BREAKING NEWS

GARDENING

FAIR

WORKSHOP

落葉樹と常緑樹どっちが強い

寒くなってきました。
紅葉や落葉が始まり落葉樹の存在に気付く季節ですね。
GDスタッフです。
今回は落葉樹と常緑樹のどちらが強いのか。というお話です。

日本には落葉樹と常緑樹が混在しています。
普通に考えると弱肉強食の自然界ですので、
どちらかが繁栄してどちらかが滅びるのではないか
という考えもあって良いのではないでしょうか。

常緑樹の強み



常緑樹とは簡単にいえば一年中葉がついている樹木のことですが、
実は一枚の葉だけに注目すると、寿命は一年もない場合もあります。
しかし、樹木全体でみると葉が残っているので常緑のように見えるのです。
一年中樹木に葉がついているのでエネルギー生産にはもってこいですね。

葉があれば隠れ家や餌になったりと他の生物との繋がりもできて、
栄養をもらえたり繁殖の可能性が広がるとも考えられます。


落葉樹はなぜ葉を落とす




先ず落葉樹はなぜ葉を落とすのでしょうか。

葉の大きな役割は光合成というエネルギー生産です。
光合成には効率よく生産するための条件があり、
日本にはその効率がわるくなる季節である冬があります。

冬の間はエネルギー生産量は少なくなりますが、消費はしつづけます。
葉があることで作るより使う方が多くなるのです。
春から秋まで多くのエネルギーを生産して
冬の間は落葉して消費を極力抑えることを選んだのですね。
そのかわりに寒い場所でも生きていけるのです。


結局どっちが強い



さらに寒い場所ではまた様子が変わってきます。

エネルギー生産効率がわるい季節が長くなると
春から秋までに生産したエネルギーが一年で消費する量を下回ってしまいます。
それでは困るので消費を抑えながらも
長い期間葉をつけて少しでもエネルギー生産をするようにしました。
マツやコニファー類などの常緑針葉樹ですね。

つまり常緑樹も落葉樹も得意分野があるようです。
大雑把にわけると暖かいところには常緑樹、寒いところは落葉樹です。
他にも条件は色々ありますが
日本は暖かい地域から寒い地域まで様々なので
その得意な場所で常緑樹や落葉樹がそれぞれ生きているのです。

適材適所が樹木界にも存在しているのですね。
私たちもお庭に樹木を植えますが
その樹木にあった環境の場所に植えてあげたいものです。



インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら

犬猫さんと植物とが幸せに暮らせる方法!

みなさまこんにちは!自他共に認める愛猫家のGDスタッフです。
今回は動物を飼っている方なら一度は気になる
動物に危険な植物です。
しかし、植物を楽しめないとなるとそれは一大事です!
そこで、正しい知識を持って植物と動物が共存できるように、
インナチュラルで取り扱いのあるものから、そうでないものまで
みなさんとシェアしたいと思います。



ニャンですと!?

ポトス(サトイモ科)

観葉植物としてポピュラーなポトスですが、動物に取っては危険な植物です。好奇心旺盛な猫や犬がパクっと口にしてしまったら大変です。草全体に毒性があるので、口にすると口内炎や皮膚炎を招きます。室内飼いのペットさんの手の届かないところで鑑賞しましょう。日陰にもつ強い植物ですので、あまりペットの入らないような洗面所やトイレなどおすすめです。
サトイモ科では他にもカラー、クワズイモなどがあります。



ポインセチア(トウダイグサ科)

これからクリスマスシーズンで人気のポインセチアですが、こちらも全体に毒性があるフォボールという成分が含まれる為口にすると、皮膚炎や水泡などを引き起こします。飾る時はペットの手の届かないところに飾りましょう。
※ちなみに色の変わっている花のような部分は花ではなく葉の一部です。


パンジー(スミレ科スミレ属)


冬のお庭の定番、パンジーやビオラですが動物にとっては危険な植物です。種子、根茎にビオリン、サポニン、ビオラルチン、グリコサイドなどの毒性を含み、誤食すると嘔吐、神経麻痺、心臓麻痺を招きます。ベランダやお庭に出るペットさんの居るお宅はは食べてしまわないように、高い位置に置くなど工夫して楽しみましょう。


ヒヤシンス(ユリ科)


水性栽培などで人気のヒヤシンスですが、ペットさんにとっては危険です。特に水性栽培をしている最中にペットが倒してしまい、中の水を飲んでしまったりしたら大変です!ユリ科の植物は葉っぱを1枚食べただけ、花粉が体についてしまってなめたなど少しのことでも重篤な状態になることがありますので、ペットさんの手の届かないところで管理しましょう。室内飼いのペットの場合は屋外で育てましょう。
ユリ科では他にもコルチカム、オニユリ、オモト、カサブランカ、チューリップ、などメジャーな球根があります。


スズラン(ユリ科スズラン属)


可憐な花を咲かせるスズランですが、かなり危険な植物です。葉や花に触れただけで体調の悪くなる動物も居るくらいです。コンバラトキシン、コンバラトキソールなどの成分により、食べてから数時間後に不正客、吐き気、下痢、腹部の痛みなどの症状が出ます。心不全を起こす危険もありますので、室内飼いのペットの居るご家庭の屋外で管理しましょう。


ここで挙げたものはほんの一部の植物です。正しい知識を持って、大事な家族の一員であるペットの健康を守りましょう!!
植物を愛でることとペットを愛でる事は似たようなものです。愛情を注げば綺麗に咲いてくれます。ただ、別種族に属している限りはダメなものはダメなのです。
植物もペットも楽しみ、幸せに暮らせるようにしましょう!






ガーデンデザイン課では植栽メンテナンスやお庭の植栽、外構の施工についてご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇の植栽から駐車場、ウッドデッキなどの外構工事まで何でもご相談ください!
お問い合わせはこちらから

多肉植物の冬越し

こんにちは。ガーデンデザイン課スタッフです。いかがお過ごしでしょうか?

急に冷え込んできましたね。忘年会シーズンも、もう目前。今年が終わってしまいます!
はやいですねー。

今回はタイトルにありますように、多肉植物の冬越しの注意点についてお伝えしたいと思います。皆さんは準備を進めていますか?

この時期の大切な作業ですので、抜かりなく作業していきましょう!


冬越し

この時期になるとお客様から、「冬になると枯れてしまう」との相談を受けることがよくあります。
多肉植物は他の植物と比較して、枯れにくいというメリットはありますが、このメリットに甘えてしまい管理は後回しと考えるのは、大きな間違いです。
多肉植物は基本的に乾燥した気候の熱帯や砂漠地帯を原産地とする品種が多いため、冬のこの時期こそいつも以上に細かなお手入れが必要となります。
適切な冬越し方法が必要なのです。

冬越しの方法としては、大きく分けて「屋外」と「室内」となります。
まずは「室内」から説明していきます。



室内での冬越し

日中は、風通しがよく日当たりがよい窓辺やベランダの近くに置くなどして、日光を適度に当てましょう。
しかし、日が落ちると窓辺は温度が下がるので、部屋の中に移動することも心がけてください。

部屋の中の温度調整も必須です。
暖房が効いていると株が傷む原因になるので、あまり温暖差がないように管理しましょう。

水やりの方法については、極力控えることが基本となります。
室内の暖かい環境でも、気を効かせて水やりをしてしまうと根腐れを起こしやすくなってしまうからです。



屋外での冬越し

温暖な地域でしたら軒下など日の当たる場所に置くことが適切ですが、外気温が5度を下回る温度の場合は、温室などで冬越しをする必要があります。
この場合、ビニールハウスなどを活用するのもオススメですが、多肉植物の特性上、密閉された環境下では高音多湿により株が腐ってしまう傾向にあります。

そこで、以下の3つを準備すると良いでしょう。

  • 発泡スチロール
  • ダンボール
  • 温度計


上記を活用して雪や霜をよせつけないことが大切です。覆うように使いましょう。
なんだか大雑把な対策のように感じると思いますが、この方法が一番効率的で簡単な方法です。

水やりについては、室内と同様に極力控えてください。断水気味でも良いと思います。
水やりの回数を控えることで、耐寒性が作りやすくなります。



寒さに強い多肉植物

参考までにどんな品種があるのか紹介します。

  • ハオルチア属:ハルオチアオブツーサ、五重塔など
  • セダム属:オーロラ、虹の玉など
  • エケベリア属:白田、白牡丹など
  • セネシオ属:青涼刀、七宝樹など


寒さに強い品種は冬越しが楽です。冬越しが心配な方は寒さに強い品種を選ぶことをオススメします!



寒さに弱い多肉植物

参考までにどんな品種があるのか紹介します。

  • ハオルチア属:十二の巻など
  • ユーフォルビ属:オンコクラータなど
  • カランコエ属:ゴールデンラビットなど
  • パキフィツム属:星美人など


室内で管理されるのであれば、エアコンの真下や窓の近くの場所には置かないようにしてください!



まとめ

多肉植物は総じて、冬の低温に弱い品種が多いものです。
冬越しは少々手間がかかりますが、きちんと管理することによって長く楽しむことができます。

室内や屋外の冬越しも、アイデアを凝らして冬を乗り切り、鮮やかな多肉植物をたくさん飾って、華やかに彩ってみてはいかがでしょうか。


インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら

今人気の「雑木の庭」ってどんな庭?

こんにちはGDスタッフです。

お庭には様々なスタイルがありますがその中でも人気なスタイルの一つが「雑木の庭」

里山を切り取ったかのような空間が人気で、専門書がいくつも出ていたりと憧れる方も多いようです(^^)
今回はそんな人気も納得な「雑木の庭」の素敵ポイント簡単にご紹介いたします。



冬は明るく夏は涼しく

雑木の庭のメイン樹木は " 落葉樹 " です。
落葉樹は春夏に葉を茂らせ、秋冬で紅葉&落葉します。
つまり、日差しの強い夏には茂った葉で日を遮り木陰を作ってくれます。

木陰では建物の日陰とはまた違った清々しい涼しさを感じませんか?
なぜ木陰では清々しい涼しさを感じるのか。
それは葉っぱから水が蒸発しているからです。
葉が水を蒸発すると周りの空気の温度が下がります。
木陰は葉で日陰になっているのに加えて水の蒸発で温度が下がっているから、なおさら涼しく感じるのです。

また、冬は落葉するためお庭に暖かい日差しを取り込んでくれます。
それぞれが持つ個性豊かな樹形が露わになった樹木越しの柔らかい日差しはなんとも心まで明るく暖かくしてくれます。



四季を感じる暮らし

メインが落葉樹のため、春に芽吹き夏に茂り秋に紅葉し冬に落葉というように、お庭全体も一年を通し四季折々で見せる姿が変化します。
開花や結実なども入り季節によって楽しみ方が様々です。
樹木の息吹を感じることもできますし、各季節の訪れを視覚や香りで感じることができます。



最後に

今回は簡単にご紹介させて頂きましたがとっても奥深い「雑木の庭」
雑木の庭は自然と共に暮らすということが醍醐味です。

日々の暮らしの中で四季を感じ、樹木や下草の生命を感じ、その庭に訪れる虫や鳥と触れ合ったり……。

日々仕事や家事等で時間に追われている方も多いかとは思いますが、家に帰った時に一時でも自然に触れ感じ自然の流れに身を委ねることができる空間が側にあれば心も体もリフレッシュされることでしょう🌿



インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら

庭と雑貨

植物の中に雑貨があると、また雰囲気が変わって面白くなります。
例えば、

アンティーク調にまとまっていて見ていて飽きないですね。

そして、

こちらは、ライティングも兼ねた雑貨です。
夜になって、灯りがつくとまた雰囲気が違ってきます。
1つで2回楽しめますね。

さらに、

室外機カバーの上を有効活用してます。
こういう飾り方も斬新ですね。
防腐処理もしてます。


最後に、私たちガーデンデザイン課が主催しているワークショップのご紹介です。
今月から開催し始め、初回は「ガーデンデザイナーとガーデン雑貨作り」と題してスツールをDIYしました!

ヤスリがけから始まり、塗料を塗ったり、電動ドリルを使ったり。
苦労があるから完成した時の達成感がひときわありますよね。

これらの木材が、

完成!
こんな姿になっちゃいました。

赤ちゃんが乗っても大丈夫なはず!です。
こんな風にお庭に飾ると良いと思います。

植物の中に雑貨があると、楽しみが1つ増えるかもしれないですね。
色違いの物を置いたりもできますし。


インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら

植栽メンテナンスとは

お客様によく質問される内容でどのようにお庭のメンテナンスをすればよいのかと聞かれます。

先日花壇の植栽メンテナンスをしましたので、その時の様子をお伝えいたします。


完成形をイメージする


メンテナンス前の花壇

先ずはお庭をどのような状態にしたいのかをイメージします。
全体のボリューム、色、季節による変化など様々な要素を考慮して
手を入れる場所や手の入れ方をイメージします。
今回はこれから冬であることも考慮して強く切るものと
切りすぎて寂しくならないようにするものを考えながら作業します。


剪定作業・除草

大きい植物から整えていきます。
これは植物を植え込むときも同じで
全体のバランスを考える時に大事なことです。
切りすぎると修正はできないので慎重に、
でも時間も限られているので大胆に剪定していきます。
剪定時は芽の向きも考えながらどのような大きさや形にしたいのか
イメージしながら切ります。
大きめの木はときどき離れて全体を確認しながら剪定します。
新たに植え込む植物のスペースを考えます。

Before

After
剪定時期が春ならもっと切りますが、もうすぐ冬なので
ほとんど芽がうごかなくなります。
その為冬が寂しくならないように弱めの剪定にしました。


植え込み

剪定時にある程度決めておいた空間に植物をセットします。
自然風に見えるように一列にならないよう配置していきます。
ポイントは不等辺三角形です。花苗を3ポット置くときは
3ポットがつくる三角形が不等辺三角形になるように配置します。
その方が自然風な植栽になります。
色々な種類を植え込みすぎるとごちゃごちゃして綺麗に見えません。
出来るだけ種類をおさせてまとめて植え込みます。

Before

After
寄せ植えは置く場所やイメージにより使う植物やボリュームを変えていきます。
今回は後ろが壁なので後ろを高く前を低くつくっていきます。
3鉢まとまっているので3鉢全体のボリュームも考慮して植栽を考えます。


確認・掃除

最後に全体を確認してバランスがおかしい場所があれば修正します。
掃除も大切です。ちょっとしたふちにある雑草をとるだけでも綺麗に見えます。
植え込んだ時が完成ではありません。
そこから成長して、もしくは花が咲いて完成となるので
植えてすぐは花壇が寂しく感じることもあります。

ちなみに最初の画像をおぼえていますか?これです。


メンテナンス前の花壇

そしてメンテナンスが完了するとこうなります。
内側をすいて軽くし、外側ののびている部分を切り戻しました。
これも通常だともっときりますがもう芽があまり伸びないため
弱めの剪定にしています。


メンテナンス後の花壇


実際のメンテナンスの現場はいかがでしたでしょうか。
インナチュラルでは新規のエクステリア施工や植栽だけでなく
既存の植栽メンテナンスも行っております。
何を考えてどのような作業をしているのか少しでも伝わり
みなさんのお庭のメンテナンスの参考にしてください。


インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
ガーデンデザイン課の施工事例はこちら

『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』なぜ今???

みなさまこんにちは。GDスタッフです。
台風がなんだか毎週きて参ってしまいましたが、やっと
秋めいて来ましたね!
気温が下がってくる今時期は落葉樹のメンテナンス時期です!
そこで、古来よりことわざにある
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」についてみなさんとシェアしたいと思います。

簡単にことわざを解説致しますと。
桜は菌に感染しやすく、切り口から感染して枯れてしまう為切らない方が良く、
梅は切った切り口の回復が早く樹形を保つ為にも切った方か良いという意味です。
これは、剪定の方法のことなのです。



いつやるの?今でしょ!?

なぜ今これ?と思われましたか?なぜなら桜を切るなら今!という事なのです。
切っちゃダメなんじゃないの?と思われましたよね。しかし、桜も他の樹木同様剪定をし樹形や樹勢を整えていかなければ美しく花を咲かす事ができないのです。
桜の剪定時期は葉が落ちた直後の11月頃が一番良いと言われています。これは桜の剪定を乾燥の激しい低温期にすると切り口が傷みやすいからと言われています。春が近くなると根が活動し始め、切り口から樹液が出て樹勢を弱めたり、切り口に腐敗菌が繁殖する恐れがある為です。毛虫や病気が発生したからと行って真夏に剪定すると枯れてしまいますので、夏に出たものは我慢です!

しかしながら、剪定には注意が必要です。
まず剪定前には、ノコギリや剪定鋏などを消毒し切り口からなるべく菌が入らないようにしましょう。そして、太い切り口には「カルスメイト」や「トップジンMペースト」などの殺菌剤を塗りましょう。切り口が早く治癒します。

太く大きくなった枝や幹を切り落とすのは、腕を切り落とす外科手術と同じ事です。大きくなりすぎないタイミングで剪定をし、樹形を保ちましょう。枝が細いうちに剪定をして行けば、髪の毛をカットするくらいのダメージで抑えられます。

来年の春、お花見に行って酔っ払って桜の枝をポキッと折る!?なんて、冗談では済まされません!近くに庭師がいたら大目玉を食らう事間違いなしです!お気をつけ下さい!

※簡単な落葉樹の剪定方法は以前の記事「落葉樹の魅力再発見!」をご参照下さい。


落葉樹の冬の楽しみ方

さて、話は変わりますが、桜同様紅葉した樹木は葉が落葉します。枯れた訳ではありませんよ!
過去のブログでも何度か冬の樹木を楽しむ方法をご紹介しましたが、今一度冬の樹木を楽しむ方法をお伝えしたいと思います。

樹木の葉が落葉して幹肌が丸見えになるのは冬しかありません。そう考えた方はかなりの樹木好きです。冬は葉が落ちて寂しいと感じるかもしれませんが、幹と枝振りを見て頂きたい!春・夏・秋には見られない凛とした姿!それこそ本来の樹木の形なのです。
その為、葉がない冬に時期に剪定を行います。本来の姿を表した樹木は形を整えられるのを待っているのです。
樹木は冬に葉を落とす事で、暖かな日差しを地面まで届けてくれます。今までになかった日向が現れた時は、ふと上を見上げていただくと葉を落として、休眠している樹木が優しく微笑んでいますよ!


インチュラルではお庭や外構のご相談を承っております。
小さな悩みから大きな悩みまで、花壇のお花選びから駐車場などの外構工事まで
何でもご相談ください!
お問い合わせはこちらから
 
Back To Top
Copyright © 2014 IN NATURAL STYLE. Designed by OddThemes