生少しだけ損してたな。」
そう思いました。
なぜなら、楽しみを1つ自ら捨てていたから。

そして、
イヤホンを耳につけながら、
スマホをいじりながら、
歩くのはやめようとも思いました。

その代わり、
風とか葉っぱが擦れる音を、
どんな「葉芸」を持った植物があるんだろう、
そういうふうに周りを感じながら歩こうと思いました。

みなさんも生活に楽しみを1つ増やしてみませんか?

もしその楽しみが植物だったとしたら嬉しいです。

そして、その中で花壇のデザインや植物の育て方など、
分からないことや困ったことがあれば、インナチュラルにお任せください。
全力でサポートします。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------
【秋のお庭キャンペーン】

インナチュラルは只今、キャンペーンを開催中です。

秋のお庭を楽しみませんか?

ガーデンプランナーがオススメする、
秋のお庭にぴったりの植物が店頭に並びます。早いもの勝ちなので、是非!

下記リンクより承っております
秋のお庭キャンペーン
 
Back To Top
Copyright © 2014 IN NATURAL STYLE. Designed by OddThemes