BREAKING NEWS

GARDENING

FAIR

WORKSHOP

冬の庭を彩る『クリスマスローズ』

寒波もやってきて本格的に冬へ突入し始めましたね。
いつもの道やご自宅やご近所の庭では落葉樹が葉を落とし、いよいよ植物たちも冬支度が始まっている頃かと思います。冬は葉も落ち花も少なく寂しい印象がありますが、そんな冬に彩りを添えてくれる植物がいます。

今回は、冬の花の代表格『クリスマスローズ』をご紹介。




■名前の由来

『クリスマスローズ』の花苗の種類が最も多く出回るのは1〜3月。
花期がクリスマスの時期でもないのに何故『クリスマスローズ』というのか??
そもそも『クリスマスローズ』という名称は、原産地のヨーロッパなどではヘレボルス属原種の1種類ニゲル(h.niger)を指します。(日本のように原種・交雑種を問わずヘレボルス属全体を指し示すことはありません。)
” ニゲル ”は12月末のクリスマスの頃に花を咲かせ、花びらが5枚の一重咲きの姿が野バラに似ていることから、ヨーロッパでは「クリスマスの頃に咲くバラ」という意味で「クリスマスローズ」という愛称で呼ばれ浸透したのです

本来のクリスマスローズ(原種のニゲル)とは異なり交雑種の花期は1〜3月です。日本では両種を総称して『クリスマスローズ』と呼んでいる上に、交配種の方が花色も様々で八重咲きなどもあり人気のため目に留まり易く、一般的な認識的に花期が名前とはずれてしまったんですね。

余談ですが…
本来の学名「Helleborus 」はギリシャ語のHelenin (殺す)とbora (食べ物)の二つの合成語から発生しており、「食べると死ぬ」という意味です。
可憐な花姿からは到底想像できないですね・・・。
愛称ではローズと付いていますが、バラ科ではなくキンポウゲ科の植物で、有毒のためそこからつけられたものと言われています。ペットをお庭で飼われるいる方は誤食を避けるため植える場所を気をつけた方が良い植物の一つでもあります。





■花ではない

クリスマスローズも今では交配が進み多くの種類が出回っています。
一重咲きのものや八重咲きのもの、色も白・ピンク・紫、色のグラデーションが綺麗なものもあります。そんな冬を彩ってくれるクリスマスローズですが、私たちが綺麗だなと眺めている部分は実は花弁(花びら)ではなく「萼片(がくへん)」です。萼片とは一般的には花の外側に付いている葉のようなものです。肝心の花はというと、クリスマスローズの中心部をよーく観察してみると、雄しべをぐるりと囲んでいるものがいます。それが花です。正式に言うと、花が退化した「蜜腺(みつせん)」です。


■種類

クリスマスローズは原種だけで20種類以上あり、この原種の交雑種(ハイブリット)は品種名が一つずつつけられないくらい沢山の種類があります。
原種同士を交雑させ種から新しい交雑種を育てるのですが、その株に花が咲くようになるまで約3年以上かかります。同じ親から生まれてきた種同士でも、微妙に違った花形や花色が出てくるため、とても一つ一つに名前など付けていられないのです。


■最後に…

クリスマスローズは冬を彩る植物でもあり、シェードガーデン(日陰の庭)を彩る植物でもあります。現在はちょうどクリスマスローズの代表格、原種のニゲルなどが出回っていますし、年明けぐらいから徐々にハイブリッド系のものも出回り始めます。葉がシルバーがかった「ヘルボルス・シルバーダラー」なんかはとってもシックでかっこいいですよ(^^)
ぜひお気に入りのクリスマスローズを見つけて冬のお庭を楽しんでみてはいかがでしょうか。



インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら


寒い冬でも冷え知らずの身体に!〜その2〜

こんにちは、毎日寒いですね。

そんな時期なので、外出が憂鬱〜〜という皆さまに効果的な寒さ対策を2回に分けてお伝えしています。
1回目は「頭の保温でほっかほか」でした。
では2回目の今回のポイントは、、、
ズバリ
「首」
です。



首温活で身体全体リラックス!

首は血液の通り道

ちょっと首を触ってみましょう。
ドクンドクンという血流の拍動を感じられると思います。
これは皮膚のとても近くを動脈が通っているからです。
つまりここを温めると
身体を流れる血液が温まり、
全身に温まった血液を運ぶ
ことが可能になる
のです!



首温活でリラックス

お風呂で首までつかるとほーっとしますよね。
首には血管だけではなく内臓もコントロールする自律神経が集中している為、ここを温めるとリラックス効果が高いことが立証されています。
寒さだけでなく
日々の疲れやストレスも
首温活で吹き飛ばしちゃいましょう!



オススメ首温活アイテム

『ネックウォーマー』
手軽に首を暖めるアイテムとしてネックウォーマーがオススメです。
マフラーと違い、スポンと被れば外れにくい点も便利です。
インナチュラルではキノコトのネックウォーマーのお取り扱いがあります。

ゆったりした着け心地のネックウォーマーで家でも外出時にも活躍します。
体温を逃がしにくい特許技術によるニッティングと肌に当たる部分はしっとりしたシルク100%に遠赤外線効果のあるセラミック炭を塗布したオリジナル素材。
聞くからに暖かそうですね〜

インナチュラル各店でも品薄状態だとか。
ぜひご来店前にお店へお問い合わせくださいませ。
『ストール、マフラー』
冬の外出時にはマフラーやストールが必須アイテムですね。
インナチュラルではネパールにてフェアトレードで織られたストールを取り扱っています。

起毛加工したほっこりした素材感と配色の切り替えが巻いて頂いた時に表情豊かなストールです。
大判で軽いので首に巻くのはもちろん、肩からかけてピンで留めて頂いたり、ひざ掛けにしたりと重宝しますよ。
『タートルネックのインナーを着よう!』
ストールを巻くのが億劫、、という方にはこちらもオススメです。
インナーをタートルネックのものを選んで頂ければ室内でもずっと暖かく快適ですね。
インナチュラルではウールやコットンなど天然繊維のものを中心に、一部ウォッシャブルタイプでお手入れが簡単な合繊繊維ものなど幅広い品揃えで皆さまのご来店おまちしております!


それでは皆さまが暖かく、楽しい冬が過ごせますように!



寒い冬でも冷え知らずの身体に!

あっという間に12月。朝晩の冷え込みが厳しい季節になりましたね。
寒いと体調を崩したり、血流が悪くなることで頭痛が起こったりと色々日常生活に支障が出る方も多いと思います。
モコモコ着ても着ても寒い、、、そんな冬が苦手さんに
温めるべきポイント2箇所
について、2回に分けて詳しくお伝えします!


頭を保温しよう!

頭は身体の調整役

頭部は気温に応じて最大20%の身体の熱を解放して体温の調整をしていると言われる部分です。
ここに蓋をするイメージで帽子を着用することで熱の解放をぐっと防ぎ、身体を常に保温状態にできるのです。

頭を守ることで脳が身体を保温状態にしてくれる為、手足の冷えにも効果があるのです。
やっぱり頭って大事なんですね~。

頭の保温、おすすめアイテム

世の中にハットやベレーなどいろんな帽子がありますが、寒さ/冷え対策には
ニット帽が格段に効果あり!

暖かく持ち運びもかさばらない点も便利です。
インナチュラルでは
ネパールで1点ずつ手編みしている
sublineのパッケージ入りニット帽を毎年取り扱っています。

ベーシックな中にちょっとした糸使いや編み柄などで変化があり、ファンも多い1品です。
今年はウール糸とシルク糸のミックスでシルク糸の部分が少し光沢があり大人っぽい雰囲気が素敵。
パッケージ入りなのでちょっとしたプレゼントにもオススメですよ〜!

どうしてネパールで作っているの?

皆さんはネパールってどこにあるかイメージありますか?
インドと中国の間に挟まれた8000M級のヒマラヤ山脈に囲まれた自然あふれる国なんです。

古来より寒い冬を乗り越える為やトレッキング目的の観光客向けにニット製品を編み生計を立てる人が多く、多くは家庭の主婦やおばあちゃん達によって編まれているそうです。ほっこり。

また、国としては観光以外の収入源に乏しい為にこうしたハンドメイドニットは外貨を得る為の有益な手段として根付いています。
現地の人を支援し共に成長することを目的にして、様々なブランドでフェアトレード商品が作られて世界に送り出されています。
ネパールには気軽に行けませんがこうしたハンドメイドニット製品が作られる背景を知り、使ってみることでぐっと身近に感じますね。


次回は
頭と同じくらい大切な
温めポイントその2
「首」
について
です!
お楽しみに!


言葉を伝える植物

こんにちは、GDスタッフです。
12月になり、クリスマスももうすぐですね。
あの人へプレゼントする人も、自分へプレゼントする人もいるのではないでしょうか。

何のためにプレゼントするのか?
ふとそう思いました。
プレゼントという行動を通じて、言葉にならない気持ちを伝える。
気持ちがないとプレゼントしようと思わないし、
誰もが何かしらのメッセージを込めてプレゼントしてるかなと思いました。

例えば、
・ありがとうの気持ち
・お疲れ様の気持ち
・好きという気持ち

花言葉という言葉もありますし、ブーケなどで
そういう気持ちを伝える手段として使われています。
今回は、花言葉という視点から寄せ植えを考えてみました。
こういうのも面白いなと1つ思って頂けたら幸いです。

贈り物としての寄せ植え

1.あの人へ
 ビオラ・・・わたしを思って
 カルーナブルガリス(赤)・・・情熱
 アイビー・・・誠実


 あなたが素敵だなと思っている人など特別な相手にこの寄せ植えをプレゼントするのはどうでしょうか。
 中心となるのが、「わたしを思って」を花言葉とするビオラです。このビオラと一緒に、「情熱」を意味するカルーナブルガリス(赤)を合わせ、思い憧れている気持ちがより強いことを表現してます。そして、「誠実」が花言葉のアイビーが寄せ植え全体のバランスを整えると共に、一途な思いという意味も加わるので、ストレートな気持ちが伝わりやすくなります。
 
2.友人へ
 コルジリネ・・・幸福な交際
 ゼラニウム・・・友情
 アリッサム・・・尊重



 大切な友人へ送る時はこちらの寄せ植えはどうでしょうか。
 「友情」を意味するゼラニウムに、小花のアリッサムを合わせてお互いを引き立たせます。アリッサムの花言葉は「尊重」です。尊重している友人に感謝の気持ちを込めて、「幸福な交際」を花言葉とするコルジリネを合わせています。コルジリネは銅葉なので、全体にアクセントと彩を加えます。「ありがとう。そして、これからもよろしく。」という思いを表現した寄せ植えです。

3.自分へ
 ラナンキュラス・・・光輝く魅力
 ミニバラ(白)・・・尊敬
 フェンネル・・・称賛に値する
 ハツユキカズラ・・・心の灯
 


 この寄せ植えを見ると不思議と元気が出てくる。自分から自分へのご褒美としてどうでしょうか。
 まず目につくのが「光輝く魅力」を花言葉に持つラナンキュラスです。そして、「称賛に値する」が花言葉のフェンネルと、「尊敬」を花言葉に持つミニバラ(白)を合わせ、「称賛に値するくらい尊敬できる」とまるで鏡を見ているかのように、自分自身に言ってあげましょう。その自分に対するメッセージを「心の灯」とします。生活を送っているとその「心の灯」が自信になり、いつしかその自信が「光輝く魅力」ある自分へと成長させてくれる。そんなメッセージを表現した寄せ植えです。

最後に

全体的なデザインを気にしがちな自分がいましたが、別の視点から改めて植物を見ると、植物に対する興味がより湧きました。
 歩き慣れている道ではなくて、たまには違う道を歩いてみる。
そうすると新たな気づきが得られるかもしれませんね。
 植物のある暮らしはそんな気づきがある。
 そう思います。


インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら


冬だからこそ楽しめる多肉植物

冬です。
ほとんどの植物たちも一休みですが庭仕事は続きます。
GDスタッフです。

今回はそんな冬だからこそ楽しめる植物。
しかも寒いところが苦手なはずの多肉植物で楽しめることをお伝えします。


多肉植物とは

そもそも多肉植物とはどんな植物でしょうか。
それは葉や根、茎に水分をたくさん溜め込むことが出来る植物のことです。
一般的にはトゲがあるのがサボテン(本当はサボテンも多肉植物)
ないのが多肉植物として扱われています。

砂漠などの乾いた場所にはえていることが多いため
大体の人が一年中暑い場所にある植物だと思っているようです。

多肉植物は乾燥に強い、暑さに強いだけではなくある程度の寒さに強いものもいます。
しかし、寒さに強い多肉を冬に楽しもうというわけではありません。
多肉植物の特徴を知っておくとわかります。



秋春型・夏型・冬型



多肉植物には大きく分けて3つのタイプがあります。
夏によく育つ「夏型」。冬によく育つ「冬型」。春と秋によく育つ「春秋型」。
逆に言えば生育期間以外は休眠するものが多いです。
休眠期には葉を落とすものも多く、
肥大した茎や根だけになり生育期を待つのです。

多肉愛が一定ラインを超えた猛者は、休眠期にこそ魅力を見いだしますが
一般の人はやはり芽が伸びて、葉が広がり、花が咲くことを好みます。

そこで冬にオススメなのが冬型の多肉植物なのです。
冬になると目覚め、動き出し、その姿を楽しませてくれるだけでなく
ときには花を咲かせ寂しい冬に彩りを与えてくれるのです。

《 冬型 》

【 メセン類 】


冬型でオススメなのがこれ!メセンの仲間たちです。
まるで石ころに擬態したような植物。ぷっくり膨らんで対になっているのが葉っぱ。

そして成長すると脱皮をして葉の数が2倍になります。
植物が脱皮するなんて知っていましたか!?
は虫類など一部の動物にしか許されていない行為をこの植物がやっているのです。
しかもお天道様のみている白昼堂々と。

勿論冬型なので花も楽しめます。
是非チャレンジして育ててみて欲しい一品です。


【 金のなる木 】

































正式名称は「Crassula portulacea」だがほとんどの人はその名前を聞いてもわからない。
幸か不幸か「金のなる木」として覚えられてしまった多肉植物。
その姿を見れば年配の人なら大抵はわかるメジャーな植物。
これも冬型で花が咲きます。

丈夫で育てやすいが近年は飽きられてあまりでまわらない。
名前とは逆に、販売者にとっては金にならない木となりつつある。
昭和の家にはほったらかしになり巨大化したヌシが潜んでいることがある。



《 春秋型・夏型 》

【 春秋型 】

アロエ・エケベリア・セダム・ハオルチア etc.

【 夏型 】

ユーホルビア・カランコエ・アガベ・パキポディウム etc.



多肉植物の潜在能力



冬に楽しめる多肉植物ですが、やはり温度は暖かい方が好きです。
冬型だからといって外に置いておくという獅子の子を谷底へ突き落とすような育て方はいけません。
楽しませてもらう分だけ面倒をみましょう。

冬に花が咲き夏に葉が落ちる。
お庭にあるような落葉樹とは違った方法で四季を感じさせてくれます。

ある多肉は脱皮し、とある多肉は紅葉し、またある多肉は一度シワシワの消滅寸前から賦活するのです。

あえて冬にという切り口から是非多肉植物を楽しんでみて下さい。
その先には爪の大きさ程もない多肉が万札と交換されるようなディープな多肉愛の世界が待っているはずです。


インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら


柏店限定『冬時間を楽しむウィンターアレンジメント』


クリスマスローズ(アーティフィシャルフラワー)をメインにした
冬らしいフラワーアレンジメントを制作します。


(サイズ:W23cm × H21cm × D17cm)


※こちらのお教室のみ、受講申込〆切は 1/19 (金) とさせていただきます。



  • 費用:3,500円(税別)
  • 持ち物:なし
  • 所要時間:2時間程度
  • 対象年齢:小学4年生から一人参加可(※小学3年生以下のお子様が参加される場合、保護者のご同席が必須です)


開講スケジュール


■セブンパークアリオ柏店:
1月27日(土) 13:00〜15:00



《キャンセル 料金について》

前日の18:00まで:受講料の0% それ以降:受講料の100%を頂戴致します(商品と引き換えとさせて頂きます)
※ご予約日前日に店舗からお客様へお電話またはメールにて最終確認のご連絡をさせていただく場合がございます。





 インナチュラル認定講師:東峰 明美

三年間のイギリス滞在時に英国式フラワーアレンジメントに出合い、その美しさに魅せられ花の世界へ。
帰国後は、ブライダルフラワーとフラワーショップに携わる。

レッスンでは、フラワー×リボン×クラフトの要素を生かした独自のスタイルをご提案しております。
日常に彩りを…毎日が楽しくより豊かになるような作品作りをご一緒できますように…ご参加お待ちしております。



海老名店限定『ハーバリウム(植物標本)づくり』



大人気のハーバリウムで小瓶の中に小さな冬を。
お好きな瓶を2つ選んでお作り頂けます。

(サイズ:(S) 約4×4×H17cm (L) 約4×4×H21cm)



  • 講習料 :3,500円(税別)
  • 所要時間:1時間半程度
  • 対象年齢:小学4年生からお一人様で参加可能(小学3年生以下は保護者の方のご同席が必須です)
  • 持ち物 :なし


開講スケジュール


■ららぽーと海老名店:
1月25日(木) ①10:00〜11:00
②12:00〜13:00
③14:00〜15:00


《キャンセル 料金について》

前日の18:00まで:受講料の0% それ以降:受講料の100%を頂戴致します(商品と引き換えとさせて頂きます)
※ご予約日前日に店舗からお客様へお電話またはメールにて最終確認のご連絡をさせていただく場合がございます。




 インナチュラル認定講師:立野 木綿子



 
Back To Top
Copyright © 2014 IN NATURAL STYLE. Designed by OddThemes